八木あやか八木あやか

資生堂正社員⇨仕事でミス連発。発達障害(ADHD)発覚⇨日本は息苦しい⇨何のアテもないのに海外に逃亡⇨海外に出て半年で永住権確定⇒その経験をブログで発信したらそれが仕事に⇨ワーホリ済でも海外移住、自分の経験を仕事にしたい方の無料相談にのっています:)無料相談は以下から登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします
クリックして秘密の動画を観る&無料で相談する

 
カナダ移住するぞって意気込んでカナダに来たのが2015年25才の時。
 
ワーホリビザ使用済み
日本での職歴ゼロの私が
 
唯一就労ビザ取得できたのは
ナニー(ベビーシッター)の仕事
 
 
でもそのナニーの仕事がもう死ぬほど辛くて
 
2才のイヤイヤ期の子は
私が家に入ろうとする度に
 
「お前は家に入ってくるな!」
ってひたすらドアを閉めようとしてくる
 
まるで私が虐待でもしてるみたいで
 
 
もちろんそんな事はしてないのに
私は一生懸命やってるのに
「なんで?!」
って。
 
まだその2才の子だけならいいけど
生後半年の子も同時にお世話しなきゃいけない。
 
このブログの初期の記事は
そういう愚痴とか
私がいかに辛いか
 
をひたすら書き殴っていました。
 
 
でも、今ならわかるんです。
 
 
どうしてあんなに辛かったのか
 
 
 
どうしてあんなにも2才の子に
「お前なんて来るな」
 
って言われ続けたのか。
 
それは
「私が私の頭の中で、私を猛烈に責めてたから。」
 
 
ナニーをやってたときの私の頭の中
(私が私に頭の中でかけてた言葉)
「私なんてナニーをやっちゃいけない」
「本当は子供がそんなに好きじゃないから、
子供に申し訳ない」
 
「子供の事が全然わからないくせに
 ナニーやってんじゃねえよ」
 
「ナニーの仕事を完璧にこなせない
 私って本当ダメな奴」
 
「なんでお前なんかがナニーやってるの?」
 
 
そう、当時は私が私の最大のアンチだったんです。
 
頭の中でずーーーーーーーーっと
 
子供が苦手な自分にNG
 
ナニーの仕事を完璧にこなせない自分にNG
 
子供の事を理解できない自分にNG
 
子供にイライラしてしまう自分にNG
 
 
もう四六時中自分で自分をせめてました。
 
 
 
で、その頭の中だと現実は
 
 
「お前なんてナニーやるな」
と2才の子に家に入れてもらえない
 
 
「雇用主に”なんでそんなカンタンな事ができないの?”」
とイヤミを言われる
 
 
いやーもう数えきれないつらい現実が
あんなにも山積みだったのは
 
 
私が私に頭の中でかけてた言葉が、
現実で他人の言葉を介して
私にふりかかってただけだった!!
 
 
あの辛かった時の私に
 
頭の中=現実
 
っていうこの事実を伝えてあげたい。
 
 
とおもう反面、やっぱり伝えない方が
いいやとも思います。
 
 
 
だって頭の中が現実化しているなんて、
学校で誰も教えてくれなかった非現実的な事
 
 
あのときの辛い経験がなかったら、
絶対腑におちなかったから。
 
 
 
あのときのドン底の経験のおかげで、
当時の私と同じように
 
苦しんでいる人の気持ちが
イタいほどよくわかるから。
 
 
私は私のコレまでの人生のストーリーが
波瀾万丈で
 
いいときと悪いときがあって、
 
何が起きるかわからなくて
エキサイティングで大好きだから(笑)
 
 
だから結局私の人生って全ては完璧で必然だなっていう話でした。

▼無料相談は以下の動画リンクから登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします