一日中家に引きこもって
ブログを書き続けている
引きこもりブログ中毒の
私が、ブログを書かずには
いられない理由をまとめました。

スポンサーリンク

誰も見向きもしない超弱小ブログ

2016年4月にこの
「カナダ永住権取得を目指す
ブログ」
を立ち上げました。

「私の留学経験、ケアギバー
経験、コモンロー申請経験が
少しでも誰かの役に立てば」

と始めたブログで、立ち上げ
当初は自分のフェイスブックを
フル活用して、記事更新する
度にフェイスブックで更新通知
しないと、「閲覧者セロ」が
当たり前の弱小ブログでした。

どんなに頑張って書いても
アクセス数ゼロが続くと
ブログを書く気が失せて、
2週間に1回くらいしか
更新しない時期も
ありました。

 

ブログ開始4か月で初めてのコメントに大興奮

そんな感じでかなりグダグダ
続けていたブログでしたが、
ブログ開始4か月目にして
はじめてのコメントを
いただきました。

検索エンジンから私のブログ
に訪問してくれた全然
知らない人です。

コモンローに関する質問、
ケアギバープログラムに関する
質問、留学に関する質問
単純に私のブログが
面白いとほめてくださる
ありがたすぎるコメント。。。

一見何の価値もないような
なんでもない私の経験を
役立つ情報として
受け取ってくれる人、
私を頼って質問してくれる
人、お褒めの言葉を
わざわざコメント欄に
残してくれる人が
ものすごくたくさんいて、
検索エンジン、ネット社会
のすごさを実感しました。

今までコメントをくださった方
このブログを読んでくださって
いる方、本当にありがとう
ございます。
また、コメントだけじゃなく、
アクセス数も記事数が増える
のに比例して毎月どんどん
増えていっています。
2016年12月はついに
月間アクセス数が10000
を超えました。

また、興味深いことに、自分
でよくかけたと思う記事
(アクセスが集まりそうだと
思う記事)って意外とアクセス
が集まらないのに、
なんとなーくさらっと書いた
記事が、予想以上に
アクセスが集まったりします。

特にケアギバー関連の記事
は、日本人でケアギバーを
やろうと思う人なんてそんなに
いないと思っていたし、月間
検索ボリュームもかなり小さい
ので、たいして読む人は
いないだろうと思っていました。
スポンサーリンク
今ではケアギバー関連の
記事の反響があまりにも
大きいので、私のブログの
主要トピックとなっています。

どんな記事を書いたら
もっとたくさんの人に
読んでもらえるか。

私の経験から提供できる
読者に役立つ情報って
なんだろう。

カナダ永住を決意して
カナダで働いている私
じゃないと書けない記事
って何だろう。。

そんな感じで試行錯誤
しながら記事を書くのが
最近楽しくてしょうがない
です。

完全にブログの魅力に
取りつかれて、今では
四六時中

「これはブログのネタ
になるかも。」

とか

「遊びに行くよりも家に
こもってもっとブログ
書きたいな。」

とか、とにかくブログのこと
ばかり考えています。

正真正銘のブログ中毒
です。

引きこもりブログ中毒;一日中家に引きこもってブログを書き続けるブログオタク;私

そんな感じなので、ビーチ
バレーオフシーズンの冬の
休みの日は毎日家にこもって
ブログばっかり書いています。

調子に乗ってこんなのまで
作ってしまいました。
→海外留学、海外就職に関する無料相談
もうすでに数名のお問合せ
をいただいています。
ありがとうございます:)

ケアギバー(ナニー)の仕事
がある日も、往復2時間の
バス通勤時間を無駄に
しまいと、ノートパソコンを
常に持ち歩いて、バスの
座席でブログを書いてます。

雇用主の家は割と山の
中にあるので、山道はバス
が結構揺れて、ただでさえ
車酔いするのにブログなんて
書いていると、結構車酔い
します。

気持悪くなりながらも、
書きたいことがたくさんあって
その気持ち悪いのを我慢
しながら楽しんでブログを
書いています。

ブログを始めた当初は
何を書いたらいいのか
わからず、すぐにネタ切れで
書くことを必死に絞りだして
いたのですが、今では
ブログを書いているとき
以外ずっと
「これはブログのネタに
なるかも。」

と考えているので、次から
次へと書きたいことが
思い浮かびます。

ブログを更新していないと
落ち着かず、
「ブログ書きたい欲」
でそわそわしてしまいます。

このブログ熱がいつまで
続くかわかりませんが、
楽しんで自ら進んで
書けている以上、もっともっと
たくさん書いて、カナダ
生活のいいところも悪い
ところも、どんどん発信して
行きます。2017年も
よろしくお願いします。
スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。