夫婦別姓って日本でも認められてるものだと勝手に思ってました。私のカナダ人の雇用主は夫婦別姓を選択して旦那さんとは違う名字です。彼女に日本の夫婦別姓不可について話した時の話です。
スポンサーリンク

夫婦別姓不可の日本は世界でも珍しい

ちょろっと調べただけなので詳しくはよくわかりませんが、夫婦別姓が法律的に認められてない国って世界的に珍しいみたいです。

私は中国に留学していたのですが、中国なんかは夫婦別姓が基本で夫婦で名字が違うのが普通というのに驚きました。

でも世界的に見たら私たち日本人の方が少数派だったんですね。

カナダ人雇用主が夫婦別姓を選んだわけ

私の雇用主は35歳前後(多分)のお医者さんです。
夫婦同姓か別姓か選択できるカナダで別姓をえらんだ彼女に
「なんで別姓をえらんだの?」
と聞いたら、
「結婚した時に名前を変えるのがすごくめんどくさいからだよ。
医者として働くのに、名前を変えるとなると医師免許とか大学でとった学位とか全部変えないといけなくて、それがめんどくさいっておもったの。
あと、私は自分の名字と自分が繋がってる感じがして、名字が変わって急に私が私じゃなくなっちゃうのは嫌だと思ったの。
逆にわざわざ名字を変えることになんのメリットも感じられなかったし。」
スポンサーリンク


私が
「日本だと法律的に夫婦別姓が認められてないんだよー。」
というと

「日本ってハイテクの国だと思ってたけどそういう面では意外と遅れてるんだね」

と一蹴。

「夫婦別姓が認められないって、世界的には時代遅れって思われるんだ、、、」
とちょっと、悲しくなりました。

夫婦同姓に対するあこがれ

夫婦別姓禁止なんて女性差別だ!
とかネット上ではいろんな議論があるみたいですが、私的にはそんなことどうでもいいと思ってます。
というのも、私としては結婚したら自分の名字が変わることに対してちょっと憧れがあったからです。
わたしのカナディアン雇用主とはまさに正反対。
小さい時から
スポンサーリンク


「将来自分はどんな名字になるんだろう」とわくわくしていたほどw
一部の日本人女性にとって、名字が変わるって、結婚や出産に並ぶワクワクするライフイベント的なことです。
Facebookで結婚後にわざわざ名字を変えたり、旧姓にカッコして結婚後の名字を加えたりして
「名字変わりました!」
アピールをわざわざする人が結構いるのは、それを表しています。
Facebookで結婚後の名字に変えちゃうと、古くからの友達としては途端に誰だかわからなくなってちょっとややこしいのにもかかわらず、あえて結婚後の名字に書き換える人、結構いますよね。

先日私もfb経由で連絡が来たんですけど、名字変わってるし顔写真ないし、誰?!となりました。

fbの性質上(20代後半くらいの年代だと)旧姓の方がなにかと便利なのに、あえて名字を変えるあたりに
「わたし結婚したよー!名字変わったよー!旦那さんの名字はこれだよー!私はもう昔の私じゃないんだよー。」
ってワクワク感を友達に共有したい感が出ています。

私ももし結婚したら、不便でもfbではわざわざ新しい名字に書き換えちゃうと思います。
スポンサーリンク

カナダ人雇用主の夫婦別姓の理由を聞いて、私とはまるで正反対の捉え方だなーと思いました。

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。