中国留学でお金を日本から
安全にお得に持っていくベスト
な方法を、中国、カナダ、
アメリカ留学経験者の私が
解説します。

中国留学でお金を持っていく安全でお得な方法

カナダ、アメリカへ留学経験の
ある私ですが、中国留学は
先進国の英語圏留学とは
わけが違いました。

まず私が一番心配したのは、
中国で使う現金を日本から
どうやって持ち運ぶか
ということでした。

アメリカ、カナダなどの先進国
ではデビットやクレジットでの
買い物が一般的。

現金を使うことって少ないです。
なので、最初に日本から
持ってくる両替する用の現金
が少なめでもしばらくはクレジット
カードだけでも十分やっていけます。

が、中国では逆にデビットや
クレジットカードが使えるちゃんと
したお店のほうが少ないんです。

大手の高級レストランや
デパートでは使えますが、
こじんまりとした個人商店で
そういうカードで買い物をするのは
個人情報を抜き取られる危険が
あるので絶対にダメです。

留学生が一般的にいくような
安めのお店であれば絶対お金
は現金ではらうのが一番安全です。

毎食費、雑貨、服、カラオケ
などの娯楽費をすべて現金で
毎日払わなくてはいけないので
物価が比較的安い中国といえど
日本から持ってきた少なめの
お金(現金)をちょっと両替した
くらいでは、お金がすぐに無くなって
しまいます。

そうなんです、中国留学では
先進国の英語圏留学より
お金(現金)を多く使う傾向が
あります。

そこで、私が使っていてとても役
に立ったのが、マスターカードの
キャッシュパスポートでした。

マスターカードキャッシュパスポートの使い方

留学前に以下のサイトで

情報を登録。申し込みから
面倒な審査なし、1週間くらいで
自宅にカードが送られてきます。

あとは、登録したサイトの指示に
従って中国留学中に使う額
を自分の銀行口座から入金
するだけ。

自分が入金した以上の額は
使えないプリペイド式なので、
使いすぎるのを防止してくれる
優秀なカードです。

もしも最初に入金した分の
お金を中国留学中に
使い切ってしまったら、日本に
いる両親にお願いして自分の
口座からキャッシュパスポートに
入金するよう頼めばそのお金を
中国で使えます。

中国留学中使い切らなかった
キャッシュパスポートに入った
お金は、帰国後払い戻し
可能です。

中国でキャッシュパスポートから現金を下ろす

中国に留学していた時に、どの
銀行のATMからでも、この
キャッシュパスポートを使って
中国のお金(人民元)を
おろすことができました。

ちなみに、どこの銀行にも属
していないこじんまりとした
個人商店においてあるATMは
怪しいので使わないほうがいいです。

不当に手数料を取られたり
個人情報を抜き取られる
可能性があります。そんな
怪しいATMに行かなくても、
ちゃんとした銀行のすぐ横に
設置してあるちゃんとした
ATMが日本同様どこにでも
あります。

・クレジットカードとしても使える

中国留学ではあまり使うことは
ないですが、マスターカードの
クレジットカードとしても使えます。

ガチの食中毒にかかって
深夜急患で病院に行った際、
その病院が海外保険会社と
提携していなかったため、現金で
治療費と薬代をはらえと
いきなり言われ、普段持ち
歩かないような大金(日本円で
3万円ほど)を請求された時

このクレジットカード機能が私を
救ってくれました。

ATMは深夜でしまっているから
現金を下ろせないし、てっきり
キャッシュレスで行けると思っていた
海外旅行保険サービスは
後で建て替えるからとりあえず
現金で払えの一点張りだし

食中毒で死にそうな中お金が
足りないトラブルに見舞われ、
キャッシュパスポートに本当に
救われました。

・無料でカードを発行してくれる上、Tポイントまでたまる

無料、1週間でカードが自宅に
届き、現地で現金を下ろしたり
マスターカードのクレジットカード
昨日で買い物したりすると、
Tポイントがたまる優秀すぎる
カードです。(ちなみに私が
中国に留学していた2010年
には、Tポイントなんてありません
でした。)

・中国で銀行口座を作って日本から海外送金するより断然便利

中国留学時に日本からお金を
持っていく方法の一つとして
私が留学していた時に最も
一般的だったのは日本からの
海外送金でした。

中国で銀行口座を作って、
日本の銀行口座から送って
もらう方法です。

実際私はこの方法も試みた
のですが、めちゃくちゃ不便
でした。

まず、中国語がよくわからない
中国留学初期の段階で
中国現地の銀行口座を
一人で作るのはほぼ不可能

作れなくはないですが、なんだか
よくわからない銀行のサービス
に加入させられる可能性が
あるので、危険です。

語学学校の先生なり、中国語
が堪能な日本人なりに一緒に
言ってもらって作るのが一般的
でした。

先生や中国語がペラペラな
日本人たちは新留学生のために
毎回銀行口座つくりに
付き合わされるので、彼らのアポ
をとるのが大変でした。

そして中国の銀行口座を
作るのって、基本電話予約
サービスなんてないので、
めちゃくちゃ待たされます。

やっと作れた銀行口座に
日本から送金してもらうため
に日本にいる両親に中国の
口座の口座番号を教えて、
送金方法を説明して。。。。

無事届いたかATMに行って
確認する。。。

留学終了時期が近付いたら
また銀行で順番待ちして
銀行口座を閉めに行く。
(放置しておくと悪用される
可能性ありなので)
というめんどくさい作業が
キャッシュパスポートなら
いりません。

また、海外送金って結構
な手数料がかかります。

キャッシュパスポートは基本
無料です。

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。