capture

カナダコモンローの国外申請で永住権を
取得するべくコモンローの申請書類一式を
国外申請用のCICの住所に送ったのですが
2週間後、そのオフィスからその書類が返送されてしまいました。
この記事ではどうして返送されてしまったのか、
移民コンサルタントを使わずに私がどのように
対処したのかをまとめました。
スポンサーリンク

カナダコモンロー国外申請の申請書類一式が返送される事件

ショックでした。2016年11月23日に
トロントのCICの、国外申請用の住所に
書類一式を送ったのですが、2016年12月6日、
それが送り返されてしまいました。
しかも、CICからの手紙や確認ナンバーなどは一切なし。
永住権申請に関する英語の掲示板
VISACANADAを見てみると、書類を
送り返される例はあるものの、その場合
なぜ送り返されたのかをの理由の説明が
添えられているそうなのです。
「この書類が足りていないので提出してください」
とか、
「このフォームは旧式のものです」とか。
私の場合なんの理由も書かれていなかったので
送り返された理由が全く分かりませんでした。

なぜ送り返されたのかを電話で直接問い合わせようかとも

思いましたが、確認用の受付ナンバーがないのと、

誰が私たちの書類を担当して、どう判断して送り返されたのかが
わからないので、直接電話するのは無意味だと判断しました。

移民コンサルタントや移民弁護士に問い合わせるしかない

ネットでさんざん調べたのですが結局よくわからないので
電話で移民コンサルタントオフィスに問い合わせてみました。
私たちはコンサルタントを雇っていなかったので、
コンサルタントを雇う覚悟でした。
が、聞いてみるとおそらく、私の場合、申請書類の
中にあるバーコードがちゃんと映し出されていなかったのが
どうやら原因のようでした。
送り返された書類をすべてコンサルタントに
見せたわけではなく、口頭で事情を説明しただけなので
本当にそうなのかはわかりませんが、
明らかにバーコードが映っていないのは
返送の理由になるとのことだったので、
やはりコンサルタントは雇わずに、

スポンサーリンク

もう一度だけそのバーコードを直して
個人で送り返してみることにしました。
私の場合、カナダで合法に働けるビザが

まだ結構あるのと、最悪働けなくても
彼に養ってもらえるので、多少時間がかかっても
いいと思いました。

カナダコモンロー国外申請のバーコード問題

バーコードがきちんと移されていないのは
私も彼もちゃんとわかっていました。
それでも提出してしまったのは、何度
申請フォームをダウンロードしなおして
ゼロから入力しても、バーコードが出てこなかったからです。
バーコードが出てこなかったフォームは
スポンサーに関する情報で
すべて私の彼が記入するものでした。
彼は自分のパソコンと会社にある

別のパソコンで入力しなおしたのですが、
何度やってもバーコードは出てきませんでした。

バーコードが出てこない問題の解決

彼のパソコンと彼の会社のパソコンで
何度入力しなおしても出てこなかった
バーコードですが、私が記入する用の
フォーマットはちゃんとバーコードが出ていたのです。
そこで私のパソコンはWINDOWSで彼と彼の会社の

パソコンはMACでした。
そこで私のパソコンでフォームをダウンロードして、

彼が必要事項を記入すると
なんと普通にバーコードが出てきたのでした。
彼はソフトウェアエンジニアでパソコン関連に
関してプロなのですが、彼曰く、

MACでよくある「バグ」だそうです。
私はずっとWINDOWS派で
ウィンドウズ以外使ったことがないのですが、

彼は逆にMACしか使わない派です。
彼の会社にもウィンドウズはなく、
仕事ではMAC以外考えられない、
ウィンドウズなんて絶対使わない!!
と言っていました。
が、こういう特殊なフォームとかは
MACに微妙に対応しきれてなかったり

することがあるので、こういう「バグ」
が結構あるみたいです。
バーコードのところだけ印刷しなおして
その日のうちにまたCICの国外申請用アドレスに
送りました。

 

2016年12月20日追記

 

カナダコモンロー申請改正後の変化まとめ

カナダ移住の仕事に関するまとめ記事はこちらからどうぞ

カナダ移住に繋がる仕事,永住権取得にかかった費用や失敗談のブログ記事まとめ

 

 

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。