ケアギバープログラムで就労ビザを自力で取得して、2年間ナニーとして働きました。その経験をブログで書きまくっていたら、「ケアギバープログラムの就労ビザの取り方を教えてください。」という相談をたくさん受けるようになったので、今日のこの記事ではその方法の概要をシェアします。

ケアギバープログラムで自力で永住権取得をしたい人、移民コンサルタントや個人エージェントにコンサル費用を払うお金がない方必見です。

自力で就労ビザを取得する方法をこの記事で学んで、コンサル費用30万円を節約しましょう!

スポンサーリンク

ケアギバープログラムで就労ビザを自力で取得する方法

ケアギバープログラムで就労ビザ取得の流れは以下です。

1、ケアギバープログラムのビザスポンサーとなってくれる雇用主を見つける

2、スポンサーとなってくれる雇用主にLMIAを取得してもらう

  ※LMIAに関して詳しくは以下の記事で書いています。

→ケアギバープログラムLMIA取得方法を把握してコンサル費30万円を節約しよう

3、雇用主が取得してくれたLMIAと、就労ビザ申請書類を持って、国境に行く

4、国境で就労ビザをそのまま発行してもらえる(その日から2年の就労ビザ)

ケアギバープログラムの就労ビザ申請書類

カナダ移民局CICサイトのワークビザ申請→書類申請→国外申請のドキュメントチェックリスト書類が

こちらです。

このチェックリストを見てもまっっっっっったくわからないですよねlol

カナダ移民局のサイトはほんっっっとにわかりにくいんです。

そもそも全部英語だから日本人の私たちが見ると「うわ!!専門用語!」ってなる上に、サイトの作りがまさに迷路lol

私の彼は英語がほぼネイティブで、調べものをするときも、本を読むときも全部英語なんですが、そんな彼でも

「カナダ移民局のCICのサイトは暗号lol」

って言っていました。

彼自身もイスラエルからカナダに移民してるので、移民申請したときは、このCIC暗号サイトとの戦いだったと言っていました。

スポンサーリンク

しかもこのチェックリスト、ワークビザを取得する人全て共通のフォーマットなんです。

だからこのリストの中で、ケアギバープログラムで就労ビザを取る場合に必要なものを「自分で」ピックアップしないといけないんです。

ケアギバープログラムが初めての人にこんなのわかるわけない!

と思うので私が必要なものをピックアップしておきます。

1, application for workpermit made outside of Canada(IMM1295)

2, Fee payment in an acceptable format

3, a photo copy of the information page of your valid passport

4, two photos meeting the requirements of the visa application photograph specifications

5, proof of current immigration status

6, proof indicating you meet the requirements of the job being offered

7, A copy of the Labor Market Impact Assesment (LMIA)

あえて英語のままにさせていただきます

というのも、自力でケアギバープログラムの就労ビザ取得を考えるなら、これくらいは英語で全部わかるようにしておかないと無理だからです。

私はカナダ生活もう長いので、そんなに難しい英語には感じないのですが、最近これからカナダに来る予定のブログ読者さんに教えたら、

スポンサーリンク

「専門用語ばっかりで無理」

と言っていたので、

「慣れていないとそんな風にみえるんだー。」

と逆に新鮮に感じました。

このチェックリストの中で要注意なのが

6, proof indicating you meet the requirements of the job being offered

です。これは、

①ケアギバープログラムのナニーとして働く上で必要な証明

と、

②LMIA申請の際に、雇用主が求人広告で出した募集要項仁木際してある資格証明

が含まれます。

①は、最終学歴の英語訳(高卒以上)

②は、雇用主がLMIA申請のための求人広告に、例えば

•2年以上の経験が必須

•CPR(救急救命資格)が必須

•運転免許が必須

と書いていた場合、これらを証明する書類をワークビザ申請の際に持っていかないといけません。

CPRや運転免許は取得すればいいのですが、

「2年以上の経験の証明」

がちょっと面倒くさいんです。

例えばニュージーランドでワーキングホリデービザでナニーとして働いた経験の証明

となると、ワーキングホリデーと、ニュージーランド時代の雇用主からのreferenceと、、、

こうやって証明してください

という明確な基準がないから、また面倒くさい。

ちなみにそれについて書いた記事はこちらから

カナダLMIA広告掲載は資格(運転免許、CPR)をのせるべき?

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。