カナダ移住に関する質問をブログにいただいたのでお答えします。

私は移民コンサルタントではないので、カナダ移住取得の専門知識はありません。
私がカナダ移住を自力で実現した経験談と、私のイスラエル人の彼氏が、スキルドワーカーとして自力でカナダ移住した実体験から、答えられる範囲で質問にお答えします。
(私も彼も移民コンサルタントなしで自力でカナダ移住できました。)

申し訳ないのですが、カナダ移住に関する相談が私の元に殺到しているため、相談に対する受け答えは私のメール講座登録者さんに優先的にお答えしています。

そのため、ブログへのコメント返信は2ヶ月以上かかることもあります。

なるべく早く私からの返事が欲しいと言う方は、メール講座から私に直接お問い合わせください:)

メール講座に登録していただいた方にのみ、私の個人SNSを公開しているので、各種SNSからの個別メッセージ、もしくはメール講座のメールに返信していたぢくかたちでメッセージいただければ、お返事します。

メール講座も相談への返信も全て無料ですのでご安心下さい。

スポンサーリンク

カナダ移住についての相談

カナダ移住に関していただいたご相談がこちらです↓

はじめまして。
カナダ移民を家族で検討している者ですが教えていただけますか?

1:現在、41歳ですが、永住権の申請に年齢制限はありますか?

2:バンクバーで家族4人で贅沢せずに、ボロ屋に住んで、ザックリ、毎月いくら程度生活費が掛かりますか?(学費除く)

3:日本人で会計の仕事の需要はありますか? バンクバーには数件の日系会計事務所があるのがネットでわかりました。 (世界大手ではなく、ローカル企業でした)
また、トロントには日系ローカル立上げの会計事務所は無いようです。 バンクバーの特徴でしょうか?

4:カナダの医療は、無料ですが、質はどうですか?待ち時間が長いのは仕方ないと思います。 命に関わる病気、怪我、 緊急時の対応は良いですか? 別に医療保険はもたれていますか? 年間で幾ら位しますか?

5:子供は2歳と4歳ですが、 小学校は無料ですか?

6:トロントとバンクバー? どちらが好きですか?仕事を探すならトロントかなって思います。 学費がバンクバーの方が安いのかと思います。BCITの会計学部に興味があります。年間200万円程度でした。就職率も良いと聞きました、コネが出来る理由と聞きました。 カナダではコネ、紹介が就職には大切ですか?

以上、たくさん聞いてスイマセン。
お時間の許す時にご連絡いただけますか?
お願いします。

スポンサーリンク

カナダ移住の条件

いただいた質問1つ1つ応えていきます。

1:現在、41歳ですが、永住権の申請に年齢制限はありますか?

私個人の見解

!永住権申請プログラムによって年齢の制限は変わります。!

例えば、私が永住権取得のためにワークビザを取得したケアギバープログラムでは、ワークビザ申請も、永住権申請も年齢制限は特に設けられていません。

事実、私の知り合いの日本人の現役ケアギバーは、アラフィフでもワークビザを取得できました。

2年働けば永住権申請ももちろん可能です。

一方で、いわゆるスキルドワーカーの移民プログラムでカナダ永住権申請する場合は、年齢が若ければ若いほどカナダ永住権を取得できる確率が高くなります。

私のイスラエル人の彼氏は、ケベック州のスキルドワーカープログラムで、ソフトウェアエンジニアとしてカナダ移住しました。

彼が33歳の時です。

彼がこのカナダ永住権取得プログラムを利用した時は、年齢は25から45歳くらいがベスト的な感じだったそうです(6年以上前の事なのでうろ覚えですが)

このポイントプログラムは、言語レベルの高さ、(ケベックの場合はフランス語)需要のある職業の学歴の有無、その職業での職歴の長さ、年齢の若さなどによってポイントが加点、減点されます。

彼の場合は年齢はそれほど若くなかったですが、職歴や言語レベルの高さから、カナダ永住権取得に十分なポイントをゲットでき、無事カナダ移住できました。

スポンサーリンク

カナダ移住の費用

2:バンクバーで家族4人で贅沢せずに、ボロ屋に住んで、ザックリ、毎月いくら程度生活費が掛かりますか?(学費除く)

↓私の個人的見解
私は彼との二人暮らしなので、お子さん2人にどれくらいの生活費がかかるかはちょっとわかりかねます。

ただ、彼との二人暮らしでルームメイトなしの場合、家賃はバンクーバーダウンタウン周辺の交通の便がいい立地だと、ボロ屋でも1500〜2000ドルします。

健康保険は、BC州のMSPに加入しており、一人当たり月75ドルで、診察はタダ、薬代だけ自己負担です。

健康で全く病院にかからない場合、この月75ドルはもったいないなーと正直思ってしまいますが、いざという時のために加入しています。

家賃に関してはピンキリで、リッチモンド、バーナビーなどバンクーバー郊外や、治安がよろしくないチャイナタウンエリアだと格安な物件もあります。

が、郊外に住む場合は車がないと不便なので、家賃がかからない代わりに車の維持費、保険がかかります。

私たちもバンクーバー中心部だとボロ屋でも家賃が高すぎるので、郊外への引越しも検討しました。

でも、そうなってくると結局車の維持費がかかるんです。

郊外だと家賃安くても車が必要だから不便なくせに高くつくなー。

ということで車を持たず、中心部のボロ屋におさまっています。
(1ベッドルームにリビングルームのボロ屋で、月1500ドル前後です)

食費については、自炊すれば日本と変わらないくらいでやっていけますが、レストランは日本よりちょっと高いです。

普通のレストランでも、チップを入れて一食1人10〜15ドルくらい。

カナダ移住後の仕事の需要


3:日本人で会計の仕事の需要はありますか? バンクバーには数件の日系会計事務所があるのがネットでわかりました。 (世界大手ではなく、ローカル企業でした)
また、トロントには日系ローカル立上げの会計事務所は無いようです。 バンクバーの特徴でしょうか?

5:子供は2歳と4歳ですが、 小学校は無料ですか?

↓私の個人的な見解

カナダで会計関係の仕事をしている知り合いがいないのと、私自身会計事務所を使ったことがないのでわかりかねます。

また、こどももいないので、移住後の永住者の子供の学費がどうなるのかわかりかねます

カナダ移住の費用(医療)

4:カナダの医療は、無料ですが、質はどうですか?待ち時間が長いのは仕方ないと思います。 命に関わる病気、怪我、 緊急時の対応は良いですか? 別に医療保険はもたれていますか? 年間で幾ら位しますか?

↓個人的な見解
医療費については既に書いたのでここでは割愛します。

待ち時間はほとんどないです。
というのも、完全予約制なので、予約した時間に行けば数分で診察を受けられます。

命に関わる病気や怪我をしたことがないのでわかりかねます。

医療保険はBC州のMSPの他に、彼の会社の福利厚生の1つで、歯科を、カバーしてくれる保険に入っています。
彼の彼女というだけで(結婚はしていません)彼の会社が私の保険料まで払ってくれているので、自分では払っていません。

彼の会社がはらってくれていなければ、わざわざ自費では入っていないと思います。
なくても問題ないので。

カナダ移住後どこに住む?

6:トロントとバンクバー?
どちらが好きですか?
仕事を探すならトロントかなって思います。
学費がバンクバーの方が安いのかと思います。
BCITの会計学部に興味があります。
年間200万円程度でした。
就職率も良いと聞きました、コネが出来る理由と聞きました。
カナダではコネ、紹介が就職には大切ですか?

↓私の個人的な見解
トロントは旅行程度しか行ったことがないので、よく知らないというのもありますが、私はバンクーバーが大好きです。

私は20歳の時に初めての海外留学でバンクーバーに3ヶ月、ビクトリアに半年住みました。

一言ではうまくいい表せないのですが、とにかく居心地が良くて、その時のバンクーバーでの生活が、その後何年も忘れられなかったんです。

ついには日本での仕事を辞めて、何のアテもないのにバンクーバーに来て、そのまま居着いてしまいました(笑)

コネや紹介はもちろんあるに越したことはありません。
が、ないと就職できないわけではありません。

私はナニーとしてしか働いたことがありませんが、ナニーの就活をしていた時にコネや紹介は一切ありませんでした。

ナニーに関しては「雇用主紹介します」的な留学エージェント、個人エージェントがいますが、紹介料とか言って5000ドル紹介者に支払わなくてはいけません

紹介料に5000ドルとかありえないでしょ?w

と馬鹿らしくなり、全部自力でゼロから就職しました。

私の彼はソフトウェアエンジニアで、サンフランシスコに本社がある割と大っきめな、会社で管理職としてエンジニアを採用する側です。

彼曰く、
「会社の役員の友達」
などの、いわゆるコネで入ってくるエンジニアもわりといるけど、コネで入ってくる人の中には実務では使えないことがけっこうあって困る

と言っていました。

スポンサーリンク

なので彼が採用するときは、コネとか紹介とかよりも、実際に面接でテクニカルなことを質問して、課題を出して、

「その人がちゃんと能力があるのか」
を見るようにしているそうです。

カナダは実力主義なので、いくら就職できてもその後使えないと分かれば容赦無く解雇されます。

コネや紹介がなくても、能力、実力があれば就職できるというのがソフトウェアエンジニア採用担当の彼の見解。

ナニーの仕事に関していえば、能力よりもやる気と人柄(信頼できるかどうか)と一生懸命さがあればしゅうしょくできますというのが私の見解です:)

「カナダ移住」関連の記事まとめページがこちら

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。