capturea

カナダで病院にかかったときの体験談をもとに
日本人が混乱しやすい、カナダの特殊な病院システムについて
解説します。

スポンサーリンク


カナダの病院体験談(海外旅行保険編)

カナダで風邪をひいた、カナダで湿疹が出た
カナダでけがをした・・・

カナダで病院に急遽行く場合

気になるのがカナダの病院システムですよね。
カナダの場合日本のような「内科、皮膚科、外科」

と科が分かれていないので、カナダ初心者にとっては
どうやって病院にかかるのかわからないことだらけ。
私もその一人でした。が、留学やワーホリで
カナダに来ている場合、たいてい日本で海外旅行保険

に加入しているので、医療費はその保険でカバーされるはず。
せっかく高い海外旅行保険代を払っているのだから、
ある程度使ってもとを取らないともったいないです。
英語の勉強にもなるので、ちょっとでも体調不良を感じたら

カナダの病院に行ってみることをお勧めします。

カナダの病院システムーファミリードクターとは?ー

カナダではファミリードクターというドクターがいます。
ファミリードクターとは、体調不良のすべての患者さんを
最初に診断するジェネラリストのお医者さんのこと。
カナダでは体の不調で病院にかかりたいとき、
まずはかかりつけのファミリードクターのところにいきます。
ファミリードクターが治療したり、薬を処方できるレベルの
病気であれば、そこでちりょうするなり薬を処方してもらうなりして

薬局に行って終了。
もしも症状が深刻でファミリードクターが対処できない場合、
専門家の皮膚科、外科など、その患者さんが必要としている
専門医療を提供できるお医者さんを、ファミリードクターが
紹介してくれます。

カナダの病院システム具体例(皮膚科体験談1)

私がカナダの病院にかかったときの体験談を
具体例として紹介します。
私は小さい時からアトピー性皮膚炎で、
ステロイドやプロトピックなど、保湿や
炎症を抑える処方性が必要な軟膏を

日本では皮膚科で処方してもらっていました。
日本で処方されたその軟膏を大量に持ってきたのですが、
カナダ生活2年目に入る前にすべての軟膏を使い切ってしまいました。
そこで、皮膚科に行こうと思ったのですが、
皮膚科(dermatology)で検索してもそれらしき
病院が出てきませんでした。

 

カナダの病院システム具体例(皮膚科体験談2)

バンクーバー 皮膚科 病院と日本語で検索すると
メインランドクリニック

というのが出てきました。皮膚科のお医者さんもいる
とのことでこのクリニックに電話してみると
「皮膚科で診てもらいたいんですけど」
「family doctorからの紹介はありますか?」
「ないです。」
「ファミリードクターで診察してもらって紹介してもらわないと
うちでは診察できません。近いところではCoast medical clinic
があります。」
とファミリードクターを紹介してもらったので、
コーストメディカルに電話してみると
「診察予約の場合来週月曜日1時半以降なら受け付けていますが
(電話したのは金曜日朝10時)本日はウォークインのみの

受付です。」

「ウォークインの場合大体どれくらい待ちますか?」

「30分から45分ですが、早い時間のほうが待ち時間が
短くて済みます。本日来るのならできるだけ早めに来ることを

お勧めします。」
とのことだったので20分で準備してコーストメディカルへ

スポンサーリンク

 

待ち時間ほぼゼロ

10時半ごろコーストメディカルにつくと
「かかりつけのドクターはいますか?」
と聞かれて

「特にいないです。」

と答えると
「ではこちらへ」
とすぐに診察室へ通され、

3分くらいでアジア系の男性ドクター登場
皮膚の状態を見せると

「ぜんそく、薬のアレルギー、現在服用されている薬はありますか?」
と聞かれ、何もないことを伝えると
「おそらく乾燥によるものだと思います。
僕も以前これと似たようなのが首にできたことがあるので
わかります。わざわざ皮膚科まで行かなくても
僕が薬を処方します。」
と頼もしい言葉。パドクターがソコンで何やらカチャカチャやっている間に
「どんな仕事をしているのか、なんでバンクーバーに来たのか」

など、当たり障りのない世間話をして、和やかな雰囲気で
診察は終わりました。英語ネイティブのアジア系で、
苗字が中国系だったので、中国からの移民カナディアンだと思います
すごく丁寧で優しくて診断や薬の説明もわかりやすかったです。

MSP(BC州の健康保険)加入者なら診察費は無料

ドクターからもらった処方箋をもってSHOPPERS(マツキヨ的なドラッグストア)
の薬剤師さんに処方箋を渡すと、
10分くらいして薬がもらえました。

14522323_1193526654023474_85046170_o
薬代は自己負担ですが、50グラムで50ドルって
安いのか高いのか。ちょっとわかりません。たぶん日本と
同じくらいだと思います。

カナダの病院システムまとめ

カナダの病院システム(ジェネラリストのファミリードクター
に行ってから、専門医の診察が必要か判断、
必要に応じて専門医へ)は、日本よりも効率的だと思いました。
というのも私みたいな乾燥肌による肌の不調は、
皮膚科専門医でなくても薬の処方ができるからです。
専門医の診断が本当に必要な人だけ
専門医に行く場合、日本のように皮膚科で

いつもの薬をもらうのに3時間も4時間も待つ必要がありません。
その分ファミリードクターへの負担は大きくなりますが、
それでも平日の朝一なら予約なし、待ち時間なしで
見てもらえるのは、日本よりかなり効率的です。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。