バンクーバー留学のデメリットを
バンクーバー在住歴2年半の
日本人の観点から解説します。
スポンサーリンク

バンクーバー留学のデメリット;日本人が多い

とにかく日本人が多いです。
カナダの中でも一番暖かく

日本から一番近い。
留学関連ビジネスもかなり
飽和しているので、
バンクーバー 留学

で検索すると死ぬほどたくさん
バンクーバー現地無料
エージェント会社が検索結果
に出てきます。

語学学校、ジャパレス、カフェ、
スーパーマーケット。。。。
バンクーバーのどこに行っても
日本人と遭遇しないことは

ないくらい、とにかく日本人が
たくさんいます。せっかくカナダ
に留学に来ているのに
日本人ばかりで「せっかく
留学に来たのに。。。」
という気分になるし、
いやでも日本人と日本語で

話さないといけません。
バンクーバー留学の一番の
デメリットは日本人が

多すぎることです。
バンクーバー留学デメリット;留学関連サービスが充実しすぎている
バンクーバーには留学生
以外にもカナダ永住権を

持っているカナダ在住日本人
もたくさんいます。そういう
人たちが働く場所は日本人
留学生を対象にした各種
留学関連サポートです。
日本語での銀行開設
補助サービス、日本語での
携帯電話契約サービス
日本人オンリーの語学学校。
もちろんこれはいいことでも

あるのですが、留学生を
サポートするサービスが整い

過ぎているために、本来
自分で英語に苦戦しながら
手配するはずのことがすべて
日本語でできてしまうので、
英語上達のチャンスが少し
減ってしまいます。

 

バンクーバー留学のデメリット;1年の半分が雨

カナダの中で一番温暖な気候で

日本人にとっては過ごしやすい
というのは事実なのですが、
一方で1年のうちの半分は
ほぼ毎日曇りか雨です。
慣れてしまえば毎日雨でも
どうってことないのですが、
慣れていない日本人
留学生からすると、毎日

スポンサーリンク

雨では気持ちがどんより

してしまいます。
「バンクーバー自体はすごく
好きだけど、雨が多すぎる

からほかの地域に引っ越した」
という話をよく聞きます。

バンクーバー留学のデメリット;アジア系(特に中国)が多い

カナダ留学というと、白人の
カナダ人がたくさんいる

イメージですが、実際には
白人よりアジア系の国から移民
してきたカナダ人のほうが
多いです。特に香港、中国系
はとても多く、今も増え続けて
います。カナダ生まれ、カナダ育ち
の中国系移民は英語がペラペラ
ですが、大きくなってから
家族で中国から移住

してきた中国人移民たちは

英語が全く話せない人も

少なくないです。
リッチモンド、バーナビーに行くと
そういう中国系移民が集まった
コミュニティがあり、そこは一見

中国で、英語が通じないことも

結構あります。
白人のカナダ人をイメージ
してきたのに実際は中国系
アジア人ばかりでがっかりする人

も結構います。

また、カナダ人のホームステイだと

思って行ってみると、フィリピン

から移民したカナダ人だったり、
中国人、インド人だったりして、
ホームステイなのに英語環境

じゃなかったり、食事がカナディアン

じゃなくてフィリピン系で

がっかりする人も結構多いです。

 

バンクーバー留学のデメリット;ワーホリでできる仕事が限られている

バンクーバーは小さな都市です。
産業は留学生向けの

語学学校関連や、留学
エージェント関連、レストランなどの
サービス業が主です。なので

ワーホリビザできた日本人
留学生がつける仕事はカフェや
レストラン、よくて留学エージェント

など、かなり限られます。
もちろん会社の事務なども
経験があれば応募できますが
英語がネイティブのカナダ人と
仕事を取り合うことになるので
そういうポジションをゲットする

のは難易度が高いです。
よっぽど経験があり、英語が
流ちょうに話せる人でないと
サービス産業以外での

仕事をすることは難しいです。

スポンサーリンク

留学先を決めるのに役立つかもしれない記事たち
→中国留学のメリットを3か国留学経験者が考える

→アメリカ大学へ交換留学メリットとデメリットを体験談をもとに解説

→留学したいけど踏み出せない人へ留学で人生好転した私からアドバイス

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。