TOEFLは難しいです。できれば

勉強したくないTOEFLですが、

海外の大学に正規留学、

交換留学したい人にとって
TOEFLは避けて通れない
テストです。難しいからと嫌厭
しがちなTOEFLですが、勉強
大嫌い、TOEFL受験歴ゼロ

の私が、1か月という短期の

勉強で84点とった勉強の
仕方を紹介します。

TOEFL IBTテストはなぜ難しいのか

TOEFL IBT(Internet based
test)はとにかく難しいです。
難しい理由は
・大学の講義で出てくる

アカデミックでマニアックな
英単語がたくさん出てくる
・パソコンに向かって英語を
話す違和感とプレッシャー
・聞かれた質問に対して15
秒で答えをまとめるのが

母国語でも難しいのに

英語でやらないといけない
・制限時間が短い

などがあります。
特にスピーキングに関しては
英語が話せるか話せないか
よりも、短時間でトフル用の

答えを用意してまとめて
文法のミスを最小限にして
与えられた時間内でしゃべれる

か。という英語力とはちょっと
別の能力を求められます。

ほかの英語のテストとは
かなり違った特殊能力を
鍛えないといけないので、
勉強はつらいしなかなか点数

を上げにくいのが現実です。

難しいTOEFLを初受験、1か月の短期集中型の勉強で84点

どうしてもアメリカの大学に
交換留学に行きたかった私
ですが、勉強は大嫌い。
そこで「1か月死ぬ気で勉強

して、点数が足りなかったら
アメリカ交換留学はあきらめ

よう。」
と決意しました。何か月も
TOEFLの勉強なんて絶対

したくない。でも1か月だけ
なら耐えられる。

と思ったからです。
自分を追い込むためにそう
決意してすぐTOEFLの
テストを申し込み、ちょうど
1か月後に初めてのTOEFL
受験を受けることになりました。

TOEFL初受験までの1か月で私がやったこと(単語編)

TOEFLの英単語集音声版
(英語と日本語の意味が
交互に発音されるもの)を

Ipodに入れて、人と会って

いない間中ずっと聞きながら
シャドーイングしました。
単語帳を全部で1時間半

くらいの長さだったのですが、
それを何回もリピートして
リピートして、1日に3周以上

聞き続けるというのを1か月間
続けました。これはかなり

効果的で、通学時間、
お風呂上りに化粧水などを
つけている時間、朝
着替えたり歯磨きしたりする
準備の時間などのちょっとした
空き時間は必ずこれを
聞きながらシャドーイングしたら
全然知らなかったアカデミックな

英単語も自然と頭の中に

その日本語の意味が浮かぶように

なりました。あの時のTOEFL
勉強地獄から6年以上たつ
のですが、今でも

「Miscellaneous 種々、雑多の」
という音声単語帳の一部が頭

から離れません。

TOEFL初受験までの1か月で私がやったこと(スピーキング編)

BarronsというTOEFLの
問題集のスピーキングセクション
の問題を一日3問、毎日

やりました。15秒で自分の

意見をまとめるのに、その15
秒をちゃんとはかって、30秒で
英語で答える30秒もしっかり
図っていました。自分が英語で
答える際にはパソコンのボイス
レコーダー機能を使って、自分

の英語を録音、録音したものを
自分でチェックしました。

TOEFL初受験までの1か月で私がやったこと(リーディング、リスニング編)

BARRONSをひたすら
説き続けました。家だと
どうしても集中できないので

毎日図書館に行って、
最低でも4時間は勉強する
と決めました。一日何問と
は決めず、頭の集中が
続く限り、問題を解き続け
1か月後にはBARRONs
をすべて解き終えました。
問題を解く際はもちろん時間
を図ります。勉強し始めの

時は時間が全く足りず、
ほとんど不正解だったのが
徐々に時間内に終わるように

なり、正答率が上がって
いったので、だんだん勉強

するのが楽しくなりました。

TOEFL初受験までの1か月で私がやったこと(ライティング編)

これもBARRONSの

ライティング問題をひたすら
説き続けました。が

ライティングに関しては
ある程度のエッセイのテンプレート

を丸暗記して、そのテンプレート

に問題文の言葉をあてはめて

行くというやり方に途中で

気づきました。日本語にすると
「私は○○の件について××だと

思います。

理由は2つあります。

1つ目の理由は▽▽です。
具体的に言うと・・・
2つ目の理由は▼▼です。

というのは例えば☆☆
一方で、私のこの意見に対して

◇◇というように反論してくる人も

います。

が、私はこの反対意見に
対してはこう思います~~
このように、私は○○の件に
ついて××だと思います。」
という英語のテンプレートを

作ります。要は起承転結

になるようにあらかじめ大枠
を作ってしまうのです。

リスニングやリーディングに
比べると、ライティングの

問題文の難易度は低めです、
このテンプレートでのやり方を
マスターすると、かなりうまく

論文っぽいものが書けるので
問題を解くのもかなり楽に

なりました。

 

そして私の場合、カナダの

ビジネスカレッジに

通っていたので、担任の

先生に、自分が書いたエッセイ

を毎日チェックしてもらいました。

こればかりはネイティブの

先生にチェックしてもらわないと

どうにもならないので。。。

逆に言えば、このエッセイ以外

は日本にいても問題集さえ

あればTOEFL対策は十分

できます。

日本にいてネイティブの

エッセイをチェックしてくれる

先生が身近にいない場合は

こちらのサービスがおすすめです。

今ならフリートライアルがあるので

フリーで試して自分には合わない

と思ったらやめればいいです。

ライティングパートだけは

独力で答え合わせができない

ので、こういうった良心的な

サービスはありがたいですね。

予約なしで24時間好きな時間にオンライン英会話が受けられる

もっと便利で実用的なサービスを見つけちゃいました。

近くナニーを卒業してカナダでの就職活動をするのに、英語力を鍛えなおそうと、私もカナダからオンライン英会話を受けています。
今だけ7日間無料で体験できて、24時間、予約なしで自分が好きな時間に好きなだけレッスンを受け放題です。
自分のレベルに合わせてマンツーマンで英会話レッスンを受けることができます。

TOEFL対策の場合はフリーレッスンを選んで、自分がライティングした文章を音読して直してもらうことができます。
業界初!予約無しでレッスン回数無制限のオンライン英会話【ネイティブキャンプ】

 

TOEFLが難しいと思う人へ1か月で84点取った勉強の仕方公開まとめ

84点なんて全然高い点数
ではありません。ネット上で

TOEFLの勉強法を公開

している人たちはみな100点
以上とっているプロみたいな
人たちなので、私の84点

なんて全然たいしたことないです。
でも、84点あれば、交換留学

もしくは正規留学で受け入れて

くれる海外の大学が結構あります。
もちろん目標高く一流校に

しか留学したくないという人に

とって84点じゃ全然足りない

ですが、そうじゃない人には
84点あれば十分です。

結構学校を選べます。
また、TOEFLの勉強って
直接的な英語力のアップ

にはつながらないと思います。

特殊能力過ぎてTOEFL
でしか使えないし、勉強も
あまり楽しくないです。
私は1か月の辛抱
と思って1か月間は死ぬ気で

勉強したので短期でこれだけ
点数を取れましたが、この

勉強を2か月、3か月も続ける

のは無理です。私みたいに

勉強きらい、でも留学したい

という人は短期集中型で

ガッと勉強して、さっさと

留学に必要な点数をとる

べきです。私みたいに独学で
勉強嫌いでも、TOEFL84点
くらいだったらとれます。

→アメリカ大学に交換留学のメリットとデメリットを体験談をもとに解説

 

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。