カナダ移民になりたいあなたへ.カナダ永住権の取得方法や申請条件、取得に必要な費用を、移民コンサルタントを雇わず、自力でカナダ永住権を取得した実体験を元に徹底解説します!

カナダ留学ビザ→移民申請→永住権取得の場合、移住しやすいプログラム

カナダ移民、永住権申請なんて考えていなかったけれど、学生ビザ、ワーキングホリデービザで留学しているうちに、カナダが大好きになってカナダ移住を真剣に検討し始める日本人はとても多いです。

AyaAya

事実私も2010年に半年間カナダ、バンクーバーに留学したのをきっかけに、カナダが大好きになり、カナダ移民を真剣に検討し始めました。

1度日本に帰国して就職したものの、どうしてもカナダ、バンクーバーでの生活が忘れられず、会社を退職。

2014年にカナダに戻り、カナダに移民しました。

 

私のように留学(学生ビザ)をきっかけとしてカナダ移民したい人はまず、たくさんあるカナダ移住方法にどんなものがあるのかを把握することをオススメします。

 

カナダ永住権取得方法と言っても多岐にわたっているので、それぞれの経験や得意分野、興味、関心によってあなたにとってぴったりの移住方法はあなたにしかわからないからです。

 

私自身、カナダ移民を志した時に一番最初にしたことは「カナダ移民(永住権取得)方法を徹底的に調べる事」でした。

以下にカナダ移民方法を解説します。

参考:スキルなしでカナダ移住したいなら絶対読んでおくべきブログ記事まとめ

カナダ移民(永住権申請)方法:各州オリジナル移民プログラム

カナダ移民(永住権取得)方法は大きく分けて二つ。

一つはカナダ全体で統一の移民プログラム、もう一つが以下に紹介する各州それぞれ独立して募集しているプロビンシャルノミニー移民プログラムです。

 

プロビンシャルノミニープログラムでは、カナダの各州ごとに、その州で必要としている人材を移民として受け入れるシステムです。

よって、各州によって移民(永住権)申請に必要な加算ポイントが異なります。

AyaAya

例えば、私の無料メルマガ読者さんはマニトバノミニープログラムというマニトバ州の移民プログラムでカナダ移民しました。

その読者さんに寄ると、マニトバ州の移民プログラムで重視されるのは、「移民後、マニトバ州に留まってマニトバ州の経済に永続的に貢献してくれるかどうか」

だそうです。

なのでマニトバ州の移民プログラムで加点ポイントとなるのは

…マニトバ州に親族、親しい友人がいること

…マニトバ州の学校に通った経験があること

…マニトバ州で就労経験があること

 

一方で減点ポイントとなるのが

…過去にマニトバ州以外の州に滞在した経験があること

となります。

詳しくはマニトバ州移民プログラムのサイトにて詳しいポイント制度が記してあります。

 

マニトバ州以外の移民プログラムはこちらからどうぞ

以下に各州のリンクを用意しました。

アルバータ州

ブリティッシュコロンビア州

マニトバ州

ニューブランズウィック州

ニューファンドランドアンドラブラドール

ノースウェスト準州

ノバスコシア

オンタリオ州

プリンスエドワード島

サスカチュアン州

ユーコン準州

参考:カナダ移住方法と移民後の厳しい仕事問題を永住権取得者が暴露します

 

海外,日本の就労経験を証明する書類アリ?カナダ移民(永住権)取得できるかも

カナダ移民(永住権取得)を考えており、カナダで需要がある専門職の就労経験がある場合、カナダで生活した経験がなくてもカナダ移民できる可能性大です。

AyaAya

私の事実婚(コモンロー)の彼氏はイスラエル人で、5年前にカナダ移民(永住権取得)しました。

が、彼はカナダ永住権を取得するまで、一度もカナダに来た事がなかったんです。

にも関わらず彼がカナダ移民できたのは、ソフトウェアエンジニアとして、イスラエル、アメリカで就労経験があったからです。

ソフトウェアエンジニアという職業が、当時のカナダでは(おそらく現在でも)需要はあるのに人材が足りないという状況でした。

なので彼のイスラエルでのIT関連の大学を卒業している証明、イスラエル、アメリカでソフトウェアエンジニアとして働いた経験の証明(給与証明や納税証明)、移民申請書類を送っただけで、彼はカナダ移民(永住権取得)できたんです。

現在カナダ移民しやすい職業(カナダで需要はあるけど人材が不足している仕事)はこちらの記事で詳しく紹介しています。↓

参考:カナダ移民(移住)しやすい仕事(職業リスト)でカナダ永住権を取得する

 

移民(永住権取得)に必要なポイントを稼ぐ方法:学校に通いカナダの教育を受ける

カナダ移民(永住権取得)したい!でも、カナダ移民の条件を満たすだけのポイントが足りないという人はとても多いです。

AyaAya

私自身,日本で新卒で入社した会社をたった1年半で辞めて、カナダ移民(永住権取得)を志した時に痛感したのがこの問題です。

カナダで通用するスキルがない

(日本で文系の職種、しかも1年半しか経験なし)

移民申請に役立ちそうなカナダでの学歴もない

という状態。

そんな絶望的な状況だったわたしでも カナダ移民できた理由は、カナダの学校に通い、カナダの教育を受けたからです。

どの移民プログラムでカナダ永住権取得を目指すのかにもよりますが、カナダの専門学校、大学に通うと、カナダの現地で就職できる可能性が上がります。

私自身何のスキルもない状態、貯金もたいしてなかったことからカナダ移住をあきらめていたのですが、50万ほどの格安の学費で通える専門学校を見つけ、その学校を卒業。

そこで得たスキルを元にカナダで就職(就労ビザ取得)それがカナダ移民二繋がりました。

私が通った格安の学費50万の学校やノースキルだった私がカナダに来てたった半年でカナダ永住権を確定させた方法は、期間限定で無料公開中です。

期間限定リンクが切れる前にどうぞ:)▼

 

英語(語学)力は初心者クラス,年齢高めでもカナダで生活するだけで移民(永住権申請)できる超裏ワザ

カナダに移民(カナダ永住権を取得)する方法をこれまで解説してきました。

が、ここまでで紹介してきた移民方法はどれも、「カナダ(カナダの各州)の経済活動に貢献できる能力がある」

ということが前提。

これらのカナダ移民のポイント制度で常につきまとうのは、

…カナダで問題なく仕事ができるだけの語学力(英語、フランス語のテストハイスコア:IELTS)

…カナダ移民後、長く働けるだけの若さ(年齢が若いほど加点、低いほど減点ポイント)

です。

英語が苦手で,なおかつ年齢が高い人は移民できないのかというと、そんな事はありません。

英語力がゼロ、年齢がかなり高くてもポイント減点されず、しかも確実にカナダ移民できる方法があります。

それが、結婚、事実婚(コモンロー)移民です。

AyaAya

実は私自身、全くのノースキルの状態からカナダの専門学校に通い、自力で2年の就労ビザを取得、その就労経験を元に移民申請をすることもできたのですが、それはしませんでした。

なぜなら、2年の就労を終える前に、カナダで働く中でカナダ永住権を持つ現在の事実婚(コモンロー)の彼と出会い、交際を開始。

その彼が私の永住権のスポンサーとなってくれたからです。

結果的2年の就労を終えて自力で永住権申請をするよりもはるかに早くカナダ移民(永住権取得)することができました。

実際に事実婚(コモンロー)移民申請をして驚いたのですが、結婚や事実婚で移民申請をする場合、英語力や学歴、年齢は一切問われないということです。

全く英語が話せなくても、どんなに年齢が高くても確実に移民できるのはこの移民プログラムだけです。

私が現在の彼とどうやって出会ったのか、出会ってたった1ヶ月で彼がスポンサーになってくれたのかは、動画レッスンにて無料公開中です。

期間限定リンクが切れる前に無料で私からのプレゼント動画を受け取り、あなたも外人パートナーとのカナダ移住生活を手に入れて下さいね。

カナダ永住権取得方法,申請条件の情報は移民コンサルタントのサポートが確実

カナダに移民する(カナダ永住権取得)方法を調べる際の情報収集にお勧めなのが移民コンサルタント数社に新規無料コンサルサポートを受ける事です。

移民コンサルタントにもよりますが、大抵初回コンサルは無料です。

AyaAya

私も一番最初にカナダ移民を考えた時は、真っ先に移民コンサルタント3社に問い合わせ、無料で私にとってベストな移民方法を教えてもらいました。

最終的に移民コンサルタント3社にお勧めされたのはカナダの公立の専門学校に通い、ポストグラジュエイトビザという就労ビザを取得

その就労ビザで就職して、カナダでの学歴と就労歴を使ってカナダ移民する

という移民プランでした。

私に取ってそれが一番確実な方法だと教えてもらったんです。

カナダ移民コンサルタントは移民関連のプロなので、アドバイスされたことはまちがいないです。

もし私が移民コンサルタントに言われた通り、ポストグラジュエイトビザでの移民を選んでいたら、数十万のコンサル費用を払い、お願いしていたと思います。

が、私の場合、残念ながら移民コンサルタントのサポート費用として支払うだけの貯金、ポストグラジュエイトビザを取得する為に通う公立専門学校の学費を払うだけの貯金がありませんでした。

移民コンサルタントに支払うだけの経済的余裕がある人は、信頼できる移民コンサルタントにお願いするのが確実だと思います。

参考:カナダ移民,移住したい!永住権申請条件とビザ取得方法【2018年最新版】

 

カナダ移民(永住権申請)費用を節約したい人必見無料のブログ記事

カナダ移民(永住権取得)したい!でも移民コンサルタントに支払うコンサル費用が全然足りない!

という当時の私のような人は本当に多いです。

事実、私の無料メルマガには登録して、私から無料で移民関連のアドバイスを受けたいという人は200人を突破しています。

 

AyaAya

私がカナダ移民(永住権取得)するまでにかかった費用を合計したら334万円でした。

その内訳はこちらの記事で詳しく話しています。

カナダ移住費用(ビザ申請,海外留学,移民後の生活費)は334万円!永住権取得した場合の就職事情も解説!

参考:カナダ移住費用(ビザ申請,海外留学,移民後の生活費)は334万円!永住権取得した場合の就職事情も解説!


カナダ移民したいけど移民コンサルタントにアドバイスされた方法では経済的に厳しい。
無料メルマガ登録者さんに、無料で200人以上にカナダ移民アドバイスをして来た私の経験から、そういう方が必要とする移民関連の情報をまとめた記事を書きました。

移民コンサルタントに支払うコンサル費用を払えないという当時の私と同じ状況の人は、こちらの記事をどうぞ:)

参考:カナダ移住後の仕事の現実(スキル,職歴,カナダでの学位なしの場合)

カナダ移住に失敗する日本人の共通点は○○!移民までの海外生活を充実させて移住失敗を免れる極意も伝授

カナダ移住のデメリットと海外永住権のメリットを移民した日本人の立場から解説

カナダ移住方法と移民後の厳しい仕事問題を永住権取得者が暴露します

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。