カナダ移住するための仕事をどうしようか悩んでいるメルマガ読者さんより、相談を受けたので答えました。

大前提として、私は無料でそういった相談に乗っていますが、移民コンサルタントではありません。

新ケアギバープログラムのナニーとして、保育経験ゼロの状態からワークビザのスポンサーとなってくれる雇用主を自力で見つけ、移民コンサルタントを使わずに自力でワークビザを取得して2年働いた経験をこのブログに書いていました。

するとカナダ移住に悩む職歴や資格がない独身女性から「新ケアギバープログラム」に関する相談が殺到。

自身の経験を元にそれらの経験に全て無料で答えています。

スポンサーリンク

カナダ移住用ナニー仕事探しコンサル600ドル

先日バンクーバーで現役ナニーをしている女性(旧ケアギバープログラムで永住権を取得した女性)が、インスタグラムで「ナニーについて詳しく知りたい人は直で連絡を下さい。」

と大々的に宣伝し、直で連絡すると「ナニーに関する情報を600ドル」とナニーコンサルなるものをオファーしている事がJPカナダの掲示板で話題になっていました。

メルマガ読者さんから聞きましたが、掲示板で散々叩かれた後は「ナニーコンサルタント」という肩書きを変えて、インスタグラムにて集客を続けているようです。

 

移民コンサルタントの資格を持っていなのに、600ドルでナニーコンサルをするのは違法じゃないのか

というのが問題になり、掲示板は大炎上していました。

実際、600ドル払ったのに満足行くサービスを得られなかったという人、600ドルのナニーコンサルのオファーを受けて

「移民コンサルタントの資格がない人に600ドルも払う価値あるの?」

とその女性の存在に疑問を持ち、私のところに流れ着く人もたくさんいます。

 

私は、その女性とは何の面識もありませんし、その女性のように「ナニーの仕事探しコンサル600ドル」とオファーした事もありません。

これまで散々無料で新ケアギバープログラムのナニーについての相談にのってきました。

私はナニーの仕事探しコンサル600ドルを押し売りしてくる現役ナニーの女性とは完全に別人なので混同しないで下さい。

 

新ケアギバープログラムのナニーについて知りたい方は私の無料メール講座より私に直接相談してくださいね:)

無料メール講座の登録はもちろん無料、ナニーに関する相談も全て無料でやっているので安心してください。

 

スポンサーリンク

カナダ移住のナニーの仕事(ケベック州)

カナダ移住の手段としてナニーの仕事はケベック州でもできますか?

メルマガ読者さんメルマガ読者さん

あやさん はじめまして!
2018年1月にワーホリを終えて帰ってきました。
永住権や移民を視野に、次のステップを考えているものの、現地がケベック州なこと・フランス語が話せないことなどがあり、visiterしか無理なのか…と諦めています。
昨日、ケベック州の移民プログラムを調べた所、学校や申請料・サポート料などでトータル300〜400万かかると言われ絶望しました。

また、カナダ政府のビザなどの項目で、ケアギバープログラムは終わったと書いてありました。
やはり、ナニーとして働くこと・ケベック州なことは難しいのでしょうか。

私の簡単なプロフィールとして
語学スキルや保育経験などありません。
日本国内で使用できる資格やスキルのみ所持している状態です。

何かアドバイスなどがあれば是非是非お伺いしたいです!

スポンサーリンク

カナダ移住の仕事(ナニー、ケベック州)

AyaAya

メッセージありがとうございます。

))ケベック州の移民プログラムを調べた所、学校や申請料・サポート料などでトータル300〜400万かかると言われ絶望しました。

私の彼がイスラエルからケベック州のスキルドワーカープログラムで数年前に永住権を取得しました。
フランス語、英語が中級以上、ソフトウェアエンジニアとしての学歴と経験があったためです。
彼が永住権を取得した時は他の州と比べて、それほど難易度が高くなく、(フランス語がネックとなるため)申請して2年後くらいに永住権がとれたそうです。
でも、先日試しに彼のスキルレベルで永住権申請ができるか調べてみたところ、彼のスキルでは移民できない。
と出ていました。
ケベック州のプログラムもそれ以外の移民プログラムもどんどん移民のハードルが上がっているんだねーという話をしていました。
))また、カナダ政府のビザなどの項目で、ケアギバープログラムは終わったと書いてありました。

やはり、ナニーとして働くこと・ケベック州なことは難しいのでしょうか

旧ケアギバープログラム(live in caregiver program)は2015年11月に終了しました。
その後新しく導入されたのが新ケアギバープログラム(in home caregiver program)です。
私はこの新ケアギバープログラムで2年のワークビザを取得し、
働く中で現在の彼と出会って、
彼にコモンローのスポンサーと
なってもらったことで永住権申請ができました。
旧プログラムは住み込みが必須だったのが、
新ケアギバープログラムは原則リブアウト、どうしても住み込みでないといけない理由(夜勤があって泊まりがけで働いてもらう必要があるなど)がある場合のみ住み込みとなりました。
私はブリティッシュコロンビア州でスポンサーとなる雇用主を見つけて、ワークビザを取得したので、その経験談についてはいくらでもお話しできるのですが、ケベック州に関しては経験がないので詳しく説明する事ができません:(
ただ、CICのサイトを見ても、新ケアギバープログラムはケベック州では対象外とは書かれていないので、おそらくケベック州でも雇用主さえ見つかればナニーとして働く事は可能なのではと思います。
ただ、ケベック州で働く場合、公用語であるフランス語が話せないとナニーとしては難しいのかなと思いました。
))私の簡単なプロフィールとして
語学スキルや保育経験などありません。
日本国内で使用できる資格やスキルのみ所持している状態です。
私も保育経験はゼロでしたが、英語は問題なく話せたので、自力でナニーの雇用主を見つけ、ワークビザを取得する事ができました。
参考までに私は、アルバータ州のTLCエドモントンにてケアギバー養成学校に通いました。
でも後で知った事なのですが、わざわざそういったケアギバー養成学校に通わずとも雇用主さえ見つければナニーとして働く事が可能です。
詳しくは、
こちらのページに新ケアギバープログラムについて書かれています:)
私は移民コンサルタントではないので、
私の経験談からしかアドバイスできません。。。
でも、ケベック州以外のナニーの仕事探しに関しては何でもアドバイスできるので、私が答えられそうな事であれば、何でも聞いてくださいね。
応援しています。

 

 

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。