カナダ留学で絶対必要になる荷物リストを、カナダ語学留学、中国インターンシップ留学、アメリカ大学学部留学を経験した私が実体験を元にまとめました。
スポンサーリンク

カナダ留学で必須の荷物って?

これからカナダ留学にいくほとんどの人が、留学が初めてという方だと思います。
私も、初めてのカナダ留学の時はどんな荷物を詰めたらいいのかわからず、必要ない余分なものまで詰めすぎて、スーツケースがパンパンになってしまいました。
にもかかわらず、本当に必要なものがなくて、
「あれを持ってくればよかった」
と思うことがたくさんありました。

カナダ留学後、中国、アメリカと留学を繰り返すうちに、留学で必要になる荷物がだんだんとわかってきました。

この記事では、そんな私の経験をもとに、カナダ留学で必要な荷物リストを作りました。

カナダ留学で必須の荷物

・衣類

・洋服
洋服は一週間分プラス2.3着あれば十分です。
カナダ留学の場合、ホームステイにしてもシェアハウスにしても、洗濯は週に一度まとめてするのが一般的。

冬のダウンジャケットや防寒用の分厚いセーターなどは、かさばるのと、日本のものは防寒機能がイマイチなので、現地で調達するのがオススメです。

夏物のシースルーの白いブラウスなど、オシャレ着用でお気に入りのものは荷物に持っていかない方がいいです。

というのも、カナダ留学時に使うカナダの洗濯機は、日本のものほど高性能ではなく、旧式のものが多いです。

デリケート用の機能で洗濯しても、服はかなり傷んでヨレヨレになります。

アパートに住む場合、洗濯機と乾燥機は住民共用のコインランドリーが一般的です。一度の洗濯(約一週間分)で2ドル前後かかります。

色物と白いものを分けて洗濯するとなると、2回洗濯機を使うことになるので4ドルもかかってしまいます。

節約したい人は色物と一緒に洗えないようなデリケートな白い服は持っていかないことをお勧めします。

・下着
下着も1週間分プラス2.3枚あれば大丈夫です。
女性用の下着は、カナダで買うと日本より少し高めなのと、日本人の体のサイズに合わないことが多いので、日本から持っていった方がいいです。

こちらもお気に入りの高級な下着はヨレヨレになり、黒ずんでくるので、持っていかない方がいいです。

・ヒートテック
これはカナダ留学の必須荷物といっても、過言じゃないです。
かさばらないし、暖かいし、旧式の洗濯機でガンガン洗ってもすぐにはヨレヨレにならない。
乾燥機にかけなくても脱水だけで干しておけばすぐに自然乾燥するので、乾燥機は代の節約にもつながります。

ユニクロはトロントに2店舗ありますが、それ以外の地域にはありません。
日本から持っていくことをお勧めします。

・バスタオル、タオル
ホームステイではホストファミリーが用意してくれることが多いですが、シェアハウスやアパート暮らしでは自前が一般的。
大きなバスタオルはかさばるので、私はハンドタオルより少し大きいくらいのサイズのタオルを8枚ほどもって行きました。
髪の毛を拭く用と体を拭く用で一度に2枚使えば、かさばるバスタオルは必要ありません。

・衣類を入れる旅行用圧縮袋
100均で売っているようなものでOK.カナダ留学用荷物で一番かさばるのが洋服です。圧縮袋にいれるだけでかなりスーツケースのスペースが確保できるので、これは必須です。
カナダでも日系の100円ショップに売っていますが、日本で買うより割高です。

・衣類を洗う洗濯ネット
カナダ人は洗濯ネットを使う習慣がありません。こちらも日系の100均で買えますが割高です。
カナダでは旧式の洗濯機が今でもかなり使われているので、洗濯ネットに入れないと洋服がすぐにボロボロになります。

・衣類を干す洗濯バサミ柄たくさんついたヤツ(小さいものでok)
正式名称がわかりませんでした。
濡れた洗濯物を干す洗濯バサミつきのハンガーみたいなやつです。
こちらもカナダの日系の100均で買えますが割高です。

下着が干せるくらいの折りたたみ式の小さいものでいいので、あると便利です。
乾燥機にかけても完全に乾かなかったものをかけたり、使用後の濡れたタオルを乾かしたり、乾燥機にかけたくない服を乾かしたりするのに大活躍します。

トイレタリー、洗面用具

・シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉、歯ブラシなどは最初の3日分くらいあればあとは現地で日本と変わらない質のものを入手できます。

・化粧水、乳液
カナダ人の女性は日本人のように毎日保湿するという習慣がありません。

化粧水乳液は安くて質が低いものか高くて高品質なものの両極端しかありません。

中価格帯で高品質の愛用のものがあれば、日本から持っていくことをオススメします。

・化粧品
メイク用具は、もちろんカナダでも購入できますが、日本のラインナップとはかなり違うので、愛用品やこだわりがある人は日本から持っていった方がいいです。

特にビューラーはカナダで売っているものは日本人の目の形に合わないのと、アイシャドーの色も奇抜すぎて日本人には合わないものばかりです。

マスカラ、アイライナーなどは値段も質も日本とあまりかわらないです。

・メイク落とし
カナダではメイクしない人が多いからか、メイク落としのラインナップが日本ほど充実していません。

日本のようにリキッドタイプ、クリームタイプ、乳液タイプ、オイルタイプ、ムースタイプのようなたくさんの種類はありません。
また、カナダのものをいろいろ試しましたが、肌にしみたり、メイクの落ちがイマイチでした。
スポンサーリンク
・耳かき
こちらもカナダの日系100均で買うと割高になります。
綿棒はカナダのドラッグストアで日本のものと変わらない質、値段のものが買えるので荷物に入れなくてOkです。

・生理用品
カナダでも生理用品は購入できますが、肌触りなどは日本ほど良くないです。

カナダのものもなれれば気になりませんが、肌触りなどにこだわりがある人は日本から持っていったほうがいいです。

・ヘアドライヤー
日本の電化製品の電圧はカナダとほとんど同じです。
シェアハウスやホームステイに備え付けの場合とそうでない場合とあるので、ロングヘアの人は、旅行用の小さなドライヤーを持って行くことをおすすめします。

勉強用具

・電子辞書
今はスマホの辞書機能で代用できますが、語学留学で行く場合、最初はわからない単語だらけで電子辞書頼みになるので、あった方が便利です。

・筆記用具
必要最低限持って行くようにしましょう。
私はいつも多めに持っていってしまい、結局ほとんど使わなかったということがありました。
カナダでも手に入りますが、シャーペンの書きやすさ、ペンで書くときの滑らかさなどは日本製に比べるとかなり劣ります。

・パソコン
語学学校によっては、パワーポイントで資料を作って、英語でプレゼンをすることがあります。
ワーキングホリデーでアルバイトする際の履歴書の作成をしたりするのにもパソコンが必要になります。

・タブレット
留学のためにわざわざ買う必要はありませんが、パソコンを持っていかないのであれば、パソコン代わりにあると便利です。

・スマホ
カナダでも買えますが、日本で使っていた時のスマホは日本の友達の連絡先が入っていたり、日本での思い出の写真が入っていたりするので、絶対持って行くべきです。
Simロックがかかっていても、中国系の携帯ショップに行くと、有料でsimロック解除してくれます。

・日本語の英語の参考書
語学学校で使う参考書は英語で書かれた英語の参考書です。
Forestなど、日本語のものがあるとより理解が深まります。

・TOEICの問題集、単語集
TOEICの問題集って、意外とカナダには売っていません。
売っていたとしても、日本ほど種類がありません。
カナダに留学する人の目的は、英語を身につけて将来の再就職の際のキャリアアップだとおもいます。
が、それには英語が話せるという抽象的なアピールだけでなく、TOEICの点数が必須です。
カナダにいる間にTOEICの勉強をしておくために、日本から問題集を持って行きましょう。

その他

・常備薬
カナダ留学に行くと、必ず時差による寝不足、環境の違いによる緊張からくるストレス、天候のちがいにより風邪をひきます。
日本で風邪をひいたときにいつも飲む総合風邪薬は、わりと多めに持っていってもすぐになくなります。
解熱剤や総合風邪薬などはもちろんカナダでも買えますが、病状を薬剤師さんに英語で話したり、英語のパッケージを読解したりするのは最初はそれだけでストレスです。
また、風邪をひいて体調を崩しているときは、「日本から持ってきた飲み慣れている常備薬」というだけで安心感があります。
本当にすぐになくなってしまうので
一番大きなサイズを持って行くことをお勧めします。

・整腸剤(ビオフェルミン、正露丸など)
こちらも日本で飲み慣れているものを。
お腹が弱い人は多めに。
お腹が弱くなければ、カナダではそれほど必要ないので風邪薬ほどたくさんは必要ないです。

・サングラス
カナダの夏は日差しが強いです。
もちろんカナダでも買えますが、二本の愛用品があれば持っていった方がいいです。

・日焼け止め
カナダの日焼け止めはいくつか試しましたが、においがきつかったり白残りしたり、ベタついたり、その割に日焼け止め効果はイマイチでした。
カナダ人は日に焼けたこんがり小麦色の肌に憧れます。
日本人ほど日焼け止めを使う人が多くないので、種類も多くないし、効果もイマイチなのだとおもいます。
美白命の人は絶対日本で愛用の日焼け止めを持って行くべきです。

・スニーカー
歩きやすいスニーカーが一足は絶対必要です。
カナダは自然豊かで、ハイキングすることもあるので、履き慣れた靴を用意しましょう。

・クレジットカード
カナダは現金よりカード払いの方が一般的です。
お店は大体どこでもクレジットカードが使えます。
語学学校の教材を買うとき、近隣の都市に小旅行に行く際のツアーの申し込みなど、高額な支払いをする場合は、クレジットカードにすることで、大金を持ち歩かないで済みます。
ちなみにカナダ留学に適しているクレジットカードはこちら
→カナダ留学必須のクレジットカードブランドを経験から熱く語ります
・キャッシュパスポート
カナダに持ってきた手持ちの現金が急遽足りなくなったとき、キャッシュパスポートという無料で作れる国際キャッシュカードはとても便利です。

カナダで銀行口座がなくても、日本から入金することができ、カナダのほとんどのATMでその、日本の口座から、低い手数料でカナダドルの、現金を引き出すことができます。

→中国留学でお金をもっていく安全でお得な方法を経験者が解説するよ。

・折りたたみ傘
カナダの折りたたみ傘は大きくて重いものばかりです。
軽いものは高いくせにすぐに壊れてしまいます。
日本の折りたたみ傘は小さくて軽くて高品質なので、持って行くと便利です。

・リュックサック
あると何かと便利です。
スポンサーリンク
語学学校で使う本は重くて量が多いので、通学用にもOK。
カナダでポピュラーなハイキングに行くときにも便利。
小旅行に行く時にもつかえます。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。