capture

上海のナイトクラブに上海留学中に
何度か中国人の友達に連れられて行きました。
その上海のナイトクラブがいろいろ衝撃的だった

経験談をシェアします。
スポンサーリンク

 

上海のナイトクラブの不思議

 
中国、上海に留学していた時に、
中国人の友達に何度か上海のナイトクラブに
連れていかれました。日本やカナダのナイトクラブと
いろいろ違い、いろいろ衝撃でした。
今から6年ほど前、上海万博があった
直後の2010年ころの話です。
私は上海のホテルに住み込みで
はたらいていて、フロントデスク勤務だったのですが
そのフロントデスクで仲良くなった中国人の

友達がナイトクラブ大好きのイケイケ軍団だったので
彼らがナイトクラブに行くたびに無理やり
連れていかれました。
毎回彼らにタクシーで連れていかれて、
帰りはタクシーで同じくホテルインターン生の日本人の
先輩とホテルに帰るという感じだったので、
その時に行ったナイトクラブがどこら辺にあるのか
なんていう名前なのかは覚えていません。。。
参考にならずすみません。ただ、当時の上海の

ナイトクラブがどんな感じだったか紹介します。

 

上海のナイトクラブは外国人入場料無料のところがある

 
驚いたのですが、ナイトクラブによっては
入場の時の身分証明書として外国の
パスポートを見せると、入場料が無料になるところが
結構ありました。これは、外国人の入場者が増えれば
「外国人が来るようなおしゃれなナイトクラブ」
というそのナイトクラブの評判につながるため、
外国人大歓迎、入場無料にしているみたいです。
実際そういうナイトクラブは、留学生、駐在員など
外国人のお客さんが多く、外国人にとっては
中国人オンリーより安全だし、中国人にとっては
外国人と気軽に出会えるということで好評みたいです。

上海のナイトクラブは全体的にバブリー感がすごかった

 
私は1989年生まれで、日本のバブル崩壊後しか知らないので
好景気にわくバブルな感じは全く知らないのですが、
上海のナイトクラブ(2010年ごろ)に行って、
「これだバブルか!!」と感じました。
ちょうど上海万博が開催された直後で、
外国人観光客も多く、上海全体が
好景気に沸いていたころです。
どこのナイトクラブも基本的にダンスフロアは
密度が高すぎてほとんど動けない中
ぶつかり合いながら狂ったみたいに踊る
超ボディコン衣装の女の人たち。
vip席らしき超高級席にはいかにも
「お金持ち」といった感じのちょっと小太りの
男の人たちが高そうなお酒とフルーツの盛り合わせを
並べて周りに女の人たちをはべらせて上機嫌。
スポンサーリンク


上海のナイトクラブ、「美女と野獣だらけ」

 
上海の女性って一般的にすごくスタイルが
いい人が多いなーと思っていたのですが、
ナイトクラブに来ているイケイケの女性たちは
特にスタイル抜群プラス美人でした。
でも、出会いを探しに来ているというよりは、
彼氏や男友達と来ている人が多い感じでした。
でも、その上海美女たちと一緒にいる中国人男性って
いわゆる「野獣」って感じで、必ずと言っていいほど
太っていて、上海美女よりも背が低くて、
見た目おじさんみたいな「いかにもなお金持ちや
お坊ちゃま」が多いように感じました。
上海の女友達いわく、「上海女性たちは
見た目がイケメンとか長身とかよりも、
むしろちょっとぶさいくでお金持ちな人のほうが
好き。」らしいです。もちろんお金持ちで
長身でイケメンだったらいうことなしらしいのですが、
お金さえあれば、容姿はそれほど重要じゃない
とも言っていました。だからナイトクラブでも
「美女と野獣」カップルだらけだったんですね。

上海のナイトクラブで踊り狂う中国人たちの独特なダンス

 
上海のナイトクラブのダンスフロアでは
必ずと言っていいほど日本やカナダでは
絶対見ないような奇妙なオリジナルダンスを
している中国人たちを目にします。
「とりあえず体を動かせ!!!」みたいな
狂ったようなダンスです。
上海のナイトクラブでは本人たちが楽しめれば
ほかの人がどんな踊り方をしていようと
まったく関係ないみたいで、そういう奇妙な踊りの
集団がいてもみんなまったく動じず、「完全無関心」

でした。

上海のナイトクラブを楽しんだ後の悲しい光景

 
上海のナイトクラブといっても本当に

たくさんありますが、私が連れていかれたのは
外国人入場無料で、一般入場料が
比較的高めのちょっと高級なナイトクラブでした。
ナイトクラブに来ている中国人たちは
着ているものやお金の使い方を見る限り
富裕層しかいませんでした。
そんなナイトクラブをひとしきり楽しんで、

夜中の2、3時くらいに家に帰ろうと
タクシーを捕まえるために路上に立つと
ものすごい勢いで3~10歳くらいの物乞いの
子供たちが寄ってきて、物乞いしたり、
花束を売ろうとして来たりしました。
夜中の2~3時の冬の上海はめちゃめちゃ寒いです。
たちの悪い酔っ払いもたくさんうろつくナイトクラブ
周辺はもちろん危険です。でもその子供たちは
おそらくナイトクラブ帰りの富裕層をターゲットに

物乞いや花を売ったりして生計をたてているようでした。

スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。