留学先で友達がいない為に
寂しい思い、つらい思いを

している人へ、同じく留学先で

友達がいなかった私が友達を
作るためにとった中で友達を

作るのに効果的だった方法

を紹介します。
スポンサーリンク

自分が得意なスポーツの集まりに飛び入り参加する

中国の大学に語学留学
していた時に、大学内の
バレーボールコートで
バレーボールをしている
中国人の集団を
見つけました。中国語が
ほとんど話せない状態
でしたが、「私も参加させて」
と飛び入り参加したら
意外と受け入れてくれました。
3回ほど彼らを見つけるたびに
飛び入り参加していたら、
「今度○○でバレーやるから
おいでよ。」と誘われ、
連絡先を交換。定期的に

彼らとバレーボールするように

なり、バレーボールの後に
一緒に食事に行ったりカラオケ
に行ったりするようになりました。
一緒に語学留学に来ていた
日本人の友達がちょうど
みんな帰ってしまい、友達が

いなかったので、彼らの仲間に

入れてもらえて友達ができました。

現地主催の外国人留学生交流会に積極的に参加する

中国時代は現地で主催される
日中交流会によく行きました。
日本語を勉強している
中国人と中国語を勉強中の

日本人留学生もしくは駐在員

がたくさん来ていました。
中国人男性の中には出会い
目的でかわいい女の子ばかり

声をかけてナンパ目的で

来ている人も結構いましたが、
日本人の友達を求めて
参加している日本人も結構
多かったので、そういう子とは
すぐに打ち解けて仲良く
なれました。日本人の友達

とも適度に仲良くして

おいたほうが、何かトラブルが

起きた時、日本語で話を

聞いてもらいたいときに

とても心強いです。留学に
来ている日本人は基本的に
社交的でフレンドリーな人が

多いので、割と簡単に仲良く
なれます。

ボランティアしてみる

アメリカのネブラスカ大学に
交換留学していた時に、
日本語学科のアメリカ人の

クラスで、日本語を教える

アシスタントのボランティアを

しました。日本語学科の

学生たちは基本的に
日本が大好きなので、
日本人というだけで私に

話しかけてくれて、その後
たまに食事に言ったりする

仲になりました。
友達とまではいかないものの、

私が日本語の宿題を教える

代わりに、私の英語のレポート

の英語の文法を直して
もらったりできて、とても助かり

ました。
スポンサーリンク

 

日本人の集まりにも適度に参加する

せっかく留学に来ているのに

日本人コミュニティに属すなんて
もったいない。日本人は避ける

べき。と思っている人へ。
いざというとき、本当につらいとき
日本語が通じる人、日本語で

相談できる人が近くにいるのは

とても心強いことです。

もちろん日本人コミュニティに
どっぷりでほかの国籍の人と

話さないのは問題ですが、
日本人を完全に避けるのは、

孤立するリスクが大きいです。
「あいつは日本人とつるみたが

らない。」
という噂はすぐに広がり、
そういう日本人には日本人が

寄り付きません。(初めての
留学で日本人を避けすぎて

孤立した体験済み)
外国人の友達だけでも

絶対大丈夫!!というよっぽどな

自信がない限り、日本人

コミュニティとは適度な距離感で
それなりに交流しておくべき。
特別なイベントとか、お得な

セールとか、そういう現地の情報

って口コミで教えてもらうことが

結構多いです。日本人
コミュニティには必ず一人、
そういう情報に精通している人が

いるので、適度に仲良くしておいた
方が留学生活を楽しめます。

ルームメイト(性格が合う人)を選ぶ

もちろん合う合わないがあるので
これは一概には言えませんが、
私の場合はアメリカ大学時代
中国留学時代、たまたま

ルームメイトが現地人
(アメリカ人、台湾人)で、
私と性格的に相性が良かった

ので、ルームメイトとは大親友
になりました。私のつたない
英語、中国語に、ネイティブの

彼らと話すのに物怖じして、
最初はそれが恥ずかしくて

自分から壁を作っていた

のですが、友達がゼロになり

「ルームメイトと仲良く

なりたい。」という思いから、
自分から積極的に話しかけて
英語、中国語の質問を

たくさんしました。
時間はかかったけどそうする

うちにどんどん距離が近くなり
親友になりました。
友達がいない、友達がほしい

と留学先で思うなら、

一番身近なルームメイトに
目を向けるのもありです。

先生に急接近してみる

中国語学留学時、

クラスは男性ばかりで

クラスメイトと一緒にいても

あまり楽しくありませんでした。
そこで、当時中国語の

先生だった23歳の女の先生
にひたすら話しかけ続けた

ところ、実はその先生も

田舎から出てきたばかりで
上海に友達がいない

とのことだったので意気投合

しました。年は私より年上

でしたが、その先生とは

その後二人でよく出かける
ようになり、お互いの悩みも

話すようになりました。

英語圏留学の場合
難しいですが、中国語圏
留学の場合、先生は大体
女性で、若い人が多いので、

意外と仲良くなれちゃいます。
スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。