capture

カナダ、海外のピル事情をまとめました。
避妊目的やや生理不順、生理痛を軽減するのに
有効とされる低用量ピルですが、
カナダ、海外ではどれくらい浸透していて
どのようにして手に入れることができるのか、

値段はどれくらいなのか。カナダ在住の日本人が
レポートします。

スポンサーリンク

カナダ、海外のピル使用率

カナダでは低用量ピルの使用率は日本よりかなり
高い気がします。日本でピルというと、
長年使うと体に悪い感じがするとか
服用するのに抵抗がある女性が多い気がしますが
カナダではピルに対する日本のような抵抗感は
それほど大きくないです。
日本では産婦人科に付随する薬局
でしか売っていませんが、カナダでは
処方箋さえあれば日本でいうマツモトキヨシのような
ショッパーズやロンドンドラッグなどの
一般的な薬局で買うことができます。

カナダの低用量ピルを処方してもらうには

カナダではファミリードクターに診察してもらい、
低用量ピルの処方箋を出してもらって
薬局でその処方箋を渡せばピルを買うことができます。
BC州の場合、BCの健康保険MSPに加入していれば
処方箋をもらうためのファミリードクターの診察費は
保険でカバーされます。が、ピル自体は保険でカバー
されません。種類にもよりますが、ピルの値段は
月20ー30ドルくらいです。
スポンサーリンク

日本でピルを買う場合も医師からの処方箋が必要ですが
医者の診察費もピル自体も保険でカバーされるものの
患者の一時負担となるので、診察費も含めると、
カナダのほうが若干安いかもしれません。

ピルは海外旅行保険適用外?!

留学、ワーホリなどで日本の海外旅行保険に加入している場合
ピルの処方箋をもらうための医師の診察費も、
ピル自体の金額も、保険で全額カバーされる可能性もあります。
海外旅行保険のプランにもよりますが、
基本的に海外旅行保険は、「海外旅行中に何らかの
病気や体調の変化が起きた場合」のみ保険適用となるので
海外に来てから精神的、肉体的なストレスで日本では
正常に来ていた生理が不順になってしまった場合、

「海外旅行中に起きた体の不調」とみなされるので

ピルを購入するのにかかった金額のレシートと、
医師の診断書(保険会社が用意した診療の内容や日時を
記入するフォーム)を保険会社に後で提出すれば
全額後で保険会社から支払いがあります。

一方で、単なる避妊目的や、日本で低用量ピルを使用していて
カナダでも継続してピルの使用を希望する場合、
「海外旅行中に起きた体の不調」とは何の関係もなくなるので
ピルの処方箋をもらうのにかかる診療費も
ピル本体のお金も、一切海外旅行保険ではカバーされません。

カナダの低用量ピルを買うのに必要となる処方箋の有効期限

低用量ピルの処方箋を医師に出してもらう際、
医師から「処方箋は6か月分がいいの?それとも1年分がいいの?」
と聞かれます。6か月分でも1年分でも診察料は変わらないので
1年分と答えたほうが、処方箋取得に伴う診察費は節約できますが
体の調子の変化でピルが体に合う状態か合わない状態かは
なるべく頻繁にお医者さんに診てもらったほうが
体のためには安心なので、体のことを考えるのであれば、6か月分の
処方箋のほうがお勧めです。
その処方箋をもってドラッグストアに行くと、
ようやく低用量ピルを買うことができます。

モーニングアフターピルについて

日本ではモーニングアフターピルは医師の処方箋が
必要なようですが、カナダの場合は処方箋なしで
薬局で直接買うことができるみたいです。
私は買ったことがないのですが、
友達が避妊に失敗したときに、友達の彼が
薬局でモーニングアフターピルを買ってきてくれた
と言っていました。男性が気軽に買えるくらい
カナダではモーニングアフターピルというのが
一般的みたいです。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。