14466943_1191343890908417_315163131_o

バンクーバー在住で夏は毎日ビーチバレーボール
に明け暮れている私が
バンクーバー地元のビーチバレーボールコミュニティについて
紹介します。
スポンサーリンク

 

実はバンクーバーはビーチバレーボールが盛ん。

バンクーバーはビーチバレーボールがすごく盛んです。
バンクーバーダウンタウン周辺のビーチバレーボールスポットは

・キツラノビーチ

・サンセットビーチ

・イングリッシュベイ

です。
ダウンタウンから車で行く距離だと
・スパニッシュバンクスウェスト、

・スパニッッシュバンクスイースト
・ロカルノビーチ
インドアのビーチバレーボール場まであります
・6パックス

 

バンクーバーの現地ビーチバレーコミュニティに入る方法

ビーチバレーをしている友達がいれば、
その友達に紹介してもらってコミュニティに入ることができますが、
私はそういう友達がいなかったので
Meet upというスマフォアプリを使いました。
Meet UPはいろんなオフ会情報を見て、

自分が興味のあるオフ会に参加することができます。
例えば
・ハイキングが趣味の人一緒にハイキングに行きましょう

・中国語を勉強している人中国語オンリーでバーベキュー行きましょう

・英語を勉強している留学生たち集まれ

みたいな感じです。

自分が興味のある趣味を入力して検索すると
周辺でその趣味に関連したオフ会を探し出してくれます。
私はその「キツラノビーチでバレーボールをしたい人集まれ」
というミートアップに参加表明をして、
指定された場所、日時に一人でそこに行って
ビーチバレーを始めました。

 

仲がいい仲間、レベルが同じくらいの人が集まる

クローズドグループもたくさんある

私はミートアップで知り合って仲良くなったカナディアンたちと

新しいビーチバレーグループを作りました。
現在40人くらい在籍していて、
ラインの仲良しグループみたいなので
天気がよくてビーチバレー日和だと
「今日4時半からネット張るけど誰来る?」

「私5時からならいける

「6時半までならしかできないけど行くー」
などの会話がリアルタイムで流れて、
自分がビーチバレーがしたいときに仲間を募って

いつでもプレーできるようになりました。

私たちのグループのほかにも、女性だけのグループ、

男性だけのグループ、超ハイスキルなグループ
レクリエーションレベルのグループといろんなクローズドグループがあり
そのグループの中の人と仲良くなると、
だいたい誰でもそのグループに入ることができます。

 

ビーチバレーボールのネットについて

私は主にキツラノビーチでプレーしているのですが

よく日本人や留学生らしき人たちに

「そのネットはもともとここにあるやつ?」
と聞かれます。
答えはNOです。
キツラノビーチの場合、ネットを立てるためのポールだけ立っていて

ネットやボール、アンテナは基本自前で用意します。
が、ライフガードのところに行くと、ネットが借りられるみたいです。
また、キツラノビーチはダウンタウンから近いこともあり、
夏のビーチバレー日和の日には、朝の9時には10コートすべて
埋まってしまいます。私たちちのグループは、夏には
朝8時半に行ってコートの場所取り合戦に参戦します。

スポンサーリンク

夏のキツラノビーチはプロアマ問わず大会ばっかり

キツラノビーチは、プロのビーチバレーのトーナメントや
アマチュアのバレートーナメントが頻繁に開催されるので
私たちのような一般のプレイヤーはキツラノでは
プレーできないことが多いです。
私も私の友人が企画するアマチュアのビーチトーナメント
に出場したことがありますが、そういったトーナメントを行う場合、

朝の7時くらいにはキツラノについて、コート全面を
キープします。要は早い者勝ちなので、

そういうトーナメントが開催される場合、一般プレーヤーは
スパニッシュバンクスウェストやイーストに流れます。

グループに属さなくてもプレーはできる

ある程度ビーチバレーのスキルがあり、
2対2で対戦するのにすでにパートナーがいる場合は、
特にグループに所属していなくても、
自分でネットを持っていなくても、
知らない人といきなりプレーすることもできます。
自分たちのレベルと同じくらいのレベルのチームを見つけたら
「Can we challenge you?」

と聞けばいいんです。
すでにチャレンジされている場合はそのチャレンジが終わるまで

待たなくてはいけませんが、
他にチャレンジの申し込みがなかった場合、
そのチャレンジを挑んだ相手と対戦することができます。
私と私のパートナーはこの方法で、
毎回自分たちと同レベルもしくは自分たちより
レベルが高いチームを見つけるとどんどんチャレンジして
知らない人たちともたくさんプレーしています。
そしてこの方法で対戦して勝った場合、たいてい
他の誰かがチャレンジを申し込んでくるので、
さらにそのチャレンジを申し込んできた知らない人たちと
プレーします。勝ち続ければ勝ち続けるほど
たとえそのネットが自分たちのものでなくても、
次から次へと私たちを倒したいチャレンジャーたちが
チャレンジを申し込んでくるので、
8ゲームとか連続でプレーすることもよくあります。

ダウンタウン内のビーチバレーボール

ダウンタウン内のサンセットビーチ、イングリッシュベイにも
一応バレーボール用のポールがありますが、
サンセットビーチで1コート、イングリッシュベイで2コートしかありません。
サンセットビーチバレーコートに至っては、イギリス人男性Jさんが
コートをほぼ牛耳っており、Jさん以外のネットが張られることは
ほとんどないです。Jさんはすごくいい人で、
バレーのレベル問わずだれでも大歓迎
なので、Jさんと接触できれば、だれでも彼の
ビーチバレーグループに入ることができます。
が、1コートに対してたいてい10人くらい集まるので、
プレーはできますが、基本順番待ちとなります。

インドアビーチバレーボール場6パックス

冬、雨期に入ったバンクーバーでは
外でのビーチバレーができないので、
屋内ビーチバレー場6パックスによく行きます。
屋内ですがちゃんとビーチの砂があって、ネットが張ってあって、
日差しを気にせず雨も気にせず思いっきりビーチバレーができます。
入場料は15ドルです。
一度15ドル払えば何時間でも滞在可能です。
ただ、ビーチバレー以外にもアーチェリーや
子供向けのイベントが開催されたりするので
ビーチバレー用に開放される時間を前もってチェックして
から行く必要があります。
たまーにレディースデイで女性は入場無料の時がありますが
レディースデイの時は混雑しすぎてなかなかプレーできないので
お勧めしません。

ビーチバレーボールのトーナメント

ビーチバレーボールの正式な大会は

いろんなタイプのものがあります。

Co-edと呼ばれるのが男女混合

女性のみ、男性のみ

2対2

4対4

などです。

大体Urban Recという団体がビーチバレー関連の大会を
企画、運営していて、アーバンレクのウェブサイトから

メールアドレスなどの基本情報を登録して

お金を払えば大会に参加することができます。

カナダバンクーバーのビーチバレーボール事情まとめ

ダウンタウンを歩くとあれだけたくさんの日本人がいるのに、
私が知っているビーチバレーコミュニティには日本人はほぼいません。
100人くらい知っている中の2人くらいしか日本人はいません。
しかもその二人とも5,6年前に永住した永住者。
留学生はゼロ。日本人留学生こそバレーボール経験者で
現地のカナディアンの友達を作りたいと思っているのだろうから
積極的にビーチバレーに参加して、友達を作るなり

ビーチバレーを楽しみながら英語を勉強するなりすればいのになー

といつも思います。

キツラノで見かける日本人留学生たちは大抵日本人だけでつるんでいるか
韓国人とか南米系の留学生たちとつるんで
現地のカナディアンたちのコミュニティに進んで入ってこようとしません。
留学生、ワーホリの人こそ、勇気を出してビーチバレーコミュニティの
一因になってほしいと思っています。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。