capture

カナダコモンローでの永住権取得のための

移民申請完了しました。
カナダコモンローでの永住権取得のための
移民申請がすべて完了したので
移民申請までにかかった期間や
揃えた書類を実体験をもとにまとめました。

スポンサーリンク

カナダ永住権取得のための移民申請までぴったり2年

本日2016年11月23日、カナダコモンローでの
移民申請がすべて終わりました。
私がケアギバープログラムで個人で永住権取得のために
カナダに一人で来た日がちょうど2014年11月23日だったので
ここに至るまで紆余曲折ありましたが、
ぴったり2年かかりました。
ケアギバーとしても無事ワークビザのスポンサーとなってくれる
雇用主を見つけて、2年のワークビザを取得済み、
そのビザで働き始めて1年3か月目です。
カナダでなんのつてもなくあてもなく職業スキルもない
状態でいきなりカナダに来て、この2年間毎日
「永住権がほしい!!!!」と思っていました。
まだ申請書類をすべて送り終えた段階というだけで
永住権がとれると確定したわけではないです。
でもあと自分ができるのは結果が出るまでひたすら待つことだけ

なので、移民申請のための書類集め、超難解な
カナダ移民局サイトの解読から解放されると思うと
天にも昇る気分です。

カナダコモンローでの国外永住権申請を終えた素直な感想

カナダ移民局のウェブサイトがわかりにくすぎる!!
カナダ移民局が発行している応募フォームが多すぎて
意味がわからない。。。
私は移民弁護士は雇わずに個人で移民申請を進めました。
が、個人で申請を進めるのには解読しないといけない
ことが多すぎて、提出書類を把握するのに
1週間以上かかりました。
幸い私の友人で、3年前にコモンロー国内申請で
永住権を取得していたカップルがいたので
その人が提出した書類すべてを貸してもらい、
それを参考に書類を集めました。
が、国内申請と国外申請に必要な提出書類が
微妙に違うので、ここがまた混乱しました。

カナダ移民局のサイトがわかりにくい理由1

提出に必要な書類一式が一か所にまとまっていない
カナダの移民局のサイトって、移民申請に必要な
書類を集めるための唯一のガイドラインなのに、
サイトの構成のされ方がめちゃめちゃ意地悪です。
提出すべき書類のチェックリストや書類のURLが
いろんなページに混載していて、
結局どれが必要でどれが必要じゃないのか最初は全く分かりませんでした。

スポンサーリンク


カナダ移民局のサイトがわかりにくい理由2

応募フォーマットが不定期に改変されて古いフォーマットもウェブサイト上に残っている

コモンロー国外申請の場合、申請者が必要事項を記入するべき
フォーマットが合計4部ありました。そのフォーマットの左下には
何年何月に改正されたフォーマット「というのが小さく記載されているのですが
その改正されたフォーマットの最新のものに記入しないと
書類不備で送り返されてしまいます。
申請者は常に最新のフォーマットを見つけて記入しなくてはいけないのですが
この改正されるタイミングが謎で超不定期です。
5年前と全く同じフォーマットもあれば今年8月に
改正されたばかりのものもあり。
改正される前の不必要な旧式フォーマットもなぜかサイト上に
放置されていて、結局どれが最新なのかよくわかりません。

 

カナダ移民局のサイトがわかりにくい理由3

申請フォームの対象者の申請カテゴリーが重複している

私はコモンローの国外申請でしたが、
コモンロー申請の国外申請用フォーマットの中には
あなたはCO-signerですか?
という謎の質問がありました。
直訳すれば連名のサイン者ですか?
ということで、私と私のスポンサーとなってくれる彼氏
二人で申請しようとしているから、私たちは

CO-signerだと思いました。
が、実際はCO-signerとは国外に子供や

養子を持つ夫婦、もしくはコモンローパートナーが
二人でスポンサーとなって子供の永住権申請をする場合、
このカップルのことをCO-signerと呼びます。
結論として私たちはCO-signerではありませんでした。
私の彼は英語がほぼネイティブなのでこの
CO-signerがどういう意味で自分がそれに該当しているかしていないか
瞬時に判断できましたが英語が母語でない私にとっては
説明されても理解するまで結構時間がかかりました。
要は、コモンローで移民しようとしている応募者用の
フォーマットと、子供や養子を移民として迎え入れようとしている
応募者用のフォーマットが同じということでした。
なんでこんなに違うカテゴリーの応募者用フォーマットを一緒に
するのか。。。やめてほしいです。

 

カナダ移民局のサイトがわかりにくい理由4

申請フォーマットPDFダウンロード用のURLをクリックすると
これまで表示していたページが消える。
記入するべき申請フォーマットは申請者用、

スポンサー用合わせて7種類ありました。
これら7種類は全部カナダ移民局のサイト上にあるのですが
PDFをダウンロードしようと指定されたURLをクリックすると、
開いていたページのウィンドウ上でPDFが表示されます。
表示されたPDFが自分の対象じゃなかったり、

また別のPDFをダウンロードしようとそれまで開いていた
カナダ移民局のサイトを開くために「戻る」をおすと
ページはすでに消えていて前に戻ることができません。
ずぶの素人でウェブサイトをいくつかやっている私でもわかることです。
関連リンクは同一ウィンドウ上でなくて別ウィンドウで開けるように

設定するのは基本中の基本です。
仕方がないので私はPDFを開く前には必ず別ウィンドウに
カナダ移民局の現在開いているページをコピペして
すでに2ウィンドウ同じページが開かれている状態にして
PDFのダウンロードをしていました。

カナダコモンロー国外申請提出書類を集めるのにかかった期間

今の彼と同棲し始めて1年が経過する1か月前から
コモンロー申請の準備を本気で始めましたが、
結局書類がすべて集まるまでには合計3か月かかりました。

一番長くかかったのはアメリカの警察証明書。
2か月半くらいでした。

2016年12月20日追記

 

カナダコモンロー申請改正後の変化まとめ
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。