新ケアギバープログラム、ナニーでカナダ移住を目指す女性から「ナニーの仕事の探し方」について相談されました。

保育未経験の状態から、自力でカナダ移住のためのスポンサーとなってくれるナニーの雇用主を見つけた経験をもとにお答えしました。

スポンサーリンク

自力で仕事を見つけてカナダ移住します!

相談文の紹介の前に、カナダ移住を目指すこの女性のバックグラウンドを説明します。

Mさんはカナダ人の彼ができ、その彼とのコモンローでのカナダ移住を考えていたそうです。

でも、Mさんのカナダでのビザが切れて、日本に帰国してから彼と遠距離となってしまいました。

20代後半の彼はちょうど転職したばかり、給料面、仕事のストレスなどがあったそうです。

彼に仕事のストレスやプレッシャーがあるタイミングで、遠距離だったこと、コモンローでのスポンサーの話が絡んでいた事で、その彼との関係は終わってしまったそうです。

でも、カナダに移住したい気持ちが拭いきれず、その彼には頼らずに自力でカナダ移住しようと決意したとのことでした。

そこで、私に新ケアギバープログラムのナニーの仕事探しについて相談してくれました。

実は私も過去に遠距離が原因で外国人との彼と破局したり、遠距離を解消するためにとビザスポンサーになる、ならないという話があったために、破局した経験があります。

だからMさんの話は人ごととは思えず、相談にのっていました。

(もちろん全て無料です。カナダ移住の相談は、全て無料で行っています。)

 

Mさんからの相談が以下です。

スポンサーリンク

カナダ移住の仕事探し(ケアギバープログラム)について教えて下さい

メルマガ読者さんメルマガ読者さん

アヤさん、カナダだとこんばんはですね!
メッセージとボイスメッセージまでありがとうございます、こんなに親身になって下さってすごく嬉しいです❤❤❤
IMCでかなりお忙しい所、すごく感謝してます。
本当にありがとうございます。
やっぱり同じ立場や経験がある人じゃないと分かって貰えたりアドバイスも難しかったり、日本の友達に話したとしても、これっていうアドバイスを貰うのは難しくて…
私もボイスメッセージでお返事したかったのですがURLに貼り付け方が分からないのでメールになってしまいますが、アヤさんのアドバイスは絶対そうだって感じました。
アヤさんの日本での外国人の彼との話や、遠距離すごく共感できました。
やっぱりビザビザばかり言ってたら重いし、いくら好きでも助けられないですよね…
私もビザビザ言いたくなかったのですが、遠距離入る前や遠距離を続けるかどうかの話し合いでビザの話も含めて重かったと思います…
それでも関係を続けてくれた彼に感謝しないといけないんだなって反省です。
今は自分でどうにかしょうって誰かに寄りかかろうって考えは辞めました。
自分でナニーして永住権とって、その時にコモンローや結婚してくれる人がいたらいいなぐらいに思うようにしました。
実際、私もできるならナニーは嫌ですし、子供も姪っ子や甥っ子はかわいいですが、他の子は…って感じですけど自分でどうにかできる手段を考えたら頑張るしかないなって思いました。
年齢が20代後半でも、特に男性は仕事、経済的、精神的に余裕がないのに将来のパートナーなんて考えられないですよね…自分も年齢が若くないので焦りと不安がかなり出てしまったのかもしれません。
ナニーのスポンサー探しから始めて行こうと思っているのですが、アヤさんがブログでおすすめしてるサイトか探す時に、自分でも探してますの書き込みを書くのに、具体的にLMIAサポートしてくれる方、通いでと書いてしまった方がいいのですか?
もし例文とかあれば教えて頂けませんか?
今日本ですごく古風な会社で働いてるせいか余計に、カナダに戻りたいっていう気持ちが芽生えてます。
アヤさんのアドバイスの通り、とりあえず、スポンサーや手続きが完了してカナダ行けるようがんばります!
お忙しいとは思いますが、サイトの投稿例文を教えて欲しいです。
アヤさん毎回お返事ありがとうございます😊🙏🙏🙏

スポンサーリンク

 

カナダ移住の仕事探し(ケアギバープログラム)テクニック
AyaAya

Mさん
またまた返事が遅くなってしまいすみませんーー

))やっぱり同じ立場や経験がある人じゃないと分かって貰えたりアドバイスも難しかったり、日本の友達に話したとしても、これっていうアドバイスを貰うのは難しくて…

私もボイスメッセージでお返事したかったのですがURLに貼り付け方が分からないのでメールになってしまいますが、アヤカさんのアドバイスは絶対そうだって感じました。
そんな風に言っていただけてとってもうれしいですー。
私自身、カナダ移住を志したとき、国際恋愛で悩んだときに誰も理解してくれる人、相談する人がいなかったのでお気持ちとてもわかりますー。
))年齢が20代後半でも特に男性は仕事、経済的、精神的に余裕がないのに将来のパートナーなんて考えられないですよね…自分も年齢が若くないので焦りと不安がかなり出てしまったのかもしれません。
男性は一般的に精神年齢が女性より低いのと、女性みたいに出産のリミットがないので、感覚的には35才過ぎてようやく結婚を考える感じなのかなーと思います。
私の彼も39才でかなり仕事も収入も安定しているのですが、未だにコモンローです。
ようやく結婚を考え始めてくれた感じなので。
20代後半だったら、コモンローやスポンサーなんてまだ考えられないっていうのはいたって普通だと思います。

))ナニーのスポンサー探しから始めて行こうと思っているのですが、アヤさんがブログでおすすめしてるサイトか探す時に、自分でも探してますの書き込みを書くのに、具体的にLMIAサポートしてくれる方、通いでと書いてしまった方がいいのですか?

もし例文とかあれば教えて頂けませんか?
私のページがこちらです。
実際に使ったレジュメも添付しますね。
LMIAの事は一切書かない方がいいです。
書いてあるとせっかく興味を持ってもらえても、雇用主からの連絡が少なくなってしまうので。
(基本は誰もスポンサーなんてめんどうくさいことやりたくないですよね。)
ウソはダメなので、聞かれたら正直にスポンサーが必要と答えてください。
でも聞かれなかったら自分からは言わない。
面接などで
「この雇用主は私を雇ってくれそうだなー」
という好感触を感じたときに初めて
「スポンサーが必要なんです」
と言うように心がけました。
雇用主は、
「このナニーは信用できるかどうか、長年うまく付き合って行けそうなパーソナリティか」
を見ています。
実際に面接してみて、話が盛り上がったり、
「この子だったら一生懸命働いてくれそうだな」
と思わせる事ができれば、経験なんかなくても
「この子に子供の世話をしてほしい!」
とスポンサーになってくれます。
実際私もこのプロフィールを見た雇用主から連絡をいただき、面接の結果、未経験でもスポンサーになってくれました。
))今日本ですごく古風な会社で働いてるせいか余計に、カナダに戻りたいっていう気持ちが芽生えてます
私も資生堂で働いていた時はまさにそうだったのでめちゃくちゃ共感します。
))実際、私もできるならナニーは嫌ですし、子供も姪っ子や甥っ子はかわいいですが、他の子は…って感じですけど自分でどうにかできる手段を考えたら頑張るしかないなって思いました。
これも共感しますーー。
なので、保育未経験だったり、もともと子供が好きだからナニーをしたい!!
という女性でないと、ナニーとしての2年を終える前にあきらめて帰国する人が大半です。
でも、ナニーをやる2年で彼さえ見つかれば
「彼とカナダに暮らせるなら仕事なんてなんでもいい」
となるので、全力で彼をつくることをおすすめしています。
仕事なんてカナダ生活の一部にすぎないので。
彼が出来ればそこは割り切って出来るので大丈夫ですよ:)
私と同じで国際恋愛の壁(スポンサー、遠距離)を経験されてるMさんならわかってもらえると思いますが、ケアギバープログラムは、ワーホリ済みで資格やスキルがない女性が、カナダで働きながら滞在できるという意味では素晴らしいプログラムだと思います。
また、最初は保育未経験でナニーをすることにストレスや抵抗があっても、続けるうちに子供が可愛くて仕方がなくなります。
大変なのは最初だけで、なれてしまえば
「休日が続いて子供達に会えないと子供に会いたくて仕方なくなる。
 早く仕事の日にならないかなー。」
とまで感じるようになります。
応援しています:)

スポンサーリンク

カナダ移住の仕事探し(ケアギバープログラム、ナニー)無料相談受付中
新ケアギバープログラムのナニーとして、保育経験ゼロの状態から自力でスポンサーを見つけた経験。
そのスポンサーのもとワークビザを取得し、2年間働いた経験。
ナニーとして働く中で自力で彼を見つけて、その彼にコモンローのスポンサーとなってもらいカナダ移住した経験
これらの実体験をもとに、同じ境遇で悩む「カナダ移住したい独身女性」のカナダ移住相談に無料でのっています。
相談したい事がある方は、以下の無料メール講座に登録いただけると、私に直で連絡ができます。
バンクーバー在住の現役ナニーの女性は「ナニーの仕事探しコンサル」と称して600ドル請求してくるらしいです。
(私に相談してきてくれた複数人から聞きました。)
私はその人とは一切面識がないですし、彼女のように600ドル請求した事もありません。
請求するつもりもありません。
ナニーの仕事探し、新ケアギバープログラムに関しては全て完全無料で相談にのっているので安心してください。
相談は以下の無料メール講座からどうぞ:)

 

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。