カナダコモンロー国内申請に
ついて、ブログ読者さんから
質問をいただいたので、
私なりの回答をシェアします。
スポンサーリンク

カナダコモンロー国内申請

ブログ読者さんからのコメント

→私は2016年11月にコモンロー
国外申請でカナダ永住権申請を
終え、現在永住権取得を待って
いる状態です。

国内申請はしてませんが、
国外申請、国内申請どちらに
するか検討する際、どちらの
方法もよく調べたので、
その時に調べた経験をもとに
答えます。

カナダコモンロー申請の異議申し立て

私は移民コンサルタントの資格
を持っていないのと、自身の
コモンロー申請も移民弁護士や
コンサルタントを雇わずに個人で
やったので、この情報が現在
本当に正しいかはわからないし、
正しくなかったとしても責任は
とれません。参考程度にして
下さい。

私は、英語と中国語と日本語で
「カナダコモンロー永住権申請
国内申請、デメリット」
で検索してヒットしたサイトや
ブログを片っ端から読みました。

コモンロー永住権国内申請に
関して書いているサイトの
ほとんどほ、移民弁護士事務所や
移民コンサルタントの事務所で
した。

そしてそれらの情報によると
「カナダコモンロー国内申請を
して、その申請が却下された
場合、異議申し立てができない」
★正し、移民コンサルタント
もしくは移民弁護士を雇って
国内申請した場合は、その
コンサルタントや弁護士を
通して、異議申し立てができる。

ということでした。

つまり、個人でコモンロー国内
申請をしてその申請が何らかの
理由で却下され、永住権が
取得できなかった場合、
「その理由で永住権申請が
却下されるなんておかしい。
もう一度審査し直してくれ!」
と主張する権利がないという
ことです。

スポンサーリンク
移民コンサルタントや移民弁護士
を雇わず、個人でコモンロー申請
をする場合、これは一番の
デメリットとなります。

国内申請であれば、永住権申請
中オープンワークパーミットが
とれるので、申請期間中も
カナダで働くことができるという
大きな利点もあります。

が、私はこの「国内申請の場合
個人申請だと異議申し立てが
できない。」
というデメリットから、国外申請
を選びました。

コモンロー申請を審査するのは
人間です。人間は間違える生き物
です。せっかくカナダ移民局の
指示通り、たくさんの書類を
集めて、事実上移民できる状態
まで持って行ったのに、
それを審査する人の人的ミスで
申請が却下された場合、
「それはおかしい!」
と言えずに永住権を諦めるしか
ないなんて私は嫌だと思いました。

彼の実家で同棲の場合のコモンローの証明

私の場合はカナダ永住権を持つ
外国人(カナダに両親が住んでない)
である、彼がコモンローの
スポンサーとなり、彼と連名で
賃貸の部屋を借りて、同棲を
始め、コモンロー申請に
至りました。ブログ読者さんの
ような場合とはかなり違うので、
私が思う方法があっているか
わかりません。こちらも参考
までにお願いします。

私だったら、現在同居している
彼氏さんのご両親に、二人の
関係や、二人が彼氏さんの
ご実家で同棲していることを
証明する手紙を書いてもらい、
ご両親に、その手紙を持って
司法書士や弁護士のところに
行ってもらい、公証して
もらいます。

そしてその公証してもらった
手紙を二人が同棲していた
記録として提出すると思います。

また、もしご両親の持ち家に
家賃や食事代、光熱費のような
形で、ご両親に毎月一定の
お金を払っているのであれば、
そのお金の支払いかたを
現金で直接手渡しではなく、
小切手や銀行振込などに
して、毎月お金の流れが見える
ようにしておくと、あとで
銀行に振込履歴を出してもらえば
両親と同棲しているという
事実を証明する一つの方法だと
思いました。

また、例えば両親のご兄弟など
がご両親の実家に頻繁に出入り
しているようであれば、その
人に公証人に提出する手紙を
書いてもらい、両親との同居を
証明してもらうのもアリだと
思いました。

最後に、コモンローでの永住権
申請を個人で(移民コンサルタント
や弁護士を雇わずに)検討中の方
読みにくいし英語だし、敬遠して
しまう気持ちもわかりますが、
CICのコモンローに関する記述を
暗記するくらいの気持ちで
何度も何度も読むことをお勧め
します。

一緒に住み始めたばかりでまだ
コモンロー申請まで一年もある
から。。。
とコモンロー申請直前までなんの
準備をしていないと、
のちのち
「あの書類がない、この書類が
ない。この証明の仕方が
わかりない。」
とトラブルになって、予定
していたコモンロー申請時期に
遅れが出ることがよくあります。
(経験談です)
私は9月にコモンローが成立して
すぐ申請するつもりでしたが、
彼のCRA(税金関連)書類が
スポンサーリンク
揃わず、結局申請を終えたのは
11月末でした。

コモンロー申請の最低でも半年
前にはCICのコモンローに関して
全て頭に入れておき、少しずつ
コモンローの証明書類を揃えて
行くことをお勧めします。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。