カナダのワーキングホリデービザで現在仕事をしている日本人の友達に、仕事がどんな感じなのか詳しく聞かせてもらいました。
カナダでのワーキングホリデーの仕事がどんな感じなのか知りたい人、ワーキングホリデー中で転職を考えている人の役に立つように、職種別にメリットとデメリットを経験談をもとにまとめました。

スポンサーリンク

カナダのワーキングホリデーの仕事の実態

カナダのワーキングホリデービザを取得すると、カナダで1年間自由に働くことができます。
カナダのワーキングホリデーで日本人がつく仕事というと、ジャパニーズレストランのキッチンやウェイターというイメージがありますが、英語力と、ある程度の職業経験や職業スキルがあれば、実はかなりいろいろな職種で働くことができます。
職種は問わないので、なるべくたくさん稼げる仕事についてカナダ留学費用を浮かせたい人、稼げなくてもいいから、英語力が上がるような完全英語環境の仕事について経験を積みたい人、全然英語が話せないけど、カナダでの生活費を稼ぐためにどんな仕事でもいいから仕事に就きたい人。。。
と、カナダのワーキングホリデーに来る日本人の中でも、仕事に対する希望は様々です。

私はカナダのバンクーバーで生活する中でたくさんの日本人ワーキングホリデー生に出会い、彼らのワーキングホリデー体験談を聞いてきました。
この記事では、そんな現在ワーキングホリデー中の日本人留学生がどんな仕事に就き、その仕事が実際どんな感じなのか、生の体験談をもとにまとめてみました。

カナダでワーキングホリデーの仕事の代表例;ジャパニーズレストラン

カナダにワーキングホリデーに来る日本人のほとんどが、ジャパニーズレストランでの仕事を経験しています。。

カナダワーキングホリデーでジャパレスの仕事をするメリット

・簡単に仕事が見つかる
とにかく求人が多いです。
ジャパニーズレストランであれば、日本人経営、中国人経営にかかわらず、日本食のことをよく知っている日本人がウェイターのほうがお店的にも助かるので、英語があまりうまくなくても採用してもらえることが多いです。
また、英語力に合わせて、まったく話せない場合はキッチンや皿洗い、ある程度話せる場合はウェイターと、ジャパレス内でもいくつか役割分担があるので、英語力の有無がどれほど問われないというのも、ジャパレスでの仕事を見つけやすい理由となっています。

・チップがお給料に上乗せされる可能性がある
このメリットはめちゃくちゃ大きいです。
チップがお給料に上乗せされるかされないかはお店によりますが、チップが上乗せされる場合、お店のロケーションによってはかなり稼げます。
私の友達はダウンタウンのジャパレスで仕事をしていますが、彼女はウェイターとしてたくさんのお客さんに気に入られているので、お客さんによってはチップなのに20ドルもおいて行ってくれることがあるそうです。

彼女は、基本的にダウンタウンにあるお店で働いているのですが、郊外にある同じ系列のお店で人が足りない時に、ヘルプとしてその郊外の店で働くことがたまにあるそうです。
バンクーバーのダウンタウンはアジア系の留学生が多く、チップを払うのを忘れたり、意図的に払ってくれない人が多いらしいのですが、郊外店は地元のカナダ人ばかりで、チップを必ず払ってくれるので、同じ系列店でも、郊外店だとチップのおかげでかなり給料の額が変わるみたいです。
ジャパレスで働くにしても、多くのチップを稼ぎたいのであれば、アジア系の留学生が多いダウンタウンではなく、地元のカナダ人がくる郊外店で働いたほうがよさそうです。

カナダワーキングホリデーでジャパレスの仕事をするデメリット

・英語力が上がりにくい
これにつきます。
キッチンやディッシュワッシャーであればなおさらですが、ウェイターであっても、日本人しか従業員がいないようなお店は、店内での同僚同士のやり取りはすべて日本語になります。
そういうお店はお客さんも日本人が比較的多いので、お客さんへの接客も日本語ということが多々あります。
オーナーやほかの同僚たちにカナダ人がいて、お客さんに日本人がそれほど来なかったとしても、同僚に一人でも日本人がいると、日本語で話してしまいます。
そしてもしその同僚のほうが英語が上手だったりすると、自分が話せなくてもその同僚がすべて手助けしてくれて、自分はたいして英語が話せなくてもどうにかなってしまいます。

・基本的に単純作業
ジャパレスでの時給が最低賃金で、簡単に仕事に就くことができるのは、仕事自体が誰でもできる単純作業だからです。
もちろんメニューを覚えたり、店ごとのルールや物の配置などは覚えなくてはいけませんが、一度覚えてしまえば、あとは日本の飲食店のアルバイトと大差ありません。
単純作業に耐えられない人にとってはつらいかもしれません。

カナダでワーキングホリデーの仕事の代表例:カフェ(スターバックス)

カナダでのカフェでの仕事は、ある意味ワーキングホリデー生たちのあこがれといっても過言でないほど人気の仕事です。
スポンサーリンク

カナダワーキングホリデーでカフェで仕事をするメリット

・英語力を上げやすい
カフェで仕事をするにはそれなりの英語力が必要になるので、なかなかワーキングホリデーの日本人にとってはハードルの高い仕事です。
ジャパレスのように、店中日本人従業員だらけということは少ないし、お客さんも地元のカナダ人ばかりです。
飲み物の細かい注文にこたえたり、お客さんと軽く会話をしたりというのが仕事の一部となるので、英語力を上げないと仕事にならないし、そんな環境で働くうちに、英語力は上がっていきます。

・ドリンクを作るスキルが身につく(可能性がある)
すべてのお店ではありませんが、多くのカフェの店員は、お客さんのドリンクを作るのが仕事となります。
いろいろな種類のドリンクを作る訓練を受け、毎日お客さんにドリンクを作るので、スキルが身に付きます。

カナダワーキングホリデーカフェで仕事をするデメリット

・給料が低い
カフェの店員でも、経験がない場合は最低賃金からのスタートです。
ジャパレスのようにたくさんのチップがもらえるわけではないので、給料だけ見るととても低いです。

・なかなかやとってもらえない
ジャパレス同様人気の職なのに、求人の数がジャパレスほど多くなく、それなりの英語力やコミュニケーション能力が必要となるので、なかなか雇ってもらえません。
特にスターバックスはそのブランド力や英語環境から、たくさんの留学生が働きたいと思っている競争率の高い仕事です。
カフェで働きたいと思っても、仕事をゲットするまでが大変です

カナダワーキングホリデーの仕事例

ジャパレスやカフェは、日本人のワーキングホリデー生の定番ですが、日本である程度経験があれば、専門的な仕事に就くこともできます。
以下は私の友達が実際にワーキングホリデーで働いた仕事です。

・旅行代理店での仕事

私の友達は日本にいたときに大手の旅行代理店で働いていました。
3年その旅行代理店で働いた彼女は、仕事を退職してカナダへ。

英語力が低いうちはジャパレスで働いていましたが、ある程度英語力が上がってからは、現地の日系旅行代理店で働くことに。
その現地の会社は、彼女が日本で働いてきた時の最大のライバル会社だったらしく、最初はちょっと複雑だったようですが、今ではとても楽しんで働くことができているそうです。
同じ旅行代理店とはいえ、日本で担当していた業務と、カナダでの業務内容がかなり変わるので、毎日が新鮮だと言っていました。
が、もちろん日本で3年働いた旅行代理店での経験がなければ、人気の現地旅行代理店の仕事にはつけなかったといいます。
日本での業務経験がカナダで役に立ってと手もうれしいと言っていました。

・薬局での仕事

ブログ経由で知り合った現在ワーキングホリデー中の人です。
カナダ人の友達の紹介ですんなりきまったという薬局での仕事は、完全英語環境、お客さんもローカルのカナダ人がほとんどということで、最初はなれない英語での接客に悪戦苦闘したとのこと。
でもそのかいあって英語力も上がり、今では仕事を楽しんでいるとのことです。

・地元の魚屋さんでの仕事

彼女は日本人が少ない完全英語環境を目指して就職活動していたところ、行き当たったのが魚屋さんだったそうです。
もちろん完全英語環境。
お客さんへの接客は英語で魚の説明をしないといけないので、日々魚に関する英語のボキャブラリーが増えていくと言っていました。
スポンサーリンク
彼女の英語単語ノートには日本語でも知らないようなマニアックな魚の名前がずらりw
魚の名前は日常会話では一切使えないそうですが、基本的な英語力は、この仕事のおかげでかなり鍛えられたといっていました。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。