j

カナダで生活し始めて、住む期間が
長くなればなるほど、カナダって
いいな。と心がほっこりする経験が
増えていきます。

この記事では私が実際に経験した、
カナディアンのほっこりエピソード
を紹介します。

スポンサーリンク

カナダのバス

私はバスで職場まで通勤しています。
私が住んでいるエリアのバスでは
ほとんどのカナディアンがバスから
降りるときに、バスの運転手さんに
対して「Thank you」と言います。

人気ブログランキングへ

 

あまりに多くの人がいうので、
私もつられて、無意識のうちに
「Thank you」というように
なりました。カナダらしくて私は
この習慣が大好きです。

 

また、私は毎日同じ時間のバスに
乗って通勤しています。
帰りの運転手さんは毎回違うのですが
朝の早い時間は毎日同じ時間に
同じルートを同じ運転手さんが
走っているので、毎朝通勤の時に
運転手さんと顔を合わせます。

 

その運転手さんはものすごく
フレンドリーで、乗車してくるお客
にも、一人一人に笑顔で「おはよう。」
と言っています。
バス停で人が下りて「ありがとう。」
と言われると右手を後ろのドアに
見えるように上げて、全ての
「ありがとう」に返事をしています。

 

私は毎回運転席横の前のドアから
降りるのですが、降りるときには
「Have a good one.」良い一日を。
と笑顔で手を振ってくれます。
私以外の前方ドアから降りる
乗客全員に、そうやって声を
かけていました。

 

また、私が毎回バスを降りてから
バスと同じ進行方向の職場に向かって
歩いていくのを覚えていてくれて
私が下りるバス停で人が乗って
こない時は、バス停を少し通り過ぎて
止まってくれます。

 

私の職場はバス停を降りて
5メートルくらいですぐ横道に入った
場所にあるので、バス停の前で
止まるのと、その5メートル先で
泊まるのと、本当に少しの差です。

 

最初は気づかなかったのですが、
バス停で人が乗ってくる時は停車する
場所があきらかにちがうので、わざと
私のためにその位置に止めてくれている
ということにようやく気づきました。
私のことを覚えていてくれて、少しでも
職場に近い位置に止めてくれる
その心遣いは、毎朝私に
「カナダっていいな」って
思わせてくれます。

スポンサーリンク

さらにその運転手さんは、1日中同じ
ルートを行き来しているらしく、私が
お昼過ぎに職場近くの道を
歩いている時に、たまたま
その運転手さんのバスが私の近くを
通り過ぎると、わざわざクラクション
を鳴らして私に手を振ってくれます。

マンションでの話

私の住んでいるマンション地下に
コインランドリーがあるので
マンションの住人はみんなその
コインランドリーを使っています。

 

ある日私が洗濯のために洗濯する服や
洗剤を持ってエレベーターに乗ると、
途中の階でカナディアンの女性も私と
同様洗濯用具一式を持って
エレベーターに乗ってきました。

 

「おはよう」と一言交わしただけで、
特に会話はなかったです。

 

地下について二人とも降りて、それぞれ
洗濯を始めます。私は大きな洗濯カゴ
二つ、どちらも大量に服が入っていた
のに対し、彼女は小さなカゴ一つだけ
だったので、彼女はさっさと洗濯ものを
詰め込んで、私より先に部屋を
出ていきました。

 

私もすべての洗濯物を詰め込んで、
彼女が部屋を出てから多分2分後位に
部屋を出てエレベーターに
向かいました。

!!!!!!
エレベーターに乗ろうとしたら、
その女性がエレベーターを止めて
ドアを開けて、私のことを
待っていてくれていたんです。
想定外のことにびっくりしてとっさに
「待っててくれたの?」
と聞くと、当たり前でしょ?
という顔で
「もちろん。」
と返されました。

私には、彼女みたいなことは多分
できません(笑)自分の洗濯が
終わったら、さっさと自分の部屋に
戻っていたと思います。

 

わりと大きめのマンションで、ご近所
付き合いとかは特にないので、
エレベーターで一緒になる人は毎回
まったく知らない人です。
でも、エレベーターで一緒になった
マンションの住人
(まったく知らない人)が私より先に
エレベーターから降りるとき、半分
くらいの人が降り際に
「Have a good one」(よい一日を。)
と言ってさっそうと降りていきます。
1年以上カナダに住んで感じたのは、
こういう感じの人がカナダにはすごく
多いということです。

人気ブログランキングへ

もちろん不愛想な人もいますが、
基本的には穏やかでフレンドリーで
思いやりがあるのが、カナダの国民性
なのかなと思います。

FullSizeRender

写真はビーチバレーの時にプレーしてるところを頼んだらああなりました(笑)

 

スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。