オンライン英会話の多くは、ネイティブの講師を売りにしています。
英会話のことをよく知らない人は「とりあえずネイティブに習っておけばネイティブみたいにぺらぺらになれる。」
と「ネイティブ講師」という響きに魅力を感じてオンライン英会話を始める人がたくさんいます。
が、カナダ在住で英語を使って仕事をしている私からすると、
「誰でもネイティブに習えば英語がペラペラになるわけじゃない。」
と感じています。
この記事ではそう思う理由について、実際にオンライン英会話に入会して、ネイティブ講師たちの英会話レッスンを受けた経験をもとにまとめました。

スポンサーリンク

オンライン英会話のネイティブキャンプーそもそもネイティブの定義ってなに?ー

カナダ在住歴、カナダでの仕事歴2年を過ぎた私ですが、最近オンライン英会話のネイティブキャンプに入会しました。
詳しくはこの記事で書いています。
→オンライン英会話の口コミ(カナダ在住英語上級者が入会してみた結果)

このネイティブキャンプの講師たちは全員フィリピン人です。
サイトでは「ネイティブ」と言っていますが、実際フィリピン人講師達は私たちが思う
「ネイティブ」とはちょっと違います。

というのも、フィリピンの第二外国語は英語で、フィリピン人の多くは流ちょうな英語を話しますが、
彼らが話す英語は「フィリピンの英語」です。

私が普段聞いているようなカナダ人たちが話す「ネイティブの英語」とはかなり違います。

具体的に言うとアメリカ人やカナダ人がよく使うスラングを、フィリピン英語ネイティブのフィリピン人講師たちはまったく使っていませんでした。
発音もネイティブキャンプ講師たちは「アメリカ英語のアクセント」に近づけるために発音のトレーニングを受けているとのことでしたが、
「気を付けている」にはわかるものの、アメリカやカナダの英語のアクセントとは結構ちがいます。

フィリピン人講師もネイティブですが、アメリカ人やカナダ人のネイティブたちとは違った英語を話しているんです。
「ネイティブ」って定義はかなり広い意味でつかわれているので、私たちが期待するような
ハリウッド映画や海外ドラマで聞くようなアメリカンな英語とはかなり違う「ネイティブ」が存在することを頭に入れておく必要があります。
スポンサーリンク

ネイティブにはわからない英語を外国語として学ぶ苦労

ネイティブスピーカーの講師たちは、英語を外国語として学んだ経験がありません。
私たちが何の苦労もなく日本語を使いこなしているのと同じように、生まれた時から自然と英語にふれて自然と英語を身に着けているんです。

もしもあなたが外国人から
「この場合は主語のあとに「が」なのにこの場合は主語のあとに「は」がつくのはなんで?」
と聞かれたらどう説明しますか?

感覚的に使っているだけなので、文法のこととか、「どうして?」
と聞かれた時にうまく答えられないですよね。

ネイティブに英語を教える時も同じです。
「外国人に英語を教える経験やスキル」を持っているネイティブじゃない限り、私たち外国人にとって外国語である英語を
論理的にわかりやすく教えることができるネイティブ講師はなかなかいません。

「ネイティブ講師」だけでなく
「外国人に英語を教えるスキルや経験があるネイティブ講師かどうか」
が大切になってきます。

オンライン英会話初心者はネイティブ講師じゃなくてもいい

私個人の意見として、オンライン英会話の初心者は、必ずしも英語がネイティブの講師に習うのがいいとは限りません。
むしろ英語を外国語として苦労して習得した経験のある、英語非ネイティブの日本人講師のほうが、
スポンサーリンク


非ネイティブだと、英語で話すときのプレッシャーを感じにくいのと、非ネイティブの講師が英語がほとんどしゃべれないときに、どんな英語のフレーズを最初に覚えたかなどの、
英語初級を中級にレベルアップするための具体的な方法を非ネイティブ講師に教えてもらえるからです。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。