国際恋愛で英語もしくは日本語以外の言葉がなかなか通じず、悩んでいる人に超オススメなfive love languagesを紹介します。
私は海外生活が4年を突破し、英語でコミュニケーションをとることに問題はありません。
英語で言いたいことが言えるし、英語を話すこと自体にストレスはありません。
でも、彼とのコミュニケーションになると、英語のせいで細かなニュアンスを伝えられずにストレスに感じることがあります。
国際恋愛の英語の壁にぶち当たっていた私に、カナダ人の友達がfive love languagesを教えてくれました。
これがものすごく役に立っているのでシェアします。
スポンサーリンク

国際恋愛における英語

英語がペラペラな人と言われて、その人の英語はどんな感じだと想像しますか?
英語が話せない人にとって、早口で長い文章をつっかからずに話せている人をみると
「この人英語ペラペラ」
と思うのではないでしょうか。

その基準で言うと、わたしは英語がペラペラです。

英語ネイティヴのカナディアンの英語を聞き取れるし、彼らとストレスなく英語でコミュニケーションをとることができます。

が、これが国際恋愛、国際結婚における英語となると、ちょっと変わってきます。
わたしの彼はロシア系イスラエル人。
英語はイスラエルの共通語なので、ネイティヴではないものの、わたしよりも流暢で、わたしよりたくさんのボキャブラリーを知っています。

日本語は話せないので、私と彼との会話はもちろん全て英語。

さすがに聞き取れないことはないのですが、どうしても細かなニュアンスを伝えたいときに、ちょうどいい英語が出てこなくて、はがゆい思いをすることがあります。

という話をカナダ人の友達にしたら
これ知ってる?彼と2人でやってみて。
と紹介してくれたのがFive love languagesでした。

アメリカでベストセラーになった本

five love languagesは夫婦やカップルのカウンセリングを専門でやっているカウンセラーの著者が、
5つの愛の言葉をわかりやすく説明、人によって愛の主言語が異なり、パートナーの愛の主言語を知ることで、2人の関係をよりよくすることができると書いています。

5つの愛の言葉

・肯定的な言葉
具体的に言葉にして伝える愛

・クオリティタイム
2人で同じ時間を過ごすことで伝える愛

・プレゼントを受け取る
何かを相手にプレゼントすることで伝える愛

・サービス行為
相手のために何かしてあげることで伝える愛

・身体的な接触
キス、ハグなど、身体に触れることによって伝える愛

人によってどの愛の伝え方をしてもらいたいかが、違います。
これを見ただけでは、自分がどの愛の伝え方をパートナーに望んでいるのかわかりません。
スポンサーリンク

そこで、無料でできる心理テストのようなものがあります。
ひたすら質問に答えていくと、自分の愛の主言語がわかります。

そして、この、「パートナーの愛の主言語を知る」というのが、国際恋愛をする上で英語力以上に大切だということを痛感しました。

というのも、人は自分がしてもらってうれしいことをパートナーにすることによって、そのパートナーが喜んでくれると思っています。
私もそうでした。
でも、実際には人によってしてもらって愛を感じる方法って違います。

肯定的な言葉が愛の主言語であるパートナーに、いくらプレゼントを送っても、そのパートナーはそれほど喜んでくれません。

身体的な接触が愛の主言語の人に、肯定的な言葉をいくらかけてもそれほど喜んでくれないし、愛を感じてくれません。

ちなみに私はこんな感じになりました。

自分のパートナーにこの結果を見せて、パートナーにも同じテストを受けてもらうことをお勧めします。

ちなみに私と彼は主言語もその他のスコアもほとんど同じでした。

でも、それがわかって、英語がどうとか、細かいニュアンスをつたえるとか、2人の関係にとって本当はどうでもいい英語の壁なんて気にならなくなって、2人の関係に自信が持てるようになりました。

私たちの主言語は2人とも身体的な接触はので、朝起きた時、行ってきますとお帰りなさいの時、お休みの前にハグするようになったら、今まで以上に関係がよくなりました。
スポンサーリンク

国際恋愛や国際結婚で英語の壁にぶち当たっている人、本当は英語なんかより大切なfive love languagesを試してみてください。
five love languages無料アセスメント

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。