capture

ホテル業界留学業界に就職したいと考えている人に

読んでもらいたい、ホテル業界、留学業界

で実際に働いたことのある私の経験談を元に
あまり知られていない裏の情報をお伝えします。
スポンサーリンク
ホテル業界と留学業界の共通点
私は学生時代、ホテル業界と留学業界で
インターンシップをしていたことがあります。
学生時代ということもあり、その当時私が持っていた
仕事で役立つようなスキルは英語、中国語のみ。
社会人経験も何もない私が、

大した苦労もせずにホテル業界、留学業界で
すぐに働くことができた理由は

「留学経験さえあれば/語学力さえあれば」

「誰でもできるから」です。

留学業界でインターン体験談

 
私はカナダ留学時代に小さな留学エージェントで
留学カウンセラーとして働かせてもらいました。
相談者の要望を聞いてその人に会った
留学プランを立てて、提案する。
その留学エージェントはカナダのみだったので、
カナダにその当時まさに留学していた私なら
自分の留学経験をもとにアドバイスするだけだったので
正直「え?!留学カウンセラーってこんなに簡単になれるの!?」
と驚きました。カナダの特にバンクーバーの場合、
現地無料留学エージェントってものすごい数あります。
なぜなら、大した専門知識なんてなくても、
留学経験者ならだれでもできるから。
もちろん何年もカウンセラーとして働けばそれなりに
自身の経験からスキルやノウハウはつかめるようになりますが、
ベースとしてあるのはやはり「留学経験者ならだれでもできる」
です。そして留学経験者なんて腐るほどいます。
だからこそ、自分の留学経験をもとに留学エージェント
として独立する人が多く、今は大手でもかなり経営が厳しいと聞きました。
ちなみに私が留学していた当時に使っていた大手
留学エージェント「サクシーオ」は私の留学中に
大きな負債を抱えたまま倒産しました。

ホテル業界で実際に働いて思ったこと

 
私はカナダのビクトリアにあるサンドマンホテルで

1か月、中国上海にある東亜富豪飯店という
香港系の外資系ホテルで3か月働きました。
驚いたのは、どちらのホテルに配属された時も

スポンサーリンク
私の言語レベルは「日常会話程度」

だったことです。にもかかわらず、ホテルのフロントで

英語と中国語でいきなり接客しました。

そこで気づいたのは「ホテルで使う言葉、フレーズはかなり限定的」
ということです。英語、中国語レベルが日常会話レベルでも
ある程度働くと話の流れがつかめるので、
対して話せなくても、フロントデスクの仕事は成り立ってしまうのでした。
そしてフロントデスクの仕事といえば

・チェックイン、チェックアウトの手続き

・設備案内、周辺施設案内

・フロントにかかってくる電話の対応
(モーニングコール、必要な備品、タオルなどを持っていく

ルームサービスなど)

要はいつも同じルーティン作業で、
必要最低限の礼儀さえできていれば

「誰でもできること」でした。

 

ホテル業界、留学業界への就職を考えている人へまとめ

 
私は以前ホテル業界に興味があり、
ホテルでのインターンをしましたが、じっさいにやってみたら
「誰でもできる仕事が多いな」と思い、ホテル業界への

憧れはなくなりました。
ホテル業界、留学業界であれば、社会人でなくても、
正社員じゃなくても、アルバイトなり、インターンなりで
仕事の内容を一度体験できるシステムがかなり
整っています。就職する前に、一度体験してみることを

おすすめします。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。