capture

トヨタの就活に役立つ情報を

元トヨタ正社員が、トヨタ内定者
たちの特徴をもとにまとめました。
スポンサーリンク

 

トヨタ地方支社の営業として正社員で3年勤務

私の友達はトヨタの地方支社で

正社員の営業職として3年働きました。
就活を勝ち抜いて日本経済、世界の車社会を
支える超優良大手企業トヨタの内定を勝ち取った
彼女が、トヨタの就活で役立ちそうな
彼女のトヨタ就活経験談と、就活を終えて
顔合わせした内定者(彼女の動機)たちの

特徴から、トヨタは正社員の営業に
どんな人材を求めているのか分析してみました。

トヨタの就活で圧迫面接はなし

彼女が新卒で就活していた時(2012年ころ)

1次面接から最終面接まで、1度も
圧迫面接はなかったようです。
もう4年も前のことなので、面接で聞かれた内容
などはあまり覚えていないとのことですが、

唯一覚えているのは、面接は
終始和やかな雰囲気で、面接官が

うまく話を聞き出してくれるので、
面接の受け答えはとても気持ちよくできて、
いつの間にか終わっていたという感じだったとのこと。

トヨタの就活内定をもらった彼女が最終面接で聞かれて答えたこと

「自分の強みをアピールしてください。」
という問いかけに対して、のちに内定をもらうことになる
彼女は
「チラシ配りなら絶対に誰にも負けません!!」
と前のめりで積極性や意気込みをアピール。
それが最終面接で、その意気込みややる気を
スポンサーリンク

買われて、彼女はめでたくトヨタの内定を勝ち取りました。
意外と普通です。受け答えも就活では
よくあるといえばよくある王道パターンで、
ものすごく個性的というわけではありません。
トヨタの面接官は、シンプルに真正面から向かってくる

彼女のような「熱血まじめタイプ」を

ほしがっていたみたいです。

トヨタ営業職の内定者は一言でいうと全員○○

就活を勝ち抜いて初めて顔を見合わせた

同い年の内定者はその当時6人。
男性3人、女性3人でした。(地方支社です。)
彼女も含めた内定者6人の特徴は?
と聞くと、「一言でいえば全員超負けず嫌い」
とのことでした。同期とは入社してから3年の間
ずっと仲良しだったそうですが、
その3年間ずっと

「同期には売り上げで負けたくない」
と思って営業成績を上げてきたそうです。
彼女が最終面接で自己アピールするのに
「チラシ配りなら負けません」
といういかにもな負けず嫌いアピールをして
内定をもらっているので、
「負けず嫌い」というのはトヨタの営業職
の就活に挑むうえで一つの大切なキーワードになりそうです。

トヨタの正社員としての内定を勝ち取った就活勝ち組の彼女を
客観的に分析してみる

トヨタの元正社員の私の友達を、
「一人の人間」として分析すると、

彼女のキャラクターは
「誰とでも差しさわりなくコミュニケーションができて

初対面でもほぼすべての人が彼女に好感度を持つ
なぜか魅力にあふれたいい子」です。
私は彼女に初対面で1度少し会話しただけで
彼女のことを好きになりました。

物腰やわらかでホンワカした雰囲気なのに
いうことはちゃんという。
自分はこうだ!!という強い信念がある。
裏表がない性格で誰とでも仲良くなれちゃうので
友達も多く、みんなから好かれています。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。