8

バンクーバーに住む日本人は約2万人もいます。(永住者、留学生、就労者すべて含む)

そんな海外在住日本人という立場から、現地のイベントや文化の違い、留学経験談などを日本に発信しているブログやyoutubeチャンネルはとても多いですが、そういう情報を発信している海外在住日本人本人に関する情報ってネット上にはあまりないなーとずっと思っていました。

 

バンクーバーで会う日本人はユニークな人が多く、その人たちがどんな経緯でバンクーバーに来ることになり、永住することになり、どんな仕事をしているのかという話を聞いてみると、それぞれいろいろなドラマがあります。私は個人的にそれがすごくおもしろいなーと思ったので、今回の記事ではそんな海外で活躍する日本人を紹介します。

スポンサーリンク

 

 

26歳でワーホリ中のカナダで起業。留学エージェントを経営しつつ、複数のビジネスを同時進行で運営中の森川慧矢さんの話

 

 

カナダワーキングホリデー中は大手留学エージェントで働いていた森川さん。

そこで働くうちに、「独立して留学する人のニーズにあった留学の形を提案したい」と考えるようになり、ワーホリ7か月目、26歳の時に現地留学エージェントVancouver styleを起業したそうです。

 

カナダで国際結婚

キャプチャ4

日本人女性×カナダ人男性のカップルはものすごく多いですが、(私の周りの日本人女性はこのパターンで永住した人が6割)日本人男性×カナダ人女性のカップルは、森川さん夫妻以外お会いしたことも聞いたこともありません。

 

 

森川さんはカナダにきて3か月目で、現在の奥さん、カトリーナさんと付き合い始め、後に彼女と国際結婚されました。出会った当時、カトリーナさんは18歳だったそうです。

留学前から「カナダ人の彼女を作る!」という目標があったらしく、この目標は見事達成!

バンクーバー在住の新婚カップルの中から、出演者選考会で見事に出演権を勝ち取り

バンクーバーで収録された「新婚さんいらっしゃい」にも出演されました。

森川さんは奥さんのカトリーナさんと「Katomorichan」という名前でYoutubeビデオも制作しています。

katomorichan Youtubeチャンネル

 


「留学前に学校を決めるな。営業トークです。」

バンクーバーは100校以上の語学学校が軒を連ねる留学激戦地。当然留学エージェント激戦地でもあります。そんな中で森川さんの会社Vancouver Styleはエージェンとしては創設後発組でありながら、利用者からの口コミで大人気。

キャプチャ6

参照:http://www.vancouver-style.com/

 

Vancouver Styleのウェブサイトには

「留学前に学校を決めるな。営業トークです。」

というエージェントらしからぬ言葉が。

 

確かに留学後に自分の目で体験してから学校決めたほうが学生と学校のミスマッチは防げますが、エージェントが内心学生を送り込みたい学校(紹介料が高く、自社オフィスに近くてアフターサービスがしやすい都会の学校)への入学は遠のいてしまいます。

 

森川さんいわく

「いいサービスをしているといいお客さんをどんどん紹介してもらえる。お金は後についてくるものだから。本当にお客さんのためになるかを考えて営業してたら、自然とお客さんが集まってきてくれた感じ。そもそもエージェントで一番になりたいとかは思っていなくて、お客さんがハッピーになれる留学のチャンスを提供したいっていう一心でやっています。」

とのこと。

 

スポンサーリンク

 

起業の苦労話は?

…特にありません(笑)。自分でやりたいと思っていたことを楽しみながらやっているから、いやなこととか、一つもないです。

日本のお客さんのオンライン無料カウンセリングがカナダでは深夜になることがあるけど、大変とか思ったことは一度もない。

日本で会社員をしていたときはやらされている感があって、朝決まった時間に起きて会社に行くのもいやだなーとか思ってたけど、今はそういうのが一切ないです:)

 

 

 

 

留学エージェント以外のビジネス展開「日本とカナダをビジネスで繋げる!」

参照:カナダライフスタイルセンターhttp://cicentre.ca/

現在は留学エージェントを主にやっていますが、実はカナダでビジネスをスタートさせたいと考えている日本の企業のパートナーとして、カナダでの起業の手伝いをするコンサルタント業もされているそうです。(→Canada Lifestyle Centerのサイトはこちら

海外生活が長くなるにつれて、日本にいたときには気づかなったような日本の良さを実感するようになったという森川さん。

「世界的に見て、日本には実はすばらしい文化資産がたくさんあって、外国にはないおもてなしの文化が当たり前に根付いている。こういう日本の良さ、日本人だから伝えられることを伝える日本とカナダの架け橋になりたい。」と語っていました。

 

 

 

 

 

日本ではなくカナダを活動の拠点にしている理由は?

理由は3つ。

 

1、奥さんのため。

日本を活動拠点にしてしまうとカナダ出身の奥さんが奥さんの家族と簡単に会えなくなってしまうから

 

2、BC州の郊外に目を向けたるようになったから。

カナダBC州。最初は中心部であるバンクーバーしか見ていなかったけれど、郊外には日本人が知らないような素敵な場所がまだまだたくさん。そういう郊外の素敵な部分をこれからのビジネスにつなげていきたいと考え中。日本にいたら知ることができないような、カナダであまり知られていない部分を開拓するために今後も活動拠点はカナダ!

実際、Vancouver Styleさん発信のブログには、ほかのブログではほとんど紹介されないような、郊外の地元のイベント情報が満載です。

7

参照:http://ameblo.jp/keiya-style/entry-11963176174.html

 

 

3、住み心地がとてもいいから。

カナダに住んで4年。住んでいるうちにカナダがどんどん好きになってきて、カナダのことをもっともっと知りたいと思ったから。最初はカナダじゃなくてもよかったけど、住んでいるうちに大好きになった。カナダじゃないとだめになった。

 

 

 

森川さんの話まとめ

聞いていて「この人の行動力は尋常じゃない。」と思いました。

現地での留学エージェントについて不満を持つ人、「もっとこうすればいいのに。」っていう人ってものすごく多いです。

私もその中の一人でした。でもそれを実際に「じゃあ自分でやっちゃえ」って行動に移す人ってなかなかいないです。

 

外国人女性とご結婚された件についても、「現地の外国人彼女を作る!」と意気込んで海外に来る日本人男性は多いですが、実際彼女ができて、なおかつ結婚までてきてしまう人ってなかなかいないです。

 

エージェント以外のビジネスについても、「こっちにも日本のこういうサービスがあったらいいのに。」っていうビジネスアイデア、海外在住日本人なら誰もが一度は考えたことがあると思います。私もそうでした。でもそれを実際にやる人ってなかなかいません。

 

 

私は別に「起業するのが勝ち組、国際結婚が勝ち組」とは思っていません。

「起業したい、国際恋愛したい」という自分なりに立てた目標のために、何らかの行動に移して、その行動を目標達成まで継続し続けた、というところが、

いまの森川さんをキラキラさせている理由なんだなーと感じて、私も自分の目標達成にけて、頑張ろうと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。