弟が司法試験予備試験に合格
しました。慶応大学付属高校、
慶応大学を卒業し、東京大学
法科大学院に通う現役東大生
ながら、合格率3パーセント以下
の司法試験予備試験に合格
してしまうスーパーエリートの弟を、
小さい時から間近で見てきた姉
である私が、彼に対して思うこと
をまとめました。

スポンサーリンク

 

お金持ちでも貧乏でもない超普通の家庭

慶応大学、東京大学と聞くと
小さい時からお金をかけて英才
教育を受けてきたお金持ちの
家の子供というイメージがあります
が、全然そんなことなくて、うちは
父は公務員、母はパートという
いたって普通の家でした。

英才教育なんて受けていないし
それ以前に私たち姉弟は、父
にも母にも、
「勉強しなさい。」といわれたこと
は一度もありませんでした。

★小中学生までは至って普通の弟

小学生の時、私は長女
だからかスイミングやピアノ、
お習字などを自分の意志で
やっていましたが、弟はそういう
習い事に興味を示さなかった
ので特に習い事はしていません
でした。

毎日近所の男の子たちと
遊ぶ、テレビゲームが大好き
な超普通の男の子でした。

 

中学3年の受験勉強で家族を驚かせる弟

そんな超普通の家庭に
生まれた超普通の弟が、
普通じゃなくなったのが
中学3年生の高校受験で、
受験した超名門校すべて
合格という偉業を成し遂げた
時でした。

埼玉の実家から通える関東
の名門校、早稲田、慶応、
立教、、、すべて受かったと
母親からメールが来て、

「私の弟ってそんな頭よかった
の?」

と最初は信じられませんでした。
(私が一生懸命受験勉強
して受かった高校のレベルは、
彼が受かった高校よりかなり
下した。それでも地元埼玉の
同級生の中では偏差値が
高かったので、私は自分が
他よりも頭がいいと勘違い
していました。それまでずっと
自分を追いかける立場に
いた弟が、いきなり自分
が通う高校よりはるか上の
ランクの高校に受かって
しまってしまい、うれしい
反面、無意識のうちに弟を
下に見ていた自分を恥じました。

そして驚くべきが、そんな
名門校に受かるなんて
予想だにしていなかった母親
が彼に通わせていた塾は
名門校に続々合格者が
出るような大手の学習塾
ではなく、生徒数5人、
クラス分けもできないような
超個人経営の地元の
塾。それまでその塾から
慶応に受かった子供なんて
おらず、うちの弟はいきなり
その塾の広告塔になりました。

慶応付属の高校に通い始めて彼の快進撃が始まる

慶応付属の高校は、半分
くらいが中学、小学校、
幼稚舎からエスカレーター式
にのぼってきた超お金持ちの
お坊ちゃんたち。うちの母親が
初めて慶応の保護者会に
行ったとき、お母さま方の
高級ブランド服やお金持ち感
あふれるふるまい、話し方に
圧倒されたといっていました。

私は地元の中学に通っていた
時はたいして勉強しなくても
常にトップの成績だったのが、
都内の高校に進学したとたん
クラスで半分より下の順位に
成績が落ちて勉強が嫌いに
なりました。

成績が落ちたのではなく、周り
の生徒のレベルが一気に
上がったので、それまでの方法
ではクラスの上位に食い込む
ことができなかったのです。

田舎の中学で井の中の蛙
だった子供が都会に出て
現実を見る。

弟もそうなるかと思いきや、
弟はエリートばかりの学校でも
常に学年で成績ほぼトップ
という好成績をマーク
し続けるのでした。

忍耐力が尋常じゃない

そんな感じで、慶応高校でも
好成績をキープしつつ、
高校から始めた体育会系の
部活では、キャプテンを務めて
いました。
スポンサーリンク
そしてなんと、その部活で
全国4位まで上り詰めます。

高校時代の弟は筋肉の鎧
に覆われたキン肉マンみたいな
体でした。

ある日そんな彼が、
「顎が痛い」
と母親にいうので心配した
彼が、病院に連れていくと
歯を強く食いしばりすぎて
顎の位置が少しずれて
いる。

というありえない診断を受けて
帰ってきました。

部活で歯を食いしばらないと
やれないような厳しい筋肉
トレーニングを続けていたら
いつの間にかそうなっていた
とのことでした。

彼の異常な忍耐強さは
この時に形成されたみたいです。

 

自慢はしない

口数が少ない内向的な
性格だからか、彼はどんなに
すごいことを成し遂げても
家族にさえ自慢しません。
は、決して自慢をしません

慶応付属高校に合格した
時も、部活でキャプテンとして
全国4位になった時も
東京大学大学院に合格
した時も、弟は特にそのこと
について話すことはなく、
私は母親からそのことを
聞いて
「合格したの?!すごいね!」
と私が言うと。
「ありがとう。」

と言うだけ。私だったらそんな
すごいことはいろんな人に
自慢しまくるのになーと
思います。

多分大丈夫だと思う

慶應大学付属の高校のテストを
終えた時、東京大学大学院の
テストを終えた時、司法試験
予備試験のテストを終えた
時、合格結果が出る前に
「テストどうだった?」
と聞くと必ず返ってくるのが
この言葉でした。
自信満々までは行かない
までも、いつも大事なテスト
はすぐに自己採点して、
いつも合格点に達している
みたいで、合格と聞く前
から合格するだろうと
思ってるみたいです。

本試験が確か今年6月あたり
にありますが、
「司法試験受かりそう?」
という言葉にも
「多分大丈夫」
でした。

食事の時間も常に勉強

大学に入って司法試験を
志してから、彼がいる間
は常に勉強していました。

基本は自分の部屋で勉強。
部屋で集中できない時は
リビングで勉強。家族で
ご飯を食べながら片手には
いつも参考書。。。現在
大学院生の彼はそんな生活
を5年以上続けています。

✳︎聞き上手の愛されキャラ。多分モテる
家でも口数が少なく内向的
で、私と話す時は
おしゃべりな私が一方的に
話すのを聞いてるだけ。

同様におしゃべりな母親の
愚痴とかもちゃんと聞いて
あげる優しい子です。

自分のことはほとんど
話さないですが、女性に
とっては何も言わずに
そうやって話を聞いて
くれる存在ってありがたい
です。

イケメンではないものの、
スポーツ万能
背が高くて優しい雰囲気
聞き上手ということで、
FBではよくかわいい
女の子にタグ付けされて
います。

当然のように歴代の彼女
は全員超絶かわいいです。

 

司法試験絶対受かると思う

超努力家で超絶辛抱強い
のに、優しくて愛されキャラ
な弟は私の自慢で、私の
目標です。弟ながらこういう
風になりたいとひそかに
思っています。

今までの彼をずっと見てきた
私的には司法試験、絶対
受かると思います。
それだけの努力をしてきてる
から。
万が一ダメだったとしても、
これだけ人に愛されていて
努力と我慢を惜しまない
彼は、どんな仕事に
ついても重宝されること
間違いなし。彼のこれから
の未来が楽しみです。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。