八木あやか八木あやか

資生堂正社員⇨仕事でミス連発。発達障害(ADHD)発覚⇨日本は息苦しい⇨何のアテもないのに海外に逃亡⇨海外に出て半年で永住権確定⇒その経験をブログで発信したらそれが仕事に⇨ワーホリ済でも海外移住、自分の経験を仕事にしたい方の無料相談にのっています:)無料相談は以下から登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします
クリックして秘密の動画を観る&無料で相談する


カナダのケアギバープログラムで永住権取得を目指すナニー志望のブログ読者さんからいろんな相談を受けていました。
そのうちの1人が、最近ナニーをクビになりました。
その人がクビになってしまった理由と私個人が考えるケアギバープログラムのナニーになるリスクを実体験をもとにまとめました。
スポンサーリンク

ケアギバープログラムのナニーになりたい!

私はこのブログを通して、現在ナニーやケアギバーとして働いている人、これからナニーになろうとしている人たちからたくさんの相談を受けていました。

その中の1人で、私と同じケアギバー養成学校に通い、必死で就職活動して、スポンサーになってくれる雇用主を見つけた日本人女性がいます。

雇用主がLMIAを無事取得してくれて、最近ワークビザを取得して働き始めた直後、急に仕事をクビになりました。

その理由の一つは
「雇用主が頼んだ仕事をこなせていないから」
これから忙しくなるから教えていられないので申し訳ないけど、、
という感じでクビ。

苦労して取得したワークビザは無駄に。
住み込みだったので住む場所もなくなりました。

✳︎優秀なナニーでも雇用主に気に入られなければ即クビ、ホームレス、ビザなし


クビになった彼女は、日本で福祉の経験があり、カナダでのベビーシッターの経験もあり、英語も流暢に話せ、コミュニケーション能力も高い。
ナニーとしては理想的な女性です。

私は彼女の元雇用主とは直接会ったことがないし、どんな人なのか知りません。
それにしても、働き始めて数日で
「仕事がこなせていないから」
という理由でいきなりクビにして、
数日のうちに家から追い出すなんて、最初は信じられませんでした。

だってナニーの仕事を始めたばかりで、すぐにナニーとしてきちんと仕事ができる人なんてナニー歴が相当長い人じゃないと不可能です。
スポンサーリンク
私なんて本当にひどくて、未経験だったこともあり、どんなに頑張っても子供は私のいうことを一切聞いてくれなくて、毎回雇用主の助けがないと何もできませんでした。
だって小さな子供はやっぱりママが一番。パパが2番。
急に登場してきた見知らぬナニーなんて急になつくわけがありません。

今思えばそんな状態でもクビにされなかったのが不思議なくらい。

私を信じてくれてクビにせずに働かせてくれた雇用主に感謝です。

話はそれましたが、
ナニーをクビにする理由が、
働き始めて数日で仕事をこなせていないから
しかもクビが決まったから数日のうちに家から出て行ってくれ

なんて理不尽です。
(現役ナニーの独断と偏見)

カナダでは仕事は本来そういうもの。できないならクビという実力社会なのはわかっています。

でも、ケアギバープログラムのナニーの場合、一度クビになったら住む場所も、カナダに残るためのワークビザも急になくなります。

働けないからお金もないのに、住み込みの場合は住んでいた場所も追い出されてホームレスです。

クビにするならせめて次の家が見つかるまでは働きながらでも家にいさせてあげるとかしてけれないと、ナニーとしてカナダの生活が成り立ちません。

ナニーは雇用主から逃げられない

今日たまたま通勤で毎朝乗るバスのドライバーさんと話す機会がありました。

毎朝同じ時間のバスなのですっかり顔馴染みな上に、上の子の幼稚園の迎えに行く時に乗るバスもそのドライバーさんなので、1日に2回も顔を合わせるので、友達みたいな感じでよくおしゃべりします。

そんなドライバーさんと、ケアギバープログラムの話をしていた時、

「去年の話だけど、毎日やつれた顔で朝早くのバスに乗って通勤するフィリピン人女性がいて、その人はいつもものすごく疲れているように見えたから、心配して話しかけたことがある。
するとその女性はケアギバープログラムのナニーとして週7日、朝から晩まで休みなしで働かされて、身体がツライ。
と言うから彼女のやつれぶりに納得。
でもなんでそんな仕事辞めないのかと聞くと、
ケアギバープログラムのスポンサーになってくれた雇用主だから、なかなか辞められない。
辞めたらまた次のスポンサーを見つけるまでが大変だし無収入になる。
スポンサーが見つかったとしてもLMIAが下りるかわからないし、ワークビザが取得できるまで何ヶ月かかるかもわからない。
永住権がとれる2年の契約をまんりょうするまではここで働かないと、国にいる親族に仕送りができない。
例え週7で休みなしでも働かなきゃいけない。
スポンサーリンク
と話していたことに衝撃を受けたと言っていました。

これには本当に納得で、例えクビにされなかったとして、過酷な労働環境で長時間労働を強いられたとしても、ナニー側から辞めるのはなかなか難しい。

今の仕事がクビになったら、あてもなくスポンサーになってくれる雇用主を見つけるまで、ビザも住むところも収入もゼロになるからです。

そもそも次の雇用主がみつかるかわからないし、見つかったとしてもまた奴隷扱いされるかもしれない。

どんなにつらくても全てを失うリスクを負ってまで「自分から辞める」
という選択をしない人がほとんどです。

ケアギバープログラムのナニーを奴隷のように扱う一部の雇用主たちはまさにそれをわかった上で、
「ケアギバープログラムのナニーだから、ちょっとやそっとじゃ辞めないでしょ」
とたかをくくっている人が一定数います。
(職場が近所のフィリピン人ナニーたちから聞いた実話です。)
もちろんケアギバープログラムのスポンサーになってくれる雇用主全てがそんなひどい奴らじゃありません。
スポンサーリンク
でも、ナニーを奴隷扱いする雇用主か、大切に扱ってくれる雇用主かを面接などで数回会っただけで見極めるのは非常に困難です。

スポンサーになってもらい正式に働き始めて初めて、その雇用主の本性を知る感じ。
ケアギバープログラムのナニーになるリスクはそういう雇用主に当たってしまう可能性が常にあることです。

▼無料相談は以下の動画リンクから登録いただいたmailアドレスに相談フォームをお送りします