カナダのナニービザで永住権
取得を目指す際、最初の難関
はナニービザのスポンサーに
なってくれる雇用主を見つける
こと。なかなか見つからないと
「ナニービザのスポンサーに
なってあげるから、ナニー以外
の仕事をしてみない?」
という甘い言葉をかけられます。
この記事ではそういう怪しげな
ナニービザのジョブオファー
で実際にあった話をまとめ
ました。
スポンサーリンク

ナニービザのスポンサーになってあげるから移民弁護士のアシスタントしない?

私は日本人ですが中国語が
話せるので、中国の学校に
かよっていたということ、
中国語が話せるということ
をプロフィールにのせて
いました。
すると、移民弁護士と名乗る
人から、
「英語ができない中国人
クライアントの対処に困って
いるので、中国語と英語が
できるアシスタントを
探している。ビザがなければ
うちの子供のナニーとして
雇うことにして、ナニービザを
とってあげるから、2年働けば
永住権もとれるよ。
今アシスタントしてる台湾人の
子は、2年やって永住権申請まで
終えたから、その子の後任を
探してるんだけど。」
という話でした。

10人くらいの雇用主から
面接を受けて落とされた後だった
ので、正常な判断力がなくなって
いました。
ナニービザのスポンサーにさえ
なってくれればもうなんでも
いいやくらいに思っていたので
この怪しすぎるジョブオファー
を真剣に受けようと思いました。

が、そのことをナニー学校の
友達に相談したら、
「そんな怪しいの絶対辞めた方
がいいよ。」
と言われて我に帰りました。

ナニービザを取得して
ナニーとして働かないのは
明らかな違法就労です。
法を犯すという意味では犯罪者
です。違法就労は発覚
すれば永住権どころか日本に
強制送還されてカナダに二度
と入国できなくなること
だってありえます。

もともと子供が嫌いで
ナニーの仕事をしたくないと
思っていて、ナニービザの
スポンサーがなかなか
見つからない中だったので
危なくそのジョブオファーを
受けるところでした。

クラスメイトの冷静な一言で
救われました。

僕がしてほしいことをなんでもしてくれる人

これは私ではなくて現在
進行形でナニービザの
スポンサーを探している
私の友達が最近受けたジョブ
オファーです。

彼のプロフィール写真には
自撮りっぼいキメ顔の白人男性
一人。普通夫婦や子供と
一緒に写っている写真なのに、
明らかにおかしいです。

その友達はとてもかわいいので、
プロフィール写真にひかれた
みたいです。が、明らか仕事
内容がおかしい。

具体的にいうと
ビキニを着て自分のクライアント
にドリンクをサーブしたり
してほしい。
見た目が魅力的な人を探して
いる。

スポンサーリンク
みたいな感じです。

一応
子供はいるの?何人?
という質問をすると、

シングルファーザーで子供は
一人。とさらっと言うだけ。

ナニービザのスポンサーにも
なると言っていました。

また、僕がやってほしいと
思うことをすべてやってほしい。

と、かなり抽象的なことを
いってきて、性的なことを
意味しているともとれました。

そして提示してくるサラリーが
異常に高い。

ナニーの仕事内容やその子の
ナニーの経験などはなにも
聞いていないのに高額な
サラリーの提示はおかしいです。

子供に関しては自分からは
一切言わない。

そもそも自分の大切な子供の
面倒を見るナニーという
仕事の記述が一切ないのは
明らかにおかしかったです。

もちろん彼女はこのジョブ
オファーは断りました。

カナダナニービザで永住権取得を目指す人へ

カナダのナニービザ取得は
保育未経験者や、ある程度
の英語力がない人にとって
ビザスポンサーを見つけるのは
至難の業です。

多少怪しくてもちょっと心が
動いてしまうようなナニービザ
制度を悪用した怪しいジョブ
オファーがあると、ついその
楽なほうへ逃げてしまいそう
ですが、ナニービザを取得して
ナニーとして働かないのは
違法です。

その違法行為が2年の間に
公になった場合、カナダ
永住権はおろか、カナダへの
入国さえできなくなります

どういう選択をするかは
あなた次第ですが、
うまい話には必ず裏がある。

怪しげなジョブオファーを
受けて、心が揺れ動いて
しまったら、冷静に状況を
判断してくれる信頼できる
友達にその話をしてみて
ください。

カナダナニービザで永住権を目指す人へ番外編

私のナニービザのスポンサー
になってくれた今の雇用主は
私のプロフィールを見て雇用主
のほうから私にコンタクト
してくれて、面接をし、私の
雇用を決めてくれました。

現在ナニービザのスポンサーを
探している人の役に立つかも
知れないので、私がナニーの
仕事を探していた時に掲載
していた実際のプロフィールを
載せておきます。

Hello. I am Aya from Japan. I am 26 years old. I speak Japanese, English, and Chinese (mandarin).
I worked as an English teacher at a cram school for elementary school students for a year in Japan.
I had 3 classes 1st, 6th, and 8th grades. Each class had about ten students.
It was hard to manage these big classes and to get the students to study but I tried my best and built strong
relationships with them and ended up I enjoying teaching and communicating with my students.
I love children.
I am looking for full-time nanny job. Live-out is prefered.
Looking forward to hearing from you soon, Best Regards, Aya.

ケアギバー養成学校に通って
いたときに、当時の校長先生
に、「子供との経験を必ず
のせなさい。」
と言われて書いたプロフィール
です。

日本で大学生をしていた時に
学習塾の先生として小学生と
中学生に英語を教えていたこと
スポンサーリンク
があったのが唯一の子供との
関わりなので、それを全面に
出しました。

→カナダナニービザ取得の為の職探しの相談に回答します。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。