留学エージェントを使わない

べきか使うべきか、私の

独断と偏見でまとめました。

この記事は

→留学エージェント使わないべき使うべき?ー前編ー

の続きです。

スポンサーリンク

留学についてよく知っている今だから感じる、当時の留学エージェントカウンセラーの不信点3

 

ルームシェアを考えていた
私に対し、ホームステイを
ごり押ししてきた。

シェアハウスも視野に
入れていたのですが、
気づけばホームステイする流れ
になっていました。

 

その留学エージェントはのちに倒産する超ブラック企業だった

のちにそのエージェントは
倒産するのですが、

→留学中にエージェント(サクシーオ)が倒産した実体験

倒産する前にそのエージェント
を退職したカウンセラー
さんに聞いた話では、
カウンセラーは営業と同じ
売り上げ至上主義。新規の
お客さん(留学生)に対し、
なるべく多くのエージェント
のサービスを受けさせろ

と教育されていました。

お給料も歩合制で、自分
が担当した留学生が
なるべく長い間語学学校に
通い、その学校への仲介料
をたくさんとること、ホーム
ステイを選ばせて、ホーム
ステイの仲介料をとること、
が自分の給料を上げる唯一
の方法だったそうです。

それを聞いて、すべてに納得
しました。

カナダへの留学経験しかない
カウンセラーさんは、もし私が
オーストラリアに行きたいと
言い出したら、オーストラリア
に留学経験のあるほかの
カウンセラーに私を回さないと
いけません。

自分の売り上げがゼロになります。

私が学校に通わなかったら、
紹介料として語学学校から
支払われるエージェントの
収入がゼロです。

私がホームステイしなかったら、
ホームステイ仲介料がゼロ。
自分の給料をあげるため、
営業成績を上げるため、彼は
当然のことをしたまでです。

エージェントを使っていなかったら、もっと効率的に、安く英語力を上げられたかも

留学について何も知らず、
留学エージェントの
カウンセラーさんに言われるが
まま留学プランを立てて
いなければ、確実に
留学費用は安上がりだったし、
もしかしたらもっと有意義な
留学ができていたかもしれません。

 

留学エージェントも上手に使えば便利なサービス

 

留学エージェントの中でも

エージェントの仲介で

学校に通いさえすれば

サービス料無料でビザ手続き

や現地留学サービスを提供

している良心的な留学

エージェントもあります。

この場合エージェントを

使っても使わなくても

語学学校に払う金額は

変わりません。

そういう良心的なエージェント

であれば、使ったほうが

便利な点もあります。

留学エージェントのカウンセラーが言うことを100パーセント信じるな。

私が初めての留学で利用した
留学エージェントは
私が留学中に倒産、留学
期間があと3ヶ月遅かったら、
留学費用全て持っていかれる
ところでした。
危なかったです。

スポンサーリンク

売り上げ至上主義で必要なさそう
なサービスまで無理やりすすめて
くるのなら、そのエージェント
を使うのはやめた方がいいです。

 

留学エージェントの無料相談を受ける前に自分で死ぬほど調べろ!!

 

現在留学経験者や留学中の留学生
が書いているブログがたくさん
あります。ビザのこと、留学先
でのこと、学校のこと、シェア
ハウスの見つけ方などは全て
そういったブログやサイトから
無料で得ることができます。

ちなみに私もブログの読者さんで
希望者には、無料で留学相談に
のっています。
自分の留学経験をもとに、相談者
さんの話を聞きながらどんな形で
留学するのがベストかを
一緒に考えるようにしています。

私でなくても、留学経験者なんて
たくさんいるので、友達、知り
合いに留学経験者がいれば、
そういう人に話をきいてみるのも
ありです。

留学についてある程度理解した上で
留学エージェントに相談するので
あれば、カウンセラーの言葉に
惑わされることもなくなります。

 

なんだかんだでカナダを選んでよかった。カウンセラーさんには感謝している

とはいえ、私はカウンセラーさん
にすすめられるがままカナダを
選んで良かったと思っています。

今はカナダが大好きで、カナダ
で暮らすことができて毎日
とても幸せです。

また、そのカウンセラーさんは
エージェントを退職してから
も私がカナダにいる間は
相談にのってくれたり、
アドバイスをくれたりして
いました。

エージェントが倒産しても
プライベートでそうやって
相談にのってもらっていた
ので、その元カウンセラー
さんと連絡が途切れることは
なく、とても頼もしかったです。

どんな理由であれ、カナダに
導いてくれた元カウンセラー
さんにものすごく感謝しています。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。