海外生活が辛いと感じる人と
海外生活が楽しいと感じる人の
違いを、カナダ、中国、アメリカ
に留学した経験をもとにまとめました。
スポンサーリンク

 

全く同じ海外生活でも辛いと感じる人と楽しいと感じる人がいる。

私は学生時代、カナダと中国と
アメリカに合計2年留学して
いましたが、どこの国に留学しても、
必ず海外生活が辛いと愚痴ばかり
言っている人と、海外生活が
楽しくてしょうがないと言わん
ばかりに思いっきり楽しんでいる
人がいました。
私は常に後者だったので、正直
愚痴ばかり言って帰りたいと連呼
している人たちが何故そう思う
のか理解できませんでした。

でも、彼らを観察していると、
そういう人に共通するマイナスな
共通点がいくつかありました。

 

海外生活が辛いと思う人

海外生活に対する憧れが強すぎる。
海外生活が辛いという人たちは
決まって、海外生活に強すぎる
憧れや希望を持っています。
そしてその期待値の高さと、
現実とのギャップから
「海外生活はもっと楽しいと
思っていたのに。」
と、落胆してしまうのです。
・日本人女性はモテると聞いて
いたので、自然とイケメン外国人
彼氏ができると思っていたのに
彼氏を愚か友達さえできない。

・とりあえず海外に留学して
しまえば、自然と英語が話せる
ようになると思っていたのに
全然話せるようにならない。

・海外に来たら毎日なにかと
楽しいことが起こると思っていた
けど実際には退屈な毎日

こういう人たちは「海外にくれば
(自分が何もしなくても)自然と
なにかすごいことが起こると本気
で信じています。でもそんな魔法
みたいなことが海外に来たってだけ
で起こるわけがなく、
「なんだつまんないの。」
と海外生活の愚痴ばかり言います。
スポンサーリンク

海外生活が辛いという人の共通点2

自分から行動しない
消極的で、自分からアクションを
起こさない人は、海外生活で辛い
思いしかしません。

・英語が話せない。
→話せるようになるために
何かしらアクションを起こす前に
あきらめてしまう。
自分には英語がむいていないから
と、決めつけてしまう。

・友達ができない
→友達を、作ろうと行動を起こす前
に、「私には無理だ。」と
あきらめてしまう。

・海外生活がつまらない
→楽しいと思えるように楽しそう
なことを見つけようと努力する
前に「海外生活なんてこういう
ものだから。」
とあきらめてしまう。

海外生活を楽しめる人の共通点

行動力がありすぎるので
基本忙しい。

・少しでも興味があることには
なんでもチャレンジしてみる
例)現地人の友達が欲しい
→とりあえず現地の
コミュニティに入ってみる
→友達ができる(目標達成)
or
英語が、通じず友達できず
→英語をなんとかしよう
→英語を上達させるために
なんらかの行動に移す。
→→→…
次から次へと海外でやりたいこと
を見つけてはチャレンジして
の繰り返しなので辛いと感じる
暇がないです。

海外生活を、楽しめる人の共通点2

絶対達成したい目標を、持っている

・なにがなんでも英語がペラペラしゃべれるようになる!
・絶対金髪青目の彼女を作る!
など、にかしら目標がある人は
その目標を海外生活中の限られた
時間内で達成しようと必死なので
海外生活が辛いなんて言っている
暇はないです。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。