グランビルアイランドにバンクーバー旅行中の友達と行ってきました。
グランビルアイランドへの行き方と私が実際に買ったおすすめのお土産を紹介します。

スポンサーリンク

グランビルアイランドは地元民にも楽しめる場所

バンクーバーの観光地で最も有名な場所といえばグランビルアイランドです。
私も6年前カナダにワーホリに来ていた時に留学生仲間たちと一緒にいった覚えがあります。

バンクーバーに住むようになってからあまり行くことはなかったのですが、現在高校の友達がバンクーバーに旅行に来ているので、地元民として案内がてら一緒に行ってきました。

「観光客向けのちょっと高いマーケットでしょー?」
と、正直ちょっと行くのが面倒くさいなーと思ったのですが、実際行ってみたら意外と楽しい!!

観光客向けではありますが、地元民も十分楽しめる場所だということをカナダ在住2年半目にしてようやく認知しましたw

グランビルアイランドの中はこんな感じ

グランビルアイランドの詳しい説明はほかのサイトにいくらでも書いてあるのでここでは割愛します。
ものすごく簡潔に言えばおしゃれな雑貨とか、地元の新鮮な食材やそんな食材を使ったおいしい食べ物が売っている場所です。

新鮮なシーフードとか

スモークサーモンとか

ドイツソーセージのホットドック屋さんとか

メイプルシロップとか

ピクルスとか

試食もあるよー

おしゃれな雑貨屋さんとか

オリジナルのTシャツが作れちゃうお店とか

パドルボート、カヤック、ジェットスキーなどのウォータースポーツが楽しめる場所とか

スポンサーリンク


フェアトレードのお店まであります。

たくさんおいしそうなものがある中でお土産に買ったのがコレ
オリーブです。

オリーブってスーパーとかで買うものはしょっぱすぎてあまり好きじゃないのですが、このオリーブはめちゃくちゃおいしいんです。
中東イスラエル育ちの彼はオリーブが大好き。
中東ではオリーブは毎食付け合わせで食卓に並ぶ国民食なので、オリーブにはうるさいんです。
そんな彼が以前グランビルアイランドに行ったときにこのオリーブを買って、すごくおいしかったからと私に買ってくるように頼んだのでした。

お店の人に
「一番おいしいオリーブはどれ?」
と聞くと出してくれるのが写真の緑色のオリーブです。

グランビルアイランド近くの行列店Go fishおいしかった


私の友達がバンクーバーに来るにあたって事前に調べて口コミで人気のお店
「Go fish」というお店に行ってきました。

グランビルアイランドからは海沿いの道をバラードブリッジ方向に歩くとあります。

住所はこちら

平日の12時くらいだったのですが、行列ができていて20分くらい待ちました。
頼んだのはフィッシュアンドチップスとサーモンサンドイッチ

メニューはこんな感じ

白身魚のフライにかけるビネガーやレモン、ケチャップ、タルタルソースなどはセルフサービスです。

お店の感じもかわいい。

フィッシュアンドチップスのポテトフライがちょっと多かったのですが、
「絶対食べきれないよねー」
とか言いながら食べていたら食べきってしまいました。

サーモンサンドイッチはサーモンに全然臭みがなくすごくおいしかったのですが、ソースがかかっていないので、これまたセルフサービスのタルタルソースやらチリソースやらをお好みでかけるといい感じでした。

グランビルアイランドへの行き方

ダウンタウン中心地からは
グランビルとロブソンから50番のバスに乗って13分

ウェストセカンドアベニュー×Andersonストリートで降りて、グランビルブリッジの橋の下を5分くらい歩くとグランビルアイランドの入り口があります。

ダウンタウンからフェリーで行く場合は、バラードブリッジのすぐ横、サローストリートを突っ切ってサンセットビーチまで出たすぐ横にフェリー乗り場があります。
フェリーチケット売り場などはなく、フェリー内で乗船料金を現金ではらいます。

料金は大人が片道3.5ドル、往復5.5ドル
デイパスは16ドル

個々の乗り場からだと乗船時間はたった3分なのでちょっと割高です。
でも、バスとちがいちゃんとお釣りをもらえるのでキャッシュさえあれば小銭がなくてもOKとのことです。

ここ以外にも、イェールタウンやBCプレース近くからも出ていますが、乗船料金はルートによって多少変わります。

がっつり観光目的だったら楽しいかもしれませんが、割高なので地元の人は乗らなそう。
観光できてもなるべく節約したい派の私の友達も
「フェリーはいいかな。」
と全然乗り気じゃなかったのでフェリーには乗りませんでした。
スポンサーリンク

グランビルアイランド意外と楽しい

今回はオリーブしか買いませんでしたが、ピクルスやスモークサーモンなどちょっと気になるおいしそうな食べ物たちがありました。
スーパーではなかなか売っていない新鮮なシーフード料理にも今後チャレンジしてみたい。
観光客向けのちょっと高めでおしゃれな雑貨屋さんには全然興味がないと思っていたのですが、フェアトレードのお店は価格もわりとリーズナブルで、かわいくてユニークな商品を見ているだけでワクワクしました。
ここです。

基本屋内なので、雨でビーチバレーができないときはまた行こうと思います。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。