新ケアギバープログラムでケア
ギバー(ナニー)として働いて
もうすぐ1年半。新ケアギバー
プログラムの永住権申請
について、現役ケアギバーの
視点から改めて考えて
みました。
スポンサーリンク

ケアギバー(ナニー)を最近断念した友達

エドモントンでナニーとして
働いていた日本人の友達が
ナニー歴7ヶ月目にして
ナニーをきっぱりやめて
日本に帰国しました。

理由は自己中心的な雇用主の
彼女に対する奴隷扱いに
たえられなくなったから。

安月給で仕事しすぎて手が
腱鞘炎になって、さすがに
「もう無理」と思った
そうです。

彼女は去年2016年の11月に
日本に帰国。日本での生活が
落ち着いてきて、これから
どうするか考え中とのことでした。

 

新しいケアギバープログラムで仕事を途中でやめた場合

 

新しいケアギバープログラムの
永住権申請の条件として、ケア
ギバーとして最初のワークビザを
取得してから5年以内に、ビザの
スポンサーとなってくれた
雇用主のもとで2年働く
必要があります。

何事もなく最初の雇用主のもと
で2年働ければ一番いいですが、
なんらかのトラブルで最初の
雇用主のもとでの仕事を辞めた
場合、また別の雇用主にスポ
ンサーになってもらい、その
雇用主のもとで働くための新しい
ワークビザを取得しなくては
いけません。

最初の雇用主のもとで働いた
分の「労働証明、給料支払い
証明」を、その雇用主に作成
してもらわないと、最初の雇用主
のもとで働いた期間は、永住権
申請用の2年にカウントされません。

 

7か月でケアギバーの仕事を辞めた友達の場合

 

7ヶ月で以前の仕事を辞めた
私の友達は、元雇用主との
トラブルで辞めたため、各種
証明書をその雇用主に作成して
もらえず、7ヶ月のケアギバー
就労歴は、永住権申請に
カウントされません。

彼女はケアギバーとして7ヶ月
間働くまでに、50万円払って
7ヶ月間のケアギバー養成学校
に通い、ケアギバーの資格を
取得。ようやく見つけた雇用主
のもとで働くためのワークビザ
がとれるまで約6ヶ月間働くこと
ができずに無収入で、貯金を切り
崩しながら生活。
ようやくとれたワークビザで
ケアギバーとして働くも、
雇用主とのトラブルから退職。
✳︎もう多分ケアギバープログラムに戻ることはないと思う
約2年の時間とお金をかけたけど
もうケアギバーには戻りたく
ない。もう少しして心と体が
休まったら、また2年契約で
最初から働くかもしれないけど、
しばらくはそのことについて
何も考えたくない

とのことでした。また、彼女
の場合、万が一これから2年
ケアギバーとして働いた
としても、永住権申請の前に
1年以上のセカンダリー
スクールを、卒業しなくては
いけません。

というのも、旧リブインケア
ギバープログラムでは高卒
以上でokだったのが、新しい
ケアギバープログラムは、
高卒プラス1年以上の専門
学校または短大、大学を
卒業した学歴がないと、
永住権申請ができない
のです。
スポンサーリンク

彼女は現在30代後半で、
わざわざ学校まで行って
学びたいことがあるわけ
ではないとのこと。

永住権をとるのに行き
たくもない学校に1年も
通うことに抵抗がある
とも行っていました。

 

2年働き、1年の専門学校を卒業しても、永住権が100パーセントとれるわけではない

さらに、仮に彼女が
どうにか条件の合う
雇用主を自力で
見つけ、2年働き、
1年間なんらかの
専門学校で学歴を
取得し、いよいよ永住権
申請となったときに、
毎年のケアギバー
プログラムにおける
永住権の発行数の上限
にひっかかってしまった
場合、次の年まで待た
なくてはいけません。

そんな理由から、彼女の
ように高卒で、一度
ケアギバーの仕事を2年
未満で退職した場合、
永住権を取得するのは
かなり困難だと言えます。

 

ワークビザのスポンサーになってくれて、ケアギバーを奴隷扱いしない雇用主が見つかれば、チャレンジしてみる価値はある

最悪な雇用主に当たって
しまった場合、2年間
自分を殺して耐えに
耐えて永住権をとるか

永住権をあきらめて途中で
辞めるか、

また奴隷扱いされる覚悟で
他の雇用主を見つけて働く
か、、、、

いずれにしてもあまりいい
選択肢は残っていません。

でも、その雇用主がケア
ギバーに対してどんな態度
をとるかは、ある程度働
いてみないとわからない
というのも事実です。

最悪な雇用主に当たって
しまい、辛い思いをする
リスクを考えれば、
ケアギバープログラムは
オススメしません。

でも、友達や信頼できる
人づてで紹介された
雇用主や、前に働いて
いたケアギバーが、2年
きっかり働いて、その
後継ケアギバーを探して
いる場合、チャレンジ
する価値はあると思います。

例えば私のケアギバー養成
学校のクラスメイトは
20代前半の男の子でした。

彼はカナダに留学していた
時にお世話になったホスト
ファミリーから、ナニーと
して働いて欲しいと頼まれ
永住権も取れるという
ことで、ケアギバーの
学校に行き、ナニーに
なりました。

元ホストファミリーと
いうことで奴隷扱いされる
ことなく、ホームステイの
延長的な感じで楽しみながら
ナニーしています。

また、ケアギバー養成学校
からの紹介で元卒業生が
2年働き終えて、その人の
後継ぎという場合、
雇用主がどんな感じなのか
仕事はどれくらい大変
なのかなどを前任者から
直接知ることができる
ので、雇用主とトラブル
になることが少なく、
2年間確実に働ける
可能性が高いです。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。