海外(カナダ)で生活し始めて2年半、年齢を聞かれることも聞くこともほとんどなくなりました。
仲良しのカナディアンの友達も、現在の雇用主年齢はわかりません。
海外における年齢の概念と、日本における年齢の概念が全然違う理由、海外で年齢を聞かれないし年齢にあまり興味を持たれない3つの理由を経験をもとにまとめました。
(この記事では海外=アメリカ、カナダとして文章を書いています。)
スポンサーリンク

海外(カナダアメリカ)では年齢なんて関係ない

私はアメリカの大学に1年交換留学カナダには現在まで合計4年以上住んでいます。
住んでいる中で、日本と海外(カナダアメリカ)の大きな違いの一つは
「年齢」に対する考え方
だと感じました。

というのも、カナダやアメリカでは日本でよくある一見同年代の人同士の初対面の挨拶で
「何歳ですが?」
「25歳です。」
「えー私も!!じゃあ同い年だ!うれしい!!」
「本当に?うれしい!じゃあタメ語で話そう」

的なやり取りが一切ないからです。
私はこの理由は英語に敬語やタメ口がないからだと最初は思っていたんです。
もちろんそれは一つの理由でもあるんですが、実際それだけじゃなくて、社会的価値観の根幹が違うからなんだと最近感じるようになりました。
スポンサーリンク

そもそも日本人が同い年だと喜ぶ理由

先ほどの

「何歳ですが?」
「25歳です。」
「えー私も!!じゃあ同い年だ!うれしい!!」
「本当に?うれしい!じゃあタメ語で話そう」

という日本ではよくあるやり取り。
同い年だとなんかうれしくなっちゃいますよね。
初対面でも同い年だったらタメ口で気兼ねなく話せて仲良くなりやすいし
「共通の価値観や人生観」
を持っているような感じがしていきなり親近感がわきます。

これがもし

初対面の相手が1,2歳でも年上だったり年下だったりすると、同年代ということでうれしさはあるものの、
敬語で話すべきか、タメ口で話すべきか、敬語で話していてもちょっと年上ということでなんだか気を使ってしまってぎくしゃくした感じになります。
なんとなーく壁ができて、同い年の相手だった場合とはだいぶ接し方が変わってきます。
そして1,2歳でも年が違うと、なんとなーく自分とはちょっと違う感じがしてしまいます。

日本人が同い年だとなんだかうれしくなってしまう理由は
同い年=お互い似たような人生を歩んできて同じようなステージに立っている共通の価値観をもている
感じがするからです。
そして年齢ごとに、ある程度その人の人物像が決められてきます。

25歳=新卒で社会人として働き始めたばかり
30歳=ある程度社会人として経験を積んでいる
35歳=結婚や子供を意識する、もしくはもうすでに結婚して子供がいる、社会人としてバリバリ働いている
スポンサーリンク

日本だと、年齢を聞いただけで、年齢がある程度、その人の成熟度だったりこれまでの社会経験だったりを表すと考えられています。
で、こういう一般的な「この年齢だと大体こんな感じ」というモデルから乖離していると、人と違うというだけで違和感を感じます。

30歳を過ぎると女性なんかは「そろそろ結婚しないとヤバい」とプレッシャーを感じ始めて「婚活」とか言い始めるし、
35歳で定職についていなかったりすると「あれ?この人大丈夫かな?」といきなり偏見をもったりします。
40歳を過ぎた女性は結婚や出産などひと段落して落ち着いているはずなのに、ミニスカートやショートパンツをはいていると
「あの年齢で(落ち着いているはずなのに)よくあんな若い子が着るような服着れるよね。」
と馬鹿にされたりします。

海外(アメリカやカナダ)では年齢はほぼ何の意味もない

ところが海外では、同じ年齢でも全然違う人生を歩んできていることが普通です。
27歳で、ある程度社会人経験を積んだ後にキャリアップのために大学に通いなおす人は結構多いので、27歳でも学生の人と普通に社会人を続けている人がいます。
35歳でも定職に就かずアルバイトすることで、平日の日中大好きなビーチバレーボールばかりしている友達がけっこういます。
40歳でも自分がショッキングピングのミニスカートのファッションを楽しむ女性に誰も何も言わないし何も変に思いません。

日本みたいに
〇〇歳=大体こんな感じ
という決めつけがほとんどなく、年齢が必ずしもその人の人物像を表さないんです。

同じ35歳でも大卒後働き続けてキャリアを積んでいる仕事人もいれば、30歳すぎで仕事を辞めてそれまでためてたお金で数年海外を放浪しつづけている人もいます。
ちなみに私の彼は後者で、日本でいう働き盛りの30代中盤、2年くらい働かずに中国あたりをフラフラしながら毎日ロッククライミングしてました。

さらに実はその前に高校卒業後すぐには大学に行かず、数年ダイビングのインストラクターとして働いてから、20代後半で大学に行き、大学卒業後30前後で全く異業種のソフトウェアエンジニアとして働き始めているので、年齢の割に今の仕事のキャリアや経験が極端に短いです。
スポンサーリンク

彼みたいな自由な経歴な人がすごく多く、生き方が人それぞれなのが当たり前なので、
年齢なんて聞いてもその人のことはなんにもわからないから、年齢なんて気にしないんです。

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。