capture

カナダの生理用品事情を、中国留学経験のある
カナダ在住日本人が比較してみました。

スポンサーリンク

カナダの生理用品(ナプキン、タンポン)

カナダの生理用品は一般的に日本のものに比べると
品質が良くないと言われます。
私も初めてカナダに留学した時は
留学エージェントのカウンセラーさんの話を聞いて
日本製の生理用品をスーツケースに詰め込めるだけ詰め込んだ

覚えがあります。
確かに、カナダの生理用品、特にナプキンは
日本のものとかなり違います。
一応日本から輸入された日本のナプキン、生理用品も
売っていますが、輸入品なので日本の倍くらいの値段します。
実際カナダの生理用品はいくつか試しましたが、
私は個人的に使い心地があまり好きじゃないです。
日本のブランドだとCenter-inに近い感じです。
基本的に薄いのですが、化学繊維っぽい感じが
あり、肌が弱い人などはかぶれやすいです。

カナダの生理用品はこんな感じ

capturea

羽根つき、羽根なし、多い日用、少ない日用
と日本と同じように様々なバリエーションがありますが、
日本みたいにふわふわで、サラサラで、つけてる時のストレスが
少ないカナダの生理用品はまだ見つけられません。
また、ナプキンを開いたときに日本のものは
カサカサ音が全くしなくて、一度パッと開くと
羽根の部分まできれいに開いてすぐ装着できますが
カナダのものはかなりカサカサ音がして、

日本のようにスムーズに開きません。
たいてい開いた時の内側に
つるつるの紙が挟まっていて、それを
自分ではがすひと手間が必要です。
日本の生理用品の優秀さが身に沁みます。

スポンサーリンク

カナダの生理用品はタンポンが主流?

カナダだとナプキンよりもタンポンの方が一般的みたいです。
ナプキンの使い心地がよくないからみんなタンポンなのかなー
と思います。
タンポン本体は日本とそれほど変わらないですが
やっぱり、タンポンが個別で入っている袋の質が
日本とカナダとで全然違います。
カナダのタンポンは個別の袋が結構簡単に
開いてしまうので、バックの中に入れておくと
いつの間にかバックの中でタンポンの袋が開いてしまっていて、
使用するときの衛生面が気になる時があります。

中国の生理用品事情

capture

私は中国にも留学していたのですが、

中国の生理用品もカナダ同様

日本のパーフェクトな使い心地を知ってしまっている
私たち日本人にとっては、到底満足できない
イマイチな感じでした。日本のメーカーのものも
日本と同じくらいの値段で売っていたので
中国製のナプキンより多少高くても
必ず日本製のものを買うようにしていました。

台湾の生理用品

台湾の場合、日本のメーカーのものが
日本よりも安い値段で売っていました。

カナダ、中国、台湾の生理用品比較まとめ

私たち日本人は、日本の生理用品の使い心地に慣れているので
他の国の女性用のものは、体質的に合わないのかもしれません。
カナダのもの、中国のものしか知らないカナダ人女性、
中国人女性は、自国の生理用品に特に不満はなく
普通に快適に使っていると言っていました。
生理用品の使い心地にこだわりがある方、
肌が敏感な方がカナダなどの外国に留学に行く場合は
なるべく多くの日本の生理用品を持っていくことを
お勧めします。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。