高校青春の思い出は部活しか
ない部活少女だった私が、
高校時代の青春を部活だけに
捧げてよかったと思う理由を
まとめました。
この記事は
→高校青春を部活だけに捧げてよかったと思う理由-前編-
の続きです。
スポンサーリンク

 

初めての海外留学に感動。大学で長期留学することを決意

カルチャーショックの連続だった
イギリスには本当に行って
よかったです。

このイギリス短期留学が
のちに私をカナダ、中国
アメリカへの合計2年の留学
に駆り立てます。

部活がものっすごく嫌だ
という思いがなければ、
絶対参加しなかったと思う
ので、ある意味部活の
おかげです。

 

中国、アメリカ、カナダ、バレーがきっかけで友達、パートナーを見つける

どこの国に留学しても、
地元の外国人たちと
バレーボールしていました。

言葉は通じなくても、
スポーツを通じて知り合った
仲間とはすぐに打ち解けられ
地元のコミュニティに簡単に
入り込んでいけるからです。
決して上手いとは言えません
が、高校青春時代の大半を
バレーボールの練習だけに
費やしてきた私は、普通の
女性に比べればバレーが
うまいです。あれだけ毎日
パスやらスパイクやらサーブ
やら練習し続けていたの
だから当然といえば当然
です 笑

そんな、普通の女の子よりも
バレーが上手な日本人

ということで、みんな私のことを
すぐに覚えていてくれます。

そのため、一度バレーをした
外国人たちとは
「あーあの時のバレーが上手
な日本人ね!!」
と次あったときに必ず覚えて
いてくれるので、回を重ねる
ごとにどんどん仲良くなります。

万年補欠でもバレー部を
辞めずに練習ばっかりしていて
よかったと最近ではつくづく
思います。

現在カナダではビーチバレー
がきっかけで仲良くなった
カナダ人たちと夏はほぼ毎日
一緒に遊んだりバレーしたり
しています。

私の永住権申請の保証人
にいなってくれた私の現在の
パートナーとも、ビーチバレー
を通じて知り合いました。

バレー部の部活を頑張った
おかげで、カナダ永住権まで
とれるとは思ってもいません
でした。

 

スポーツだけに専念できる、真剣に指導してくれる人がいる、
真剣に勝ちを一緒に目指してくれるチームメイトがいる
=学生時代にしか経験できないこと

 

カナダでバレーをしていて、
大人になってからバレーを
初めて、うまくなりたいからと
バレーボール教室に通ったり
している人をたくさん知って
いますが、そんなバレーボール
教室なんて、何の役にも
立たないのに。。。

と見ていて思います。

1週間に1度2時間。お金を
払って個人的にバレーボール
を教えてもらう。

こんな方法でスポーツは体に
身につきません。
スポンサーリンク

毎日毎日長時間同じ練習
をして、体を限界まで
いじめ抜いて、試合で負けたり
試合に出れないくやしさを
何度も味わって、そのくやしさ
をばねにまた長時間毎日
練習し続ける。

そんな感じで高校3年間
過ごしてきたから、今の
私のバレーの技術があって、

大人になって、ちょっと
空いた時間でスポーツをうまく
なりたいなんて絶対無理です。

高校時代に真剣にスポーツを
やっていてよかったと心から
思うし、真剣に指導してくれた
顧問の先生や、一緒の
目標を目指して毎日
一緒にバレーしてくれた
チームメイトたちにも
感謝しています。

部活から学んだことはものすごく多い

礼儀、気遣い、人間関係、
上下関係、挫折、努力、
忍耐力。

高校のときあれだけ部活に
真剣に打ち込んでいなかったら
こういうことを学ぶことは
ありませんでした。

私は、万年補欠がとにかく嫌で
試合に出たくて出たくて仕方
なかったので、一人毎朝
4時半に起きて、6時半から
朝練していました。

それを1年間毎日続けました。
でも、試合に出ることは
ありませんでした。

「これだけやったんだから、
試合に出れるはず」

という甘い考えでした。

今思えば、試合で通用する
ような実践的な練習は
できていなくて、ただ自己満で
朝練していただけでした。

ただやみくもに努力するだけ
じゃ無意味。目標を達成する
ためにどうしたらいいのかを常に
考え工夫しながら努力しないと
努力は報われない。

という苦い教訓を、高校青春の
部活で痛感しました。

 

高校青春の部活仲間たちだけは何年たってもどこにいても仲間

大学時代から海外生活期間が
長かった私の、日本にいる友達
は年々減少しています。

→海外生活が長い私の友達は年々減少していく現実

でもこれは仕方がないこと
だと思っています。

その分カナダでの友達がちょっと
ずつ増えているので別に
気にしていません。

が、高校の部活仲間だけは
今でもライングループで
つながっていて、誰かが結婚
出産した際は必ず報告する
システムになっています。

日本で定期的に集まっていて
その時に集まった写真を
ライングループにアップして
くれたり、私にスカイプでつないで
くれたりするので、ものすごく
うれしいです。

どんなに時間がたっても、
海外にいようとも、この高校の
部活仲間たちは一生の仲間
です。

高校時代に部活にここまで
打ち込んでいなかったら、
今頃絶対つながっていなかった
と思います。

高校青春を部活につぎ込んで
よかったと今では強く思います。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。