カナダ移住(永住権取得して移民)して1年。永住権取得(移民になる)前に外国人労働者としてカナダで働いていた期間も入れるとカナダ生活はトータル3年。

 

こっちで仲良くしてくれているカナダ人や外国人移民の友達を間近で見ていたら、日本生まれ、日本育ちで日本の価値観にガチガチに固められていた常識がボロボロと崩壊してきました。

 

そうやっていろんな価値観が崩れて行ったら、私が日本で生活していた時に、いかに「自分がどうしたいか」を考えず

 

「普通(周囲のみんな)はこうなんだから私もそうするべき」

という考え方に基づいて、流れ作業的に過ごしていたことに気づきました。

 

まずは大学進学について

私の両親は大学を出ていたので、

「高校を卒業したら大学に行くのが当たり前」

と思っていました。

 

大学で特別勉強したい事があったわけじゃないんです。

 

だからなんとなーく潰しがききそうな経済学部に入学したんですが、別に興味があったわけじゃないので勉強は楽しくなくて、

単位さえとれればいい、

卒業できれば良い、

 

とそれこそ流れ作業的になんとなく大学時代を過ごしていました。

当然経済学部で学んだ事は私の場合何一つ身に付かず、その後の就職でも大学さえ出ていれば誰でも就職できる一般企業の営業職に就職しました。

 

って言う話をイスラエル系カナダ移民の私の彼氏に言ったら

 

「勉強したい事がないなら、勉強したい事が見つかるまで自由に過ごせばよかったのに。高校卒業してすぐなんて、将来やりたいことがわからないのが普通でしょ。」

 

とグサリ。

ちなみに彼はイスラエルの高校卒業後、大学で勉強したい事がなかったためにダイビングインストラクターとしてイスラエル、エジプトの海を潜りまくっていたそうです。

 

散々ダイビングを楽しんだ後、

「年をとってからもずっとこの肉体労働はキツいなー」

「肉体労働じゃなくて、でもイスラエル国外でも働けそうな仕事がいいなー」

と思い、26歳の時にシステムエンジニア系の学部に通い始めたそうです。

 

大学卒業後、40歳になる現在までイスラエル、アメリカ、カナダと世界中でシステムエンジニアとして働いていて、自分のキャリアに満足しています。

▼たった1年半で日本の社会人を挫折したダメ女がたった半年で永住権も外人彼も手に入れた方法を「今だけ」プレゼント中

 

イスラエル人の彼だけじゃなくて、カナダでは20代後半、30代をすぎてから、本当に自分がやりたい事を見つけて、大学に通い始めるor通い直すというのがわりと一般的です。

 

そんな彼らを見ていて思うのは

「世間一般の生き方がこうだからこうする」

ではなくて

 

「その時自分がどうしたいか」

に素直に従って生きてるんです。

高校卒業後すぐ大学に行く人が大半でも、自分が勉強したいことがないなら無理にはいかない。

 

20代後半でも30代でも、自分がやりたいって思った事が出て来た時に大学に通えば良い。

 

というか普通に生きていたら、18歳、21歳くらいで自分のやりたい事がはっきりしている人って限られていると思います。

高校卒業したら、大学卒業したら自分の一生を左右する進路を決めないといけないっていう日本の就職システムは、私みたいに流されて生きて来た人にとってはちょっと無理だよなーって。

 

大学に通いたいって言う思いがないなら、ムリに大学に通わなくても良い。

学びたい事ができた自分のタイミングで、行きたいなら大学に行けば良い

 

っていうフレキシブルな考え方が、日本在住時の私にはありませんでした。

私みたいに流れ作業人生じゃなくて、「自分が生きたい生き方はコレ!」っていうのが常にあるカナダ人(外国人)の生き方を間近で見てきて

 

「私も彼らみたいに自分軸で生きたい」

って彼らを真似して生きるようになりました。

 

話は戻ってカナダ移住前の私の話。

流れ作業的に生きて来た私は、大学卒業後も「自分が何をやりたいか、どんな人生を生きたいか」

ではなく、

 

「みんな就職してるから就職しよう」

「日本人なんだから日本で就職するのが当たり前」

「大手企業の正社員だったら安定だし福利厚生もいいし、就活の勝ち組でしょ!」

「資生堂だったら誰もが知ってる有名企業だからみんなにすごいって思われる!」

「海外でも有名な資生堂なら大好きな英語と中国語が役立ちそう」

 

っていう理由で資生堂に就職しました。

そこでようやく気づいたんです。

 

「私は日本で就職したかったんじゃない。本当は海外で暮らしたい、海外で働きたい。海外で国際結婚したい。仕事だけじゃなくて日常生活で英語や中国語を当たり前に使う環境で、もっともっと外国語を極めたい!」

っていう「本当は」私がやりたかったことに。

 

気づいた時は資生堂で働き始めて半年もたっていませんでした。

 

入社して半年もたってないのに会社を辞めたい、海外で働きたいっていう衝動が出て来たときはショックでした。

せっかくこんなに良い企業に入れたんだから

ココで働いていれば将来も安泰なんだから

何のスキルも資格もないのに、海外で働きたいなんてムリでしょ

貯金もないのに海外移住資金どうするつもり?

 

現実的な「海外移住なんてできない理由」を自分に言い聞かせて、なんとか自分を資生堂に留まらせようとしました。

でも、働けば働くほど

「海外で働きたい」

っていう思いがどんどん大きくなって、いろんな国と比較した結果、カナダに移住することを決意。

 

入社してたった1年半で会社を退職して、カナダに来てみたら、わりとすんなり移住できてしまい、現在に至ります。

資生堂をたった1年半で辞めるって友人や家族に伝えたときは、大反対されました。

 

私自身もその当時は

「私は頭がおかしいんじゃないか。」

 

と周囲とちがう選択をした自分に自信がありませんでした。

 

でも、ありがたいことにそう決意してカナダに来てみたら、カナダ人やカナダ在住の外国人の友達は

「良いじゃん良いじゃん。自分が住みたい国に住むのが一番でしょ。」

って私の事を迎え入れてくれました。

 

 

「資生堂を辞めたい。海外(カナダ)移住したい。」っていう突拍子もない思いにフタをせず、友人や両親の反対を押し切ってでもカナダ(海外)移住という道を選んだあの当時の自分に猛烈に感謝しています。

 

このブログ記事をココまで読んでくれているあなたは、当時の私みたいに「流れ作業的な生き方」ですか?

それとも「自分の本当にやりたい事をやる生き方」ですか?

▼今だけ。移民コンサルタントにコンサルを頼むと30万円もするカナダ移住できた方法をこっそり無料で公開中。30万円節約しませんか?

カナダ永住権を取得してカナダに移民(移住)したいあなたにオススメの記事

カナダ移民(移住)しやすい仕事(職業リスト)でカナダ永住権を取得する

カナダ移民,移住したい!永住権申請条件とビザ取得方法【2018年最新版】

カナダ移住後の仕事の現実(スキル,職歴,カナダでの学位なしの場合)

カナダ永住権のポイント制度と移住後、移民になった後の厳しい現実問題

カナダ人男性の恋愛観をカナダ人彼氏を持つ日本人女性達が徹底解説!

カナダ永住権に繋がる職業リストとポイント制度を徹底解説

カナダ移住費用(ビザ申請,海外留学,移民後の生活費)は334万円!永住権取得した場合の就職事情も解説!

カナダ移住の条件や費用についての相談に答えました。

 

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。