カナダ永住権取得を目指すブログ

人気ブログランキングへ

以下がその略歴です。

 

スポンサーリンク

 

カナダ永住権取得を目指すブログ管理人のAyaです。

平成元年生まれ20代後半に
突入しました。

日本の大学を卒業していますが
大学在学中に合計2年間、
カナダ、中国、アメリカに留学
していました。

2010年3月~8月:

 

カナダにワーキングホリデー、

バンクーバーに3か月、

ビクトリアに3か月滞在。

語学学校に通いながら
ホテルのフロントで働く。

2010年9月~2011年2月:

中国に留学

北京の中央民族大学に
1か月、その後上海の華東
師範大学に2か月通った後
香港系のホテル

Regal East Asia hotel
(東亜富豪酒店)

のフロントデスクの日本語
通訳として住み込みで働く。

2011年8月~2012年5月:

アメリカの大学に交換留学

ネブラスカ大学カーニー校

で経済学(系)を学ぶ。

・一応新卒で日本の大手企業
で働くも、海外生活が
忘れられず、わずか1年半で
退職

★2014年12月:

永住権取得のためにカナダへ

2015年9月;

ケアギバープログラム

で就労ビザと永住権の

スポンサーになってくれる

雇用主を自力で見つけ、

ケアギバー(ナニー)として
2年のワークビザを取得。

同じ雇用主の下で
ナニーとして現在まで働き
続けています。

2016年11月;

コモンロー国外申請で

移民申請書類を提出。

2017年11月頃永住権
取得予定です。

スポンサーリンク

正直会社を辞めた時は
カナダじゃなくても海外で
中国語圏か英語圏なら
どこでもいいくらいに思って
いました。
でもやっぱり経済的に
安定している先進国。
移民の受け入れに
積極的で、永住権が
比較的とりやすい国、

と考えた時にカナダしか

ありませんでした。

でも今はカナダを選んで本当に
良かったと思っています。

カナダ生活2年を突破して

私の生活は日本時代と

劇変しました。

→カナダ永住権取得を目指しカナダにきて2年。劇的に変わったこと4つ

また、ナニーの仕事に対する

考え方も、かなり変わりました。

カナダでケアギバー(ナニー)歴約1年半、雇用主からのメールに涙。

休みの日は、ブログを書くか
ビーチバレーか、ロック
クライミングをしています。

このブログでは、ケアギバー
プログラムでワークビザを取得し
ナニーとして働いている経験

カナダ永住権保持者の彼と
出会い、コモンロー国外申請
で永住権申請をした経験

カナダでの2年以上生活
している経験から、

私と同様カナダ永住権取得
を目指している日本人の
役に立つ情報を発信して
行きます。

2017年2月23日追記

ブログ開設当初はアクセス数ゼロ

が当たり前だった弱小ブログですが、

2017年2月下旬現在、毎日

安定して700アクセスも稼ぐ

ほどにまで成長しました。

コメント欄にブログの感想や

私に対する応援を書き込んで

くださる方。

バンクーバー在住なので私に

会いたいといってくださる方、

遠方で直接会うのは無理なので

スカイプで私と話したいと

言ってくださる方、

現在日本在住だけど旅行や

留学でバンクーバーに行く際に

会いたいといってくださる方

問い合わせフォームよりひっそり

留学関連の相談をしてくださる

方がどんどん増えていてうれしい

反面、反響のあまりの大きさに

かなり驚いています。

ただ、こういう反響があるって

ことは、少なくとも私のこの

情報発信が、少しでも誰かの

役に立てているということなので

このブログをもっと成長させて

もっといろんな人に知ってもらい

たいと強く思うようになりました。

今ではこのブログが私のストレス

解消法であり、読者さんたちが

私の精神的な支えです。

→海外生活をブログにする意外なメリットをブログ運営の経験談をもとにまとめてみた

スポンサーリンク

IMG_4363

人気ブログランキングへ

どちらもカナダに来てから始めて

ハマってしまいました:)

カナダならではの生活を日々

楽しんでいます。

2017年1月1日追記

引きこもりブログ中毒の私がブログを書かずにはいられない理由

私が日本ではなくカナダを選んだ理由

スポンサーリンク

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。