15303851_1251492158226923_111174102_o

クリスマスエルフというサンタの妖精が
アメリカ、カナダの家庭では言い伝えられています。。
私がナニーをしているカナダ人家庭で
クリスマスエルフについて教えてもらったので
クリスマスエルフの民間伝承についてまとめました。

スポンサーリンク

クリスマス前の子供の監視をするサンタの妖精エルフ


11月28日、クリスマスの役1か月前に
私がナニーをしているカナダ人家族の家
(1歳半と3歳の子供)で
こんな真新しい人形を見つけました。
子供たちに「これは誰?」
と聞くと「クリスマスエルフ」
と答えます。私の雇用主であるママが

詳しい説明をしてくれました。
エルフは北極に住むサンタクロースと
一緒に住んでいる妖精で、毎年
クリスマス前になると、子供たちを監視するために

北極からやってきます。
毎朝家の家の中の違った場所に現れて、
子供がクリスマスまでいい子にしているか
どうかをサンタクロースに逐一報告して、
サンタクロースはそのエルフの報告をもとに
どの子供にクリスマスプレゼントをあげるのか
判断します。

クリスマスエルフと話したり、触ったりできるのは大人だけ

15322354_1251492041560268_763371967_o

15271755_1251491911560281_1042481089_o

15311455_1251491891560283_70754786_o
子供たちはクリスマスエルフと話したり
体に障ったりすることはできません。
エルフは子供と話してしまうと魔法の力が消えて
サンタクローズと話すことができなくなってしまうらしいです。
私がナニーをしている家では、エルフは天井の電気や
窓枠の高いところなそ、子供の手から絶対

届かない場所に置いています。
エルフは毎晩子供が寝てから北極の

サンタクローズの家に戻って、その日一日
子供たちがいい子にしていたかどうかを報告
します。朝、子供たちが起きる前に家に戻ってきて
前日とは全然違う場所にいるので
毎朝、子供が起きて一番最初にしなくてはいけないのは
クリスマスエルフがその日どこにいるのかを
確認することです。

こうしてクリスマスまで毎日家のどこかで

子供たちを見張って、クリスマスの前日
北極のサンタクローズの家に帰り、
サンタクローズのプレゼント配りの手伝いをするので
次のクリスマスまで子供たちの前に現れることは
ありません。

スポンサーリンク

クリスマスエルフに対する子供たち(1歳半、3歳)の反応


二人とも完全に信じ切っています。
特に3歳のほうは、普段親がいうことを
ほとんど聞かないのに、パパやママが
「いい子にしていないとエルフがサンタさんに
報告してクリスマスプレゼントが
もらえなくなっちゃうよ。」
というと豹変して、大嫌いな片付けも、
苦手なトマトも食べるようになりました。
正直、エルフを理由に脅しているだけなので
教え方としてどうなんだろうとは思いましたが、
子供たちの親である私の雇用主がそう言っているのだから
と自分に言い聞かせて、
私もたまにエルフのことを思い出させて
いうことを聞かせたりしてしまいます。
あまり良くないことだとはわかっていても
エルフのことを行った時の彼らの豹変ぶりが
もうめちゃくちゃかわいくて、ついついこの手を
何度もつかってしまいます。
例えば外から帰ってきてランチの前に

手を洗わないといけないのに
いつまでたっても洗わずに汚い手のままで
ごはんを食べようとしたときに
「エルフが後ろから見てるよ。
手洗わないでご飯食べてる悪い子だって
エルフがサンタさんに報告しちゃうかもよ」
というと、

「手あらう!!!!早く早く!!」

と大急ぎで洗面所に走っていきます。

クリスマスエルフの絵本もある

15302545_1251491994893606_1035543018_o

絵にこんな本があります。

 

エルフの話は子供たちのお気に入りで、

 

 

家には100冊以上絵本があるうちの

 

常時5冊ほどしか「これ読んで」と

 

 

言ってこない中の、お気に入り5冊の中に入っているほど

 

子供の心をつかんで離さない本です。
この本によるとエルフが家に現れた初日に
エルフに子供たちが名前を付けることになっていました。
エルフに名前が付いたら、その日から

エルフの仕事(子供たちの監視)
が始まるそうです。雇用主の家では
1歳半の妹が、このエルフに「アデル」という名前を
つけていました。3歳の長男の方は
エルフと呼んでいますが、アデルはおそらく
女の子の名前なので、子供たちや
ママとパパはエルフを「彼女」と呼んでいます。
英語では「棚の上のエルフ(Elf on the shelf)」
と呼ばれ、家の棚の上など、子供の手の届かないところに
現れるのが普通みたいです。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。