カナダ永住権取得を目指している方、ご検討中の方向けに、役立つ
「幸せなカナダ移住と幸せな国際恋愛を自力でgetする無料メール講座」

を現在作成中です。

この無料メール講座のターゲットは

・社会人経験ほぼゼロ、
ビジネス関連スキルor資格ゼロだけどカナダに移住したい方

・移民コンサルタントを雇うお金がない方

・自力でカナダ永住権を取得したいけど方法がわからない方

・新ケアギバープログラムのナニーに興味がある方

・とにかく日本のストレス社会から脱出したい方

・カナダで国際恋愛、国際結婚したい方

です。
実はこれ全て、3年前の私です。

ものすごく欲張りでしたw

メール講座では、動画や音声、テキストを交えて、私の過去3年の経験談をもとに、こういった人たちに必ず役に立つ情報を提供する予定です。
(現在必死で製作していますw)

✳︎無料メール講座開設の背景
カナダの新ケアギバープログラムでナニーとして働いて2年、カナダ永住権申請を終えて、いよいよ私のカナダ永住権取得がすぐそこまできています。

私が新ケアギバープログラムのナニーを志したのは2014年11月。

ちょうど新プログラムが始まったばかりで、情報が全くありませんでした。

 

本来なら移民コンサルタントを雇うべきだったのですが、金銭的余裕がなく、雇うことができませんでした。

情報がない中、自力での永住権申請までの道のりは、わからないことだらけでものすごく、苦労しました。

それでも、2年半かかってようやく永住権申請まで、こぎつけました。

私のように永住権申請や、ケアギバープログラムについて知りたい人はたくさんいると思い、ナニーとして働く側ら
当ブログ「カナダ永住権取得を目指すブログ」を、立ち上げました。

以前の私が知りたかったこと(ケアギバープログラム経験談)を、ブログに書きためてきました。

すると、みるみるうちにブログのアクセス数は増えていき、
ブログ開設から1年半弱で、「カナダケアギバープログラム」という超ニッチ市場のテーマでありながら
月間50000アクセスを誇るまでになりました。

 

それもそのはず、現在Googleでもヤフーでも「ケアギバープログラム」と検索すると

検索結果には私のサイトが検索上位2位以下

 2、3、4、5、6、7位を

 私のブログ6記事が独占していますw

ちなみに1位は大手移民コンサルタントサイトですが、

ケアギバープログラムに関する記事は

2014年11月10日の古い記事以降更新されていません。

 

そのため、「ケアギバープログラム」

で検索した人のほとんどは、

私のサイトに行き着くようになっています。

 

おかげさまで、ブログ記事の投稿は

最近忙しくてあまりできていないのにもかかわらず、

ブログ訪問者数は今でも増加し続けています。

 

ブログのアクセス数が増えるにつれて、
コメントを下さる方、私を信頼して相談してくださる方も増えていきました。

ブログ訪問者数が少ないうちは、1人ずつ個別に対応できていたのですが、
現在では相談者さんが増えすぎて、全員に対応することができなくなってしまいました。

本当は一人一人のお悩みに応えたいけどできない。
そんな中思いついたのが、
無料メール講座でした。

というのも、個別相談で質問される事、
私がアドバイスする内容って、実は毎回ほぼほぼ同じ内容なんです。

・未経験無資格、〇〇歳でも永住権申請ができますか?

・どうやって雇用主を見つけたらいいですか?

・どうしたらカナダ永住権のスポンサーとなってくれる、理想のパートナーを見つけることができますか?

、、、
などなどです。

今までは同じことを何度も聞かれて、それを丁寧に説明して、、、としていたのですが、それではあまりにも効率が悪かったんです。

正直これらはブログに何度か書いてきたのですが、ブログ記事が多すぎて、筆者の私でさえも、どの記事にどの情報があるのか把握できていませんw

そこで、こういった問い合わせが多い内容について、もう一度情報を整理して、

相談者さんの知識レベルごと
(ケアギバープログラムを知っているか否か、
そもそももうカナダにいるのか否か、
雇用主は見つかっているか否か、
すでにパートナーがいるか否か)

に合わせて、メールで定期的に配信しようと現在作業を進めています。

講座自体はまだ完成していないのですが、近々講座開設予定です。

もちろん、全て無料。
メール登録だけで自動で講座が届く感じです。

もしもこのメール講座を受けてみたいのであれば、
以下のバナーよりメール講座登録をお願いします。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。