キdャプチャ

バンクーバー(カナダ)の賃貸契約のトラブル経験談と、経験を基にした私なりの対処法をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

カナダバンクーバーで賃貸物件を探すときのサイト

クレイグスリストCraigslist

賃貸の掲載数は一番多い。

利用者も一番多い

格安物件も高級物件もあり

英語のみのやりとり(たまに日本人の掲載者あり)

1年契約→月ごとの契約更新のパターンが多い(長期で住みたい人が優先される傾向ありなので永住権保持者、1年以上の留学など長期滞在者向け)

家具無し家具付き両方あるが家具無しのほうが多い

以前バンクーバーで住んでいた部屋のオーナーのリファレンスが必要なところあり

オーナーと直接契約を交わしてから家賃の半額を敷金として払う

Craigslist apart and housing

 

JPカナダ

→日本語の掲示板

→オーナーは英語しか通じない場合が多いが、基本的にはそこに現在住んでいる日本人シェアメイトとのやり取りがメイン。オーナーとは英語が通じなくても、ここに賃貸掲載しているオーナーは比較的信頼度が高い日本人に住んでほしいと思っているので、英語ができなくても多めに見てくれる。

→学生向け格安物件が多め。1ベッドルームを3~5人でシェアなど

→1か月のみなど短期の契約も多い

→一般的なワーホリや留学など、1年以内の短期契約にもフレキシブルに対応してくれるところがほとんど

→高級物件もあるけど少なめ

→家具付きもしくは家具のテイクオーバー(入居時に家具を買い取って、退去時に次の入居者に同じ値段で売る)のが一般的

オーナーと契約前に、現在住んでいる人に家賃の半額を敷金として払うと部屋の賃貸が成立(オーナーとやり取りなしで完全に日本人同士の信頼で成り立っている)

JPカナダ賃貸

 

パッドマッパー

掲載数や利用者がクレイグスリストよりは少ないがそれ以外はクレイグスリストとほぼ同じ

地図上に賃貸物件一覧が出るので、エリアを限定して調べたい場合に他のサイトより便利

キャプチdddddャ

Pad mapper Vancouver

 

カナダバンクーバー賃貸オーナーとのトラブル(実体験)

彼と1年間住んだ1年契約の家を引っ越すときにおこった部屋の個人オーナーとのやり取りです。

 

私と彼はカナダ人中年女性が所有するアパートの一室を1年契約で借りました。

契約の際に彼女と1度会って契約書に連名でサインして以来1年間、

家賃を銀行振り込みで彼女に送る以外、

彼女から連絡してくることも部屋を訪ねてくることも一切ありませんでした。

 

 

 

契約したときはとても親切で感じのいいマダムだったのですが、

私たちが1年契約が切れる30日前に「他の家に引っ越します」

というメールをすると、5日間沈黙が続き、そのメールから5日後、狂ったように激怒しました。

 

電話番号と彼女の住所は知っていました。

彼女の怒り狂ったメールに驚いた私たちが彼女に何度か電話しても

一度も出てくれませんでした。

 

メールでひたすら「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」

「部屋を出る際は1か月前までに伝えることって契約書に書いてあったでしょ。」

「これは契約違反よ」と一方的に引っ越しの申し入れを拒否し続ける彼女。

「あなたたちの希望なんて関係ない。部屋を出るっているのが遅かったからあと1か月はここに住んでもらう。そうでないと預かっていた敷金は返さない。」

 

 

 

 

 

私たちの賃貸契約書の解釈

私たちは1年間の契約で部屋を借りました。

契約書には

「1年間の契約満了後は1か月ごとのリース契約」

となっており、1年たったら契約は自動的に切れるものだと思ってました。

 

私たちは8月末の契約満了に向けて、7月25日ころから9月契約スタートの

部屋を探し始めました。

スポンサーリンク

9月からの部屋が見つかり、新オーナーと契約したのが7月31日。

8月1日にメールで現オーナーにメールで退去の旨を伝えたところ、

オーナーが狂ったように激怒したのです。

 

 

契約書を読んでみると、1か月前に退去を伝えることとは書いておらず、

「The Actに従って契約更新をすること」

 

とありました。このThe Actというのが私たちが住むブリティッシュコロンビア州の

賃貸契約法のことらしく、この法律によると、

「入居者は退去の1か月前に書面でオーナーに退去の旨を伝えること」

 

とあります。

 

つまり私たちはオーナーの言う通り

退去30日前(1か月を1日切っていた)

に退去すると伝えたので

契約違反だったみたいです。

 

それにしても1日くらい。。。。ダウンタウンの

中心にある立地がとてもいいきれいな部屋だったので

3日も広告を載せれば入居希望者なんてすぐ集まるような人気物件。

 

1日遅れたくらいでそこまで怒り狂わなくても

たぶんオーナーが損失を被ることなんてないのに。

 

敷金を返したくないだけなの?

 

 

新入居先には敷金を払ってるし、絶対に来月までに退去したい



仕方なく、私たちの代わりに来月から住んでくれる人を自力で見つけることにしました。

8月5日、現オーナーから狂ったメールが来たことを受け、

すぐに賃貸掲示板に掲載。

 

現オーナーに自分たちで来月から住んでくれる人を見つけるから。

こういう広告を載せましたと掲載のURLをのせた

メールを送ると

 

「あんたたちわかってる?

The Actによると退去者は退去する

1か月以上前に“書面で”オーナーに

知らせなくちゃいけないの。

あんたたちはメールで言ってきたけど

“書面で”は私に伝えてないから

まだ退去することになってないの。

あと、この掲載気に入らないから削除して。

私が自分で掲載するから。」

 

とあざ笑うかのようなメール。

 

腹が立ったものの、仕方なく

彼女に言われたとおり、彼女の住所に

手紙を送り、そこに退去の旨を伝える

文を書きました。

 

オーナーに広告削除されるまでの掲載期間わずか2日で見学希望者4組

オーナーに広告を削除されたものの、削除される前に

すでに4組から見学希望の連絡がきて、

4組とも部屋を見せたところ1年以上の契約で住みたいと即決。

 

オーナーに

「最高の立地と素敵な家具、生活な部屋が超好評で

みんなかならずあなたの部屋を気に入るんですよ。

2日しか掲載してないのに4組も入居希望者がきてます。」

 

と彼女の部屋をべたぼめつつ、入居希望者の連絡先リストを

彼女に送ると、気をよくした彼女は

「まぁ私の部屋だから当然よね。入居者見つけてくれてありがとう」

 

とその4組の中から彼女好みの入居者を決めたようです。

 

それからの彼女は以前のようにただの親切なおばさんに戻り

あの無駄なやり取りと気苦労とストレスは何だったのかとあきれました。

 

契約内容をきちんと理解していなかった私たちの責任ですが、

それにしてもあそこまで私たちを攻撃する必要あったのか?

腹立たしいですが、とりあえず穏便に済んだので良かったです。

 

あのオーナー、どうやら境界性人格障害っぽいです。

境界性人格障害の記事はこちら

境界性人格障害の特徴を持つ女性と家族としての接し方を模索した体験談

 

 

カナダバンクーバー賃貸まとめ


私たちのような目にあわないために、

オーナーとの契約書はきちんと把握しておくこと、

ブリティッシュコロンビア州の賃貸契約法を熟知しておくこと

退去日をいつまでに伝えるのかは契約時にオーナーに聞いておくのがベスト

 

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。