海外生活をブログにし始めて
10か月。海外生活ブログを
運営していく中で気づいた
意外なメリットを自身の
経験談をもとにまとめました。

スポンサーリンク

海外生活をブログにしようと思った最初のきっかけ

私がこの、カナダ永住権取得
を目指すブログという海外
生活ブログを始めた理由は
カナダ永住権取得に関する
日本語の情報がとても
少なかったからです。

コモンロー永住権申請に関する情報がない!

コモンローに関しては個人
ブログでいくつかあった
のですが、情報が古かったり
日記っぽい感じでいまいち
わかりにくかったりして、
結局めんどくさい英語で
検索せざるを得ませんでした。

コモンローで永住権申請を
する日本人は多いのに、
コモンローの永住権申請って
CIC(カナダ移民局)のサイト
を見ただけじゃ暗号みたいで
解読困難。

私は運よく身近に、過去
コモンロー国内申請で
永住権を取得した日本人
の友達がいたので、その人に
聞いて、なんとか永住権
申請までこぎつけました。

でも、身近にそういう人が
いない人でこれから
コモンローを考えている人
にとって、私のコモンロー
永住権申請の経験を
聞きたい人はたくさんいる
だろうと思い、ブログにする
ことにしました。

ケアギバープログラムの情報もない

もうひとつ、カナダ永住権
付与プログラムのうちの
一つ、リブインケアギバー
プログラム(現在のインホーム
ケアギバープログラム)に
関する日本語の情報が
ほとんどなかったことが、
今のブログを始める大きな
きっかけとなりました。

ケアギバー未経験の私でも
唯一できそうという理由で、
ケアギバープログラムでの
永住権申請を検討し始めた
頃、日本語でどんなに検索
してもケアギバープログラムで
検索して出てくるのは、
ケアギバーを養成する学校
のマーケティングページのみ。

ケアギバー養成学校側は
もちろんケアギバー
プログラムのメリットばかり
書いて、
「うちの学校に通えば
ケアギバーになれて
ケアギバープログラムで誰
でも永住権取得
できますよ。」

とケアギバープログラムに
引き込もうとしてきます。

実際その学校を卒業して
ケアギバープログラムで
永住権を取得した卒業生
たちのケアギバープログラム
体験談がサイトには載って
いますが、
「とてもいいプログラム」
「楽しく永住権を取得できた」
みたいな、ケアギバー
プログラムのいいところしか
書いていませんでした。

本当は、実際にケアギバー
プログラムでケアギバーとして
働いた正直な感想、例えば。

「何がたいへんだったか」
「実際働いてみてどれくらい
きつかったか」
「合計何年で永住権が
とれたのか」

が知りたかったのに、そういう
情報は日本語の検索
エンジン上に全然ありません
でした。

実際そこまで深く考えずに
ケアギバープログラムでナニー
ビザを取得して働き始めて
そのプログラムの問題点や
不満がたくさん出てきて、
「ケアギバーになるかどうか
決めるときにこの現実を
知りたかった。」
と何度も後悔したことから
スポンサーリンク

この自分のつらい経験を
ネット上でシェアすべく、
ブログに書くことにしました。

ブログ解説から10か月。海外生活ブログの意外な威力に驚かされる

もともと自分がカナダ永住権
取得のために苦労した経験
をシェアすることで、過去の
私と同じようにカナダ永住権
取得を目指す人の役に
立ちたいという思いから始めた
このブログ、現在では一日
700~800アクセスあります。

もちろんブログ解説当初は
毎日アクセス数ゼロ。よくて
10とか20だったため
「こんなの書いても誰も
読まないじゃん。」
とやるきをなくして、1週間
に1度更新するかしないか
というかなりやる気のない
感じでした。

が、そんなやる気のない感じ
で細々と続けていただけ
なのに、ブログ開設から6か月
すぎたあたりから、ブログ読者
さんからぽつぽつとコメントを
もらうようになったんです。

私の海外生活ブログ読者さんからいただくコメント例1
単純にほめてくれる

「すごく共感します。」
「ものすごく役に立つ情報
ありがとうございます。」
「おもしろかったです。ブログ
更新楽しみにしています。」
など、単純にほめてくれて
私を応援してくれる。

ブログ解説当初はこんな
コメントがもらえるなんて
思っていませんでした。

とてもうれしく、たまに海外
生活がつらいと思ったときに
このコメントを見ると
ものすごく元気がでて
励まされます。

私の海外生活ブログ読者さんからいただくコメント例2
具体的な質問

「コモンローの○○の書類って
どうしましたか?」
「ケアギバープログラムで
ワークビザを取る具体的な
方法を教えてください。」
「留学を考えてるんですが
実際バンクーバーってどう
ですか?」

こういうコメントを受けて、
「ネットで調べている人は
こういうことが知りたいんだな。」

ということがわかり、その質問
にこたえる形でブログ記事を
書くと、その記事からの
検索エンジンからのアクセスが
増えたということが何度も
ありました。

これらのコメントのおかげで
アクセスが増えたような
もので、とてもありがたい
と思ったし、アクセスが
増えるのはやる気もでるし
単純にうれしいのでこれも
かなり私の精神的な励みに
なっています。

私の海外生活ブログ読者さんからいただくコメント例3
私に会いたい、話したいですと言ってくれる

「コモンロー申請を考えて
います。バンクーバー在住
なのでぜひお会いしたいです。」

「ケアギバープログラムで
私も働いています。ブログ
記事を読んでどうしても
会いたいと思いました。」

と、バンクーバー在住で
に似たような境遇の人は
もちろん、

遠方にいるのでスカイプで
話がしたいとまでいってくれる
人。
また、これからバンクーバーに
行くので将来的に現地で
会いたいという人

旅行でバンクーバーに
行くのでその時に会いたい。

という人まで。

実際もうすでにたくさんの人
と直接あったりスカイプしたり
これから会う予定を立てたり
メールでやり取りしたり
しています。

現地に友達ほぼゼロの私
にとって、こんな私に会いたいと
言ってくれるなんて驚き
だったし、とてもうれしかった
です。

コミュ障、人見知りで、
できればあまり初対面の
人と会いたくないと思って
いた私ですが、不思議な
ことに、このブログをつうじて
知り合った
このブログを通して出会う初対面
のブログ読者さんって、
コモンローだったりケアギバー
だったり、留学だったり
国際恋愛中だったり、私と
何らかの共通点を持っていて
似たような価値観を持って
いる人しかいないので、
初対面でも初対面の感じが
全くしないんです。

人見知りの私でも話しがどんどん
はずんで、
「あーそれめっちゃ、わかる」
みたいな共感ポイントがとても
多いので、ブログ読者さんと
あったり話したりするのは
ものすごく楽しいんです。

またここでもブログ読者さんとの
会話の中で気付いたブログネタ
をブログに書くと、これまた
アクセスが急激にのびたり
したことが何度もあります。

ブログ読者さんに会いたいって
行ってもらって、会ってるのに
結局は私のためにもなってる
感じです。

海外生活ブログのメリットまとめ

海外生活ブログを続けてある程度
アクセスが集まってくると、

世界中にたくさんいる
「自分を必要としてくれる人」
に出会うことができます。

そういう人は私の単なる経験談
を価値のある情報として
受け取ってくれて、その対価
スポンサーリンク

として私をコメントやアクセス
で応援してくれます。

↓↓↓↓皆さんお待ちかねの「自力でカナダ移住応援プロジェクト」が間もなく解禁です♪ メール講座に登録していただいた方のみ、特別に無料相談を受け付けています:) (メール講座で私のSNSプライベートアカウント”Faceboook,Instagram,Line@”公開中です) コモンローのこと、ケアギバープログラムのこと、メール講座にて質問にお答えします。