カナダケアギバープログラムのナニーとして働いて2年。
今の仕事を辞めるにあたってのナニーとしての最後の仕事が次のナニーへの仕事の引継ぎです。
私の場合は今月は新しいナニーさんと2人で一緒に働きながら、仕事を教えています。

スポンサーリンク

ケアギバー歴5年の新米ナニー

私の仕事を引き継ぐのは、ケアギバープログラムで現在永住権取得待ちのフィリピン人40代女性です。
彼女は旧リブインケアギバープログラムで住み込みで2年働いた後、オープンワークパーミットを取得し、3年も永住権が下りるのを待っているといっていました。
彼女の場合はフィリピンに12歳と14歳の二人の子供と旦那さんがいて、その3人全員を引き連れてカナダに移住する予定。
自分だけでなく自分の家族3人分の移民審査がある場合、旧リブインケアギバープログラムでの永住権取得にかかる期間は1年以上かかるのが一般的だそうです。

これまでケアギバーとして高齢者女性の介護を長年してきた彼女は、ナニーとして働くのは初めて。
超年上でケアギバーとしては私より断然経験がある女性に仕事を教えるのは不思議な感じです。

自分の子供は楽!!!

4歳の上の子は彼女に比較的すぐなついたものの、下の子は私からなかなか離れようとしません。
おむつ替えや歯磨きなどは、彼女にやってもらおうとしたものの
「Ayaじゃないと嫌だー。」
と大騒ぎして断固拒否。

それ以外にもたびたび出るイヤイヤにどう接したらいいかわからず、困惑しているようでした。
スポンサーリンク

ナニーが初めてとはいえ、彼女は二人の子育てをすでに終えているので、私みたいに苦労することはそんなにないだろうなーと思いました。
でも、彼女が言うには、
「自分の子供と他人の子供じゃ全然違う。自分の子供だったらすべて自己責任で何とでもなるけど、仕事となるとけがをさせられないし、家庭によってしつけの基準も全然違うからそこが難しい。」
とのことでした。

私が
「私はまだ子供がいなくて、この子たちが初めてでいろいろ苦労したから、正直自分も子供ができたときこんなに大変なのかー、、、
って今からちょっとこわい。」
といったら、彼女が

「大丈夫、自分の子供はすごく楽だよ。子供にとって母親は何があっても一番だからね。
Ayaも子供ができたら絶対楽しんで子育てできると思うから心配しないで。」

と言ってくれました。

ナニーとして他人の子供の面倒を見るのは自分の子供の面倒を見るのとは全然違ってものすごく大変みたいです。

ものすごくいい人

この新しいナニーさん、とにかくいい人。
ストレスフルだと言われているケアギバーとして長年働いていたというのにも納得。
カナダだから関係ないのかもしれないけど、超年下の私に対してもすごく謙虚だし、へとへとになるまで上の子と一生懸命遊んでくれるし。

初対面で10時間一緒に働いていても、居心地悪さを全然感じませんでした。
いつもニコニコしている優しいおばちゃんでした。

仕事を教えるためにあと何日か彼女と一緒に働く予定だったので、ちょっと不安でしたが、彼女となら最後の仕事も楽しくできそうだと思いました。
スポンサーリンク
いい人過ぎて、上の子がすぐになついてしまったのは正直ちょっと嫉妬しましたw
でも、トイレのことや日焼け止めを塗るときだけは
「Ayaにやってほしい!!!!」
と言ってきたので内心
ホッとしました。

そしてもちろん、すぐには心を開かない下の子にうれしくなってしまうところは、相変わらず性格が悪い私です。

子供にはあまりストレスなく、自然な感じで新しいナニーになじんでほしいと願う一方で
あまりにもすんなり新しいナニーになついてしまってすぐに私のことを忘れてしまうのは寂しいなー
と思ってしまうなんとも複雑な心境です。

こうやって自分がナニーを卒業できるのが現実味を帯びてくると
1年半、「やめたいやめたい」
と思い続けてきた気持ちがもうすぐでやっと叶うのか、、、、
とうれしい気持ちも結構でてきました。
スポンサーリンク
今まではナニーをやめることで子供たちに会えなくなるマイナス部分しか考えておらずどんよりしていたけれど、
やめた後に新しい仕事にチャレンジできる、しばらく日本に帰れる、ここ2年と違った新しい世界に踏み込める。
という未来を見据えたプラスな部分が思い浮かぶようになりました。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。