カナダ移住したいけど費用はどれくらいかかるの?

AyaAya

海外留学費用、ビザ申請費用、日本と比べると生活費って高いのか安いのか•••。

などなど、カナダ移民、永住権取得、現地就職を目指す場合、わからないことだらけですよね。

そこで、今回のブログ記事では、

海外留学(カナダ、中国、アメリカ)

カナダで就労ビザを取り就職

カナダ永住権申請

カナダ移民生活

という私の実体験から、これまでにかかったカナダ移住費用をゼロから計算し直してみました。

 

カナダ移住(留学、カナダ永住権申請、カナダ移民して海外生活)を考えている人は必見のリアルなお金事情です。

カナダ移住の費用(ビザ申請、海外留学、永住権取得、移民後の生活)はひとそれぞれ

カナダ移住にかかる費用は、「どの移民方法でカナダ永住権取得を目指すか」によって全く異なります。

例えば、私のイスラエル人の彼は、ケベック州のスキルドワーカーとして、ソフトウェアエンジニアの枠でカナダ移住申請しました。

彼の場合イスラエルで普通に生活しながら、カナダ移住申請に必要な書類(戸籍謄本、大学の卒業証書、成績証明書など)を集めて、カナダ移民局に郵送。

後日ケベック州でカンタンな面接を受けて、無事カナダ永住権取得、カナダ移住となったので、

カナダ移住のために学校に通ったり、移民コンサルタントに多額なコンサル費をはらう必要はありませんでした。

かかったのは永住権申請費用や健康診断の費用、カナダへの片道航空券くらいで、合計20万円もかかっていません。

AyaAya

一方私は彼と違って「海外で通用するスキルや職歴」がなく、ワーキングホリデービザも使用済み。
経験も資格も完全ゼロの状態からカナダで不足しているケアギバー(ナニー)として2年間のワークビザを取得、ナニーとして働く中で出会った現在の彼がコモンローのスポンサーとなってくれ、カナダ移住に至りました。

なので私の場合はカナダ移住にかかった費用として

・日本→カナダの航空券

・移民プログラム向けケアギバー養成学校の留学費用

・留学→就労ビザ取得→就職して給与が得られるまでの生活費(アルバータ州の場合)

・カナダ永住権取得までの生活費用(バンクーバーの場合)

が、カナダ移住にかかった費用の合計となります。

↓資格もスキルもゼロ、ワーホリ済でもカナダ移住+コモンローの彼ができた方法を無料で公開しています。

期間限定リンクが切れる前にどうぞ。

カナダ移住費用(ビザ申請,海外留学,移民後の生活費)は334万円

私の場合、カナダ移住にかかった費用の総額は334万円でした。

未経験のナニー

コモンローのファミリースポンサーシップで永住権申請

の流れでカナダ移住した私の場合の、カナダ移住にかかった費用の内訳はこちらです。

1、移民プログラム向けケアギバー養成学校の留学費用

7ヶ月間、約50万円

2、留学→就労ビザ取得→就職して給与が得られるまでの生活費(アルバータ州の場合)

家賃(シェアハウスの一部屋) 月4万円×7ヶ月=35万円
生活費 月3万円×7ヶ月=21万円

3、カナダ永住権取得までの生活費用(バンクーバーの場合)

家賃(1bed room、彼と同棲、シェアメイトなし) 月16万円×12ヶ月=192万円
生活費 月4万円×12ヶ月=36万円

1、2、3合計でかかった費用

AyaAya

計算してみたら、カナダ移住(カナダ永住権取得まで)にかかかった合計額は日本円で約334万円でした。

参考:スキルなしでカナダ移住したいなら絶対読んでおくべきブログ記事まとめ

カナダ移住にかかった費用334万円の解説

1、ケアギバー(ナニー)になるためのケアギバー養成学校の留学費用

7ヶ月間、約50万円

アルバータ州エドモントンにあったTLCエドモントンに通いました。

私が通っていたのは2015年12月から2016年6月まで。

現在は私が通っていた時と経営母体が変わっていますが、カナダの専門学校としては学費が格安なのは今も変わっていません。

AyaAya

2015年11月までの旧ケアギバープログラムでは、ナニーの資格、もしくはナニーとしての2年以上の経験がない場合は7ヶ月以上のケアギバー養成学校に通わなければワークビザは取得できませんでした。
でも、現在のプログラムでは完全未経験で学校に通わなくてもワークビザは取得できます。

2、学校に通っている間の生活費(アルバータ州エドモントン)

家賃:シェアハウスの一部屋/月4万円×7ヶ月=35万円

生活費:月3万円×7ヶ月=21万円

私が通っていた時は校長先生が所有するシェアハウスを格安で生徒に貸し出してくれていました。

学校からも徒歩10分もかからない場所の比較的キレイで家具や生活用具も全てそろった快適なシェアハウスの一室の家賃が光熱費、wifi込みで月475ドル

AyaAya

生活費は、真冬で外がマイナス20度にもなる極寒だったためあまり出歩かず、家に引きこもっていたので食費以外はあまりかかりませんでした。
特に節約生活を心がけていた訳ではありませんでしたが、観光に行くような場所があまりなく、冬はとにかく寒いので自然とお金を使わない質素な生活となりました。

※専門学校に通う学生ビザの場合は州20時間までアルバイトする事ができます。

3、コモンロー成立までの生活費用(ブリティッシュコロンビア州バンクーバー)

家賃:1ベッドルーム、ダウンタウン、彼と同棲、シェアメイトなし

   月16万円×12ヶ月=192万円

生活費:月4万円×12ヶ月=36万円

シェアメイトなし、海に近くて、ダウンタウンがいいという彼のたっての希望で、最初の1年間住んでいた1ベッドルームの家賃は月1850ドルでした。(光熱費、Wifi、駐車場、家具込み。

AyaAya

ダウンタウン郊外ならシェアなしでももっと安い部屋がいくらでもあります。

(現在は別のアパートに引っ越しました。)

そのうち車を買うつもりでしたがダウンタウンに住んでいると車が必要ないという結論にいたり、結局車は買いませんでした。

生活費は、BC州の健康保険が月37.50ドル

私も彼も朝ご飯とお昼ご飯はほとんど職場が用意してくれるので、外食費込みでも食費は月300ドルくらい(ほとんんど自炊)

休みの日はビーチバレーか、ロッククライミングなのでお金はほとんどかかりません。

車はありませんが、ダウンタウン在住のバレー仲間かクライミング仲間の車に乗せてもらえるので、不便な事はあまりないです。

参考:カナダLMIA自力でやってコンサル費30万節約しよ!ケアギバープログラム編

スポンサーリンク

節約すればカナダ移住費用はもっとおさえられる!

私の場合、カナダ移住(カナダ永住権申請)までにかかった費用は約2弱(20ヶ月)でおよそ

334万円。

かなりアバウトなのは、「必死で節約!」という感覚がなく、正直あんまり覚えていないからです(笑)

必要な分だけお金を使う。

多少お金がかかっても、その時食べたかった物、買いたかったものはムリにガマンしない。

というスタンスでした。

家賃だって、シェアメイトあり、郊外であれば、月700ドルくらいから住める場所はありますが、

彼のたっての希望でちょっと割高な部屋をあえて選んでいました。

AyaAya

この2年間衣類はほっとんど買っていませんが、
「お金がないから、節約のため」
という考えではなく、特に必要性を感じなかったからです。
カナダ移住して物欲がぱったりなくなったので、家賃は日本よりかかりますが、総合的な支出はかなり減りました

参考:カナダ移民(移住)しやすい仕事(職業リスト)でカナダ永住権を取得する

カナダ移住の費用は現地で自給自足も可能

AyaAya

私の場合、「仕事を辞めたい!日本社会から逃げたい!」
という感情的な勢いで仕事を辞めて、いきなりカナダに来ているので(笑)
カナダ移住の費用はそれほど貯まっていませんでした。

そんな感じなので、カナダに来る前に334万円もの貯金はありませんでしたが、専門学校に通いながら週20時間までアルバイトができるし、ワークビザが取れればフルタイムで働く事ができます。

最初の学費と半年分くらいの生活費、合計100万円くらいカナダ移住費用として用意しておけば、カナダに行けばあとは何とかなるでしょ!!

といったかなり楽観的な考えでしたが、実際どうにかなりました。

参考:カナダ移民,移住したい!永住権申請条件とビザ取得方法【2018年最新版】

カナダ移住費用を計算する際の現地平均給与を調べる方法

カナダ移住費用を計算する際にポイントとなるのが、就労ビザを取得してカナダで働いた場合の給与がどれくらいになるかです。

というのも、カナダ移住にかかる費用は、カナダで働きながらまかなう事ができるからです。

AyaAya

私は自身がカナダ移住した経験をこのブログで情報発信しています。

このブログを読んでカナダ移住の相談をして下さる方の大半の悩みは

「カナダ移住するのに費用はどれくらいかかるのか。日本でいくら費用を貯めれば無事カナダ移住できるか」

という点です。

私はカナダ移住までに334万円かかりましたが、その全てをカナダに来るまでに稼いだ訳ではありません。

 

実際、日本に来るまでに貯まっていた貯金は100万円もありませんでした。

でも、カナダで就労ビザを取得してカナダでお金を稼ぎながら、永住権取得までカナダで生活することができたので、それでも全く問題なくカナダ移住する事ができました。

 

外国人が就労ビザを取得してカナダで働く場合、職種や働くエリアによって平均給与はかわります。

エリア別、職種別の平均給与はこちらのサイトから調べる事ができます。

参照:Average Salary in Canada – Average Canadian Salary

参考:カナダ永住権に繋がる職業リストとポイント制度を徹底解説

カナダ永住権を取得した場合の就職(日本との違い)

カナダ永住権を取得してから、私は自営業で仕事をしているので就職はした事がありません。

AyaAya

イスラエル人の彼は海外での就職もすんなりいきました。

自分の母国、イスラエルでの就職活動と変わらなかったとのことでした。

彼の場合、ソフトウェアエンジニアとしてのイスラエルでの実務経験を買われたので、カナダ人の平均月収よりも高い給料からのスタートで就職できました。

 

カナダの場合、日本の就職制度のように、新卒採用システムはありません。

完全実力社会のなので、いくら経験があっても実力がなかったら採用されないし、採用されても使えなかったらクビです。

参考:カナダ移住後の仕事の現実(スキル,職歴,カナダでの学位なしの場合)

移民コンサルタントサポートを受けた場合のカナダ移住費用

カナダ移民コンサルタントサポートを受けた場合、カナダ移住にかかる費用は移民コンサルタントごとに異なります。

私はカナダ移住を志した時に、移民コンサルタント3社に問い合わせました。

3社とも初回のメール、スカイプでのやり取りは無料。

AyaAya

本格的に移民申請のサポートを受ける場合、コンサル費用が30万前後かかるという感じでした。

私の場合、カナダ移住するために専門学校に通う学費で費用がギリギリだったので、移民コンサルタントにサポートをお願いする事はできませんでした。

カナダ移住費用に余裕があれば、移民コンサルタントのサポートが受けるのが確実ですし、心強いです。

私が最初に問い合わせた移民コンサルタント事務所では、100%のサポート体制で○十万円のコンサル費用という選択肢しかありませんでした。

でも、私の無料メルマガ読者さんからの最新情報に寄ると、部分的な移民アドバイスおサポートだけで、移民申請は原則自分でやるというスタンスの場合、数万円ほどのコンサル費用でサポートしてくれる所もあるみたいです。

移民コンサルタントのフルサポートを受けるほどの経済的余裕はないけど、一人では不安なので専門家からのアドバイスもほしいという人は、部分的な移民アドバイスサービスをしてくれる移民コンサルタントにお願いしてみるのがお勧めです。

参考:カナダ移住のデメリットと海外永住権のメリットを移民した日本人の立場から解説

カナダ移住費用をおさえるのに役立つ有料級のブログ記事まとめ

カナダ移住にかかった費用、実体験を元にお話しして来ましたがいかがでしたでしょうか?

カナダ移住 費用(もしくはそれに関連したキーワード)で検索したあなたは、おそらく

「カナダ移住はしたいけど、準備できる費用に限界がある」のではないでしょうか?

費用が無限にあるのだったら、そんな心配する必要ないですもんね。

AyaAya

そして何を隠そう、私自身も、カナダ移住を志したときは移住にかかる費用が想像もつかなくて、「カナダ移住 費用」で検索しました(笑)

そういうあなたや過去の私に「実際にカナダ移住を成し遂げた実体験」を元にカナダ移住費用についてお話しすると

「結構何とかなります。」

というのも、私はそれなりにカナダ移住に向けて準備して来たタイプですが、実際にカナダ移住している外国人達はそこまで深く費用の事を考えず、何となーく来て、何となーく仕事を見つけて、何となーく移住できた。

みたいなテキトーな人が多いです。

AyaAya

で、そういうテキトーだけど特に苦労もせずにカナダ移住できちゃっている外国人たちって、不思議と「お金、費用の心配」を全くしないんです。

逆に「カナダ移住を実現する前に移住費用が底をつきてお金がなくなったらどうしよう。。。」

と生真面目に考えすぎてしまう日本人ほど、カナダに来てお金で苦労しています。

「思考は現実化する」

という本が世界的なベストセラーとなりましたが、まさにその通りだなーと思います。

カナダに移住したいけど費用がどれくらいかかるか分からなくて不安

という人は、

「お金がなくなるかもしれない」

という恐怖、不安を手放してみて下さい。

意外と私みたいにたいして貯金なんてなくても、カナダ移住できちゃうものですよ。

私が対して貯金もないのにカナダ移住できるまでにあつめた永住権取得方法、カナダ移住申請のプロセルなどをまとめた有料級のブログ記事はこちらです。

参考:カナダ移住に失敗する日本人の共通点は○○!移民までの海外生活を充実させて移住失敗を免れる極意も伝授

参考:カナダ移住後、カナダで仕事を始めたら○○がぽっかりなくなった!

参考:カナダ移住の条件や費用についての相談に答えました。

参考:カナダ移住方法と移民後の厳しい仕事問題を永住権取得者が暴露します

参考:カナダ移住後の仕事、トロントとバンクーバーどっちがいい?

カナダ移住にかかる費用まとめ

カナダ移住にかかる費用は、どの永住権取得制度を利用するかによってかなり変わってきます。

また、同じ移住制度を利用しても、ワークビザのスポンサー探しに本気でエネルギーを注げ最短で見つけることができ、移住費用をおさえる事ができます。

AyaAya

一方でワークビザのスポンサー探しに「見つかればラッキー」程度の行動量で対した努力もしない人は、いつまでたってもスポンサーが見つからずにカナダ移住費用はかさんでいきます。

カナダ移住にかかる費用を抑えたければ、自分の能力やスキル、経済能力にあった方法を自分で見つけて、

「この方法」と決めたらそれに向かって猛烈に行動する事が重要です。

国際恋愛、国際結婚して海外に移住したいあなたにおすすめの記事

子連れでカナダ移住目指しビザ取得!実際起こった問題と移民するデメリット

カナダ移住のメリット;日本独自の気遣いに感動できる

バンクーバー移住方法と移住後の実は厳しい現実

移民が多い国カナダの移民問題,カナダ移民政策の強みをランキング式で解説

カナダ移民する日本人(日系カナダ人)は○○な人!永住権保持者が徹底解説

カナダ移民になりたい?永住権取得方法や申請条件,取得までの費用を解説!

カナダ永住権のポイント制度と移住後、移民になった後の厳しい現実問題

カナダ移住(永住権取得)費用とカナダ移民ビザ申請の方法を解説!

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。