それほど仲良くない遠い昔の
知り合い、古い友人でも頼み
ごとをされたらできる範囲で
助けるようにしています。

この記事では、私がそんな
薄い知り合いの頼みをなぜ
断らないのか、そしてそうやって
助けた結果得られた意外な
ものをまとめました。

スポンサーリンク

 

中国留学時代、1か月だけクラスメイトだった日本人からの突然の連絡

ちょうど去年の今頃、フェイス
ブックでかろうじてつながって
いた中国留学時代の元クラス
メイトである日本人の女の子
から、留学以来5年ぶりに
「Aya元気?今バンクーバー?」
とメッセージが来ました。

その子とは、私が中国の北京
に1か月だけ滞在していた時の
クラスメイト。年もほぼ同じで
留学時代はクラスメイトとして
ほかのクラスメイト達と遊びに
行ったりしていた仲でした。

突然の連絡にとまどったものの、
バンクーバーへの留学、
ワーホリを考えていて、その件
について、バンクーバー在住
の私からアドバイスがほしい
とのことでした。

私の経験をもとに、学校のこと
英語のこと、バンクーバーのこと
住む家探しなど、いろいろ
教えながら雑談しているうちに
なんだか話の流れで、彼女が
バンクーバー到着直後、
家が見つかるまで私の家の
リビングに居候させてあげる
ことになりました。

別に彼女に頼まれたわけ
ではなく、私から自然と、
「だったら家決まるまでうちに
住めば?」

と提案したのでした。

彼女とは北京で1か月間
一緒だっただけで、特別仲が
よかったというわけでは
ありません。

お互い日本に帰国してからも
彼女は九州、私は東京だった
ので、日本で再会することは
ありませんでした。

そんなうすーい関係なのに
家に泊めて大丈夫なの?

と私の事後報告を聞いて
彼はいぶかしげ。

そりゃあそうですよね。

正直よく知らない子でしたが
北京留学中にそれなりに
仲良くしてくれて、悪い子
じゃないということはわかって
いたので、泊めてあげることに
しました。

 

私、彼女、私の彼との奇妙な3人共同生活開始

結論からいうと、3人での生活
は2人より楽しかったです。

彼と2人で住み始めてちょうど
1年くらいたったところで
なんとなく二人の関係が
マンネリ化してきたとき
だったので、彼女がいい感じで
私たちの生活に変化を
もたらしてくれて、毎晩一緒に
料理したり、ごはん食べたり
彼女もつれてビーチバレー
したり。

彼女は英語はまだしゃべれず、
私の彼は日本語は挨拶程度
しかしゃべれませんでしたが、
二人とも、そして私も中国語
が話せたので、中国語での
会話はかなり盛り上がりました。

たまたまですが、彼も中国に
1年くらい住んでいて、中国も
中国語も大好き。

彼女も留学経験から中国好き
(そしてもちろん私も)
だったため、毎日中国語での
中国談議に花を咲かせていました。

 

結局3週間居候し続けた彼女(笑)

相当居心地がよかったみたいで
家探しもかなりのんびりペ―ス
だった彼女は、バンクーバーに
来てから最初の3週間、私たち
の家に居候していました。
スポンサーリンク

バス、トイレキッチンは一つ
しかない小さな部屋なので、
3人だと、まあ不便なことも
ありましたが、それほど気に
ならないくらいでした。

彼女が居候したことによって得られた意外な副産物

一見私には何の得もない
ただのボランティアのようですが
実は彼女が居候してくれた
ことによって予想だにしてい
なかった大きな収穫が
ありました。

それが、「留学、ワーホリ初心者
の生の声を知ることができた」こと。

彼女が質問してくる
バンクーバー生活に関する
基礎的なことって、カナダ生活
が長い私にとっては盲点で
「留学初心者はこんなことを
ネットで調べるんだ。」

ということを知ることができました。

例えば
「バンクーバーのマツエクってどう
なのかな?」

という質問を受けて、マツエク
なんてほとんど興味はなかった
ものの、ブログ記事のネタに
なればと試しにバンクーバー
のマツエクサロンに行ってみると
この記事が大当たり

バンクーバーでマツエクの正直な感想(カナダのサービス)

また、
「バンクーバーのナイトクラブ
って楽しい?やっぱ危ない
のかな?」
スポンサーリンク

という彼女の何気ない発言
から二人で試しに行ってみる
ことに。
そしてこの記事も大ヒット

→バンクーバーのナイトクラブに日本人2人で行ってきた話

他にもこっちでの洗濯について
→カナダの洗濯機で洗濯した洋服たちの末路
脱毛について
→バンクーバー(カナダ)の脱毛を一通り体験してみた
日本人的な平面な顔と外国人クラスメイトのホリが深い整った顔を
比べてしまい、自分の顔への
コンプレックスが最近ひどい
という彼女から受けた相談
からできた記事
→留学して外国人の顔の濃さに自分の顔のコンプレックスを感じている人へ

このほかにも、彼女との何気
ない会話の中から「ブログの
ネタになるかも」と思い書いて
見た記事がことごとく検索
エンジンからの高アクセスを
叩き出したのでした。

留学初期に感じたこと、
知りたかったことって、こっちに
住んでいる期間が長いと
すっかり忘れちゃうんですね。

彼女がうちに居候したことで
たくさんの気づきがあり、私の

ブログ運営のものすごくプラス
になりました。

今度は上海でクラスメイトだったフランス人から連絡が

彼女と同様最近上海で
3か月間クラスメイトだった
中国系フランス人の女の子から
連絡が来ました。

内容はやっぱり
「AYAはいまバンクーバーなの?」

というもの。

話を聞くと、来月母親と
バンクーバーに旅行にくる
ので、ぜひ食事をしようと
いうもの。

また、その後バンクーバーの
大学で博士号を取得しよう
と考えているがどう思うかなど
いろいろ質問されました。

博士号をとってからカナダで
働くことを考えている
らけどカナダの経済はどうか
とか。。

多分私と食事をしたいというのも
大学のこと、その後の就職の
ことについて聞きたいんだと
思います。

来月彼女に会った時に、
私が知っている限りの情報を
教えて、彼女の役に少しでも
立てればと思います。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。