ケアギバープログラムで永住権
をとるためにケアギバーとして
働いている友達の中には稀に
仕事を楽しんでいる人もいます。

実際最初の1年は苦しんでいた
私も、1年を過ぎると急に仕事が
ラクになり、楽しみながら
働くことができています。

この記事ではそんな、
ケアギバーの仕事を
楽しんでいる人たちの仕事の
様子をまとめました。
スポンサーリンク

 

世話をする子供の数が1人(1才未満)

私が働いている家の近所で
ナニーをしている日本人の
友達は、今の仕事をものすごく
楽しんでいると言っていました。

世話をする子供は生後7ヶ月で
1日の半分以上寝ている赤ちゃん
1人。あまり人見知りしないよく
笑う男の子で、ほとんど泣かない
のでほとんど手がかかりません。

まだNOとも言わないので、
何事もされるがままの可愛い
盛りの赤ちゃんは、
見ているだけで私まで
癒されます。

 

雇用主が大金持ちでケチケチしてない

彼女の雇用主は自営業で不動産
仲介会社を経営しており、高級
住宅街の中でも一等地の大豪邸
に住んでいます。

仕事中の大半、赤ちゃんが
寝ている間は汚れているところを
掃除するように言われていますが、
定期的にプロのお掃除屋の
おばさんが来て掃除されている
豪邸は常にピカピカで、掃除
するところがありません。
汚いところがなければ子供が
昼寝している間は自由にしていて
いいと雇用主から言われて
いるので、スマホで
ネットサーフィンしたり、本を
読んだりリラックスしている
そうです。にも関わらず時給は
常に16ドル。

車でいろいろなところに連れて言って欲しい

彼女は自分の車を持っています。
子供用のチャイルドシートは
持っていませんが、雇用主が
普段使っている取り外し可能な
チャイルドシートを借りて、
子供を連れてドライブに行ったり
図書館に行ったりするのが
仕事の一部です。

雇用主いわく、小さいうちから
いろいろなところに連れて行って
欲しいので、子供をどこに連れて
行ってもオーケー。
驚いたのはスーパーやデパートに
連れていくのもオーケーなので、
私の友達は仕事中に雇用主公認で
デパートやスーパーへの自分の
個人的な買い物に子供を連れて
行っているらしいです。

 

バハマへのバケーションにも連れて行ってもらえる

雇用主が定期的にバケーションを
過ごすバハマの別荘にも一緒に
ついて行ったそうです。
もちろんバハマへの航空券や現地
で彼女が宿泊するホテルも雇用主
負担。バハマで子供の世話を
しながら、美しい海やリゾートの
景色に、まるで自分が
バケーションに行っている気分に
なったと言っていました。
スポンサーリンク

 

おじいちゃんおばあちゃんが来ている間は仕事なし

 

最初の一年間は辛い思い出しか
なく、毎日辞めたいと思っていた
私ですが、1年続けたら
「めちゃめちゃおいしい仕事かも。」
と思い始めました。

というのも、子供がある程度
大きくなり、子供だけで遊ばせて
いても危険なことがほとんど
なくなったのと、子供が私の
言うことを聞いてくれるように
なったからです。

また、最近おじいちゃん
おばあちゃんが孫たちに会いに
頻繁に来るようになったんです。

おじいちゃん達が来ると
子供たちはおじいちゃんたちに
夢中なので、私はやることが
ありません。私の雇用主も
定期的にプロの掃除屋さんが
家を掃除しにくるので、
掃除する必要はありません。

それ以外の家事は雇用主から
頼まれておらず、やることが
ないときは適当に休んでいてね
と言われています。

しかも、だいたいそう言うときは
終業予定時間の2.3時間前に
「あとは私たちがめんどうみる
からAyaはもう帰っていいよ。」
と(全然嫌味な言い方でなく)
気持ちよく帰らせてくれます。

早上がりした分もちゃんと時給
分は払ってくれます。

なのでおじいちゃん達が来たら
その日一日は有給休暇
みたいなものです。
時給は出るけどやることはない。
雇用主公認でリラックスする
ことにっているので、全く
働いている感はありません。

子供が2人、ある程度大きくなると2人で遊びを見つけて2人だけで安全に遊んでくれる。

もう一つ、最近ものすごく
ありがたいなーと思っているのが
子供が2人だけで夢中になって
遊んでくれること。

3歳のお兄ちゃんが1歳の妹に
読み聞かせ(のマネ)をして
あげるのが最近の2人のブーム
です。

まだ文字は読めないですが、
「昔々あるところにー、」
から始まって、なんとなく絵を
見ながら雰囲気で絵本の説明を
するんです。何度も読んでいる本
なので2人とも内容は頭の中に
入っていて、上の子は一生懸命
本を読んで、下の子はそれに
聞き入っています。
私が近づくと
「僕が読んであげるんだから
Ayaはヘルプしないで!」
と言って来ます笑

この絵本読み聞かせごっこが
始まると1時間以上2人で静かに
本を読んでくれるので、私は
スマホでブログを書いています。

ケアギバーの仕事は悪いことばかりじゃない

雇用主に恵まれて、仕事にも
ある程度慣れてくると、
ケアギバーの仕事は結構楽で
楽しいです。
毎日辞めたいと思いながら
辞めたい気持ちを必死でこらえて
ここまで来て、
「あの時辞めなくてよかった。」
と思えるようになりました。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。