capture

中国上海でカラオケに行った時に
体験談です。中国人の友達に誘われて
入った中国、上海のカラオケはいろいろと
日本とは違っていました。売春カラオケとも呼ばれている
日本の駐在員たちに人気の怪しげな日式カラオケ
で女の子を買っていた中国留学時代の知り合い日本人

についてもシェアします。

中国上海のカラオケのクオリティはいろんな意味ですごい

中国上海に留学していた時に、
中国人の友人に誘われてよく中国のカラオケに
行きました。中国上海のカラオケは日本のカラオケを少し
派手にした感じで、部屋のクオリティは日本とほとんど変わりません。
私が仲良くしていた中国人の友達は日系の企業で働いている
人がほとんどで、彼らは一般的な大卒中国人よりも
少し給料が高いので、カラオケ店の中でも比較的
清潔でサービスが行き届いている中価格帯~高価格帯
のお店にしか行かないようでした。
なので私が彼らについて行っていったお店はどのお店も

とても清潔でドリンクメニューも豊富でした。

スポンサーリンク

日本の曲のチョイスが謎

部屋やマイクはパッと見清潔そうだったのと、
店員さんもちゃんと教育された感じの愛想がいい

タイプの人だったので、「日本のカラオケみたい。」
と一緒に来ていた日本人の友達と興奮したのも
束の間。カラオケ機械で曲検索をすると
私たち日本人が歌えるおなじみの曲がなかなか見つからない!!

日本の曲もあるにはあるのですが、
なぜか一般的によく知られているような

メジャーな曲はなく、昔の曲だったり、
聞いたこともない曲がたくさんありました。
例えば「モーニング娘。」で検索したら
一番メジャーだと思われる
「ラブマシーン」はないのに
「ふるさと」みたいなほとんど聞いたこともないような
マイナーな曲ばっかりばーーーーーーっと
リストが出てくる感じです。
歌いたいと思って曲名検索した曲は
ほとんどないので、仕方なく歌手名検索すると
「この曲がないのになんでこんな聞いたことのない

きょくばっかり出てくるのーーー?!」
という感じで、歌いたい曲を歌えず、本当は
歌えないけどちょっとだけ聞いたことがあるような歌を
無理やり歌って、案の定満足に歌えずに仕方なく途中で
曲削除。というのが続きました。

大人数で来ても一人が歌う順番や歌う回数は無視。早い者勝ち

私が中国上海のカラオケに行くときは
大体日本人二人、中国人4人の仲良しグループで
行っていたのですが、その4人の友達は、
誰がどれくらい歌っているか、6人が平等に歌って

楽しめているか、というのは完全無視で、
歌いたい曲を見つけたら一人が連続で歌おうとお構いなしで
どんどん曲を入れていきます。

スポンサーリンク
日本人二人はその勢いに圧倒されて、曲の入力

をさせてもらえない。。。やっと回ってきた自分の番でも、
中国語の曲を入れようものなら、
「その曲知ってる!!と私も歌える!!」
と私が歌える数少ない中国語の

歌を徐々に割り込みで歌うようになって
気づいた時には彼女が一人で熱唱しているのを
盛り上げている自分に気づきます。
日本で大人数で行く場合、もしくは少人数だったとしても
みんなが平等に歌えるように歌う順番がある
という暗黙の了承があり、定期的に自分の番が回ってくる
という安心感があります。たとえメジャーな曲で
誰もが歌える歌だったとしても
曲を入力した人以外の人は気を使ってマイクは使わず
口ずさむ程度。曲泥棒は確実に嫌われるKYな行為

であることをみんな知っています。
中国ではこんな日本的な暗黙の了解は存在しませんでした。
弱肉強食で、歌いたければすぐに曲を入力して、
曲泥棒に合わないように大音量で熱唱し続ける
のが普通です。初めてローカル中国人たちと

カラオケに行ったときは驚きましたが、慣れれば
むしろそれが面白かったです。

中国語のカラオケ曲を入力する方法

中国人と中国のカラオケに行くのなら
避けて通れないのが中国語曲を歌うこと。
中国語の漢字は日本語の漢字と違い
漢字読みが基本1つの漢字に1種類なので
中国語が話せなくても、定期的に聞いている
中国語局であれば、中国語初心者でも

歌うのは難しくありません。
台湾系のアーティストたちは日本の曲を
カバーしている人が多いので、
そういった曲であれば結構簡単に歌えます。
ただ、この入力の仕方がちょっと複雑です。
曲名で検索する際は、たいてい、曲名の字数が
何文字か?から始まります。
ラブソングを意味する「情歌」であれば
2文字。英語の曲名、例えば「Only One」

であれば2文字になります。
が、曲名が2文字の曲は何千、何万とあるので
その後はピンイン入力で曲を絞ることになります。

情歌のピンインはqing geなので、

ピンイン入力はQ Gになります。

Only Oneのピンイン入力は

O Oです。
日本のローマ字入力のようについつい

qinggeとそのまま入力してしまいそうですが、
この入力方法では曲は出てきません。

日本のカラオケで中国語で歌うのは実は簡単

私は個人的に台湾や中国のアーティストが歌う
中国語の曲や、日本の曲の中国語カバーが大好きです。
中国語って話しているときは声調の影響で
騒がしく、ちょっと下品に怒鳴っているようにきこえるのですが、
歌ではさすがに声調はほとんど無視なので
聞いていてすごく心地いいんです。
そしてこれらの中国語曲を日本のカラオケで歌う

場合、カラオケの歌手の上に、カタカナでのピンイン
表記フリガナがつくので、メロディがわかる、ゆっくりした
日本語局の中国語カバーであれば、
中国語が全く分からなくても
何度か聞いたことがあれば、歌うことができます。

例えば「亜麻色の髪の乙女」は
「月光」という名前でシンディワンという台湾の

歌手がカバーしています。
曲がゆっくりなので、カタカナ表記の歌詞で

歌うのはそれほど難しくなく、
月光(YUE GUAN)というピンイン表記で

王心陵という歌手名が認識できれば
中国語曲を簡単に歌うことができます。

日式カラオケ日本人駐在員が女性を買うところ

中国でカラオケというと、

この日式カラオケを連想する日本人のほうが多いです。
私はいったことはないですが、
私が中国語の語学学校に通っていた時に

隣のクラスで勉強していた中年男性が、
日式カラオケで中国人の女の子を買って
一人暮らしをしている自身のアパートに
連れ込んでいた!!
という私にととっては衝撃的なニュースが
語学学校の女子たちの間で広まりました。
留学生という立場でしたが、彼は
どうやら日本の会社を退職してキャリアアップのために
中国語を学びに来ていたらしく、パッと見は
かなり地味で女の子と面と向かって話をするのが
苦手な日本人中年男性でした。
女の子どころか男性の友達もいなかったようで、
クラス内ではかなり浮いた存在だったとか。
彼はクラスの友達に中国人の19歳のかわいい女性を
日式カラオケで買ったと自慢していたそうです。
中国で売春は犯罪です。
日系企業の駐在の男性の間ではかなり
ポピュラーなサービスらしいのですが、
一応犯罪であることを自覚してほしいです。
中国、上海においての日本人に対するイメージが
下がるのは私は嫌ので、犯罪に手を染めている日本の駐在員の方々には
自分が犯罪者であると自覚してほしいです。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。