八木あやか八木あやか

資生堂正社員⇨仕事でミス連発。発達障害(ADHD)発覚⇨日本は息苦しい⇨何のアテもないのに海外に逃亡⇨海外に出て半年で永住権確定⇒その経験をブログで発信したらそれが仕事に⇨ワーホリ済でも海外移住、自分の経験を仕事にしたい方の無料相談にのっています:)無料相談は以下から登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします
クリックして秘密の動画を観る&無料で相談する

カナダ永住権取得について、アメリカにご家族で留学中の方から質問を受けたのでお答えしました。

家族でのカナダ永住権取得

メルマガ読者さんメルマガ読者さん

はじめまして。私は家族で、アメリカに留学中なのですが、カナダ移住に興味があって、調べていた所、こちらのサイトに辿りつきました。今後は家族でカナダ移住したいのですが、それは可能でしょうか?もし、家族連れの詳細などご存知でしたら、教えてください。
とても為になる情報発信だと思いますので、今後ともよろしくお願いします!

スポンサーリンク
八木あやか八木あやか

コメントありがとうございます:)私は移民コンサルタントではないので、自分で体験した「ケアギバープログラムのナニーカテゴリー」と「コモンロー」についてしか答えられませんが、ご家族で家族を養われる場合、ケアギバープログラムは厳しいかも知れないとおもいました。

外国人労働者の賃金は決して高くないからです。
日本の工場で働いている東南アジア系の外国人労働者をイメージしていただければ分かります。

ケアギバープログラムのナニーも「カナダ人がやりたがらなくて労働者が不足している仕事を、私たちが変わりにやる」というイメージなので、仕事の賃金や労働内容はわりと大変です。

それでも、カナダで働けて、なおかつカナダに永住できる可能性があるというのはとても魅力的だと私は思いました。

ただ、ケアギバープログラムは1年間に2750人までしか永住権を取得できないという制約があります。
ワークビザがとれて2年働いた後に、100%永住権がとれる訳ではないので、私は、ケアギバープログラムで働き、働く中で出会った現在の彼にスポンサーになってもらい、永住権を取得しました。

人生一度しかないからとれるかどうかわからないけどやってみたい!という方にはおすすめです。

現在無料メール講座に登録頂いた方のみ個別相談受付中です。

「カナダ移住」関連の記事まとめページがこちら

▼無料相談は以下の動画リンクから登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします