留学先で現地の友達を作る
一番手っ取り早くて簡単な
方法は、現地のスポーツ
コミュニティに入って現地外国人
たちとひたすらスポーツすべき
です。

カナダ人のビーチバレー
コミュニティに所属して、
日々たくさんのカナダ人たちと
バレーばっかりしている私が
体験談をもとに解説します。

スポンサーリンク

 

留学先で現地の友達を作るために3か国留学経験者の私が実践してきたこと

私はカナダに6か月、中国に6
か月、アメリカに10か月留学
していました。

初めてカナダに留学した時は
自分の英語に自信が
なかったのと、カナダ人の家に
ホームステイしていて、その
ホストファミリーと英語で
コミュニケーションをとるのに
必死だったので、現地の
友達を作るというところまで
頭が回りませんでした。

でも2か国目の中国では
常に考えていたのが
「どうやって現地の中国人
の友達を作るか。」

でした。留学生の友達も
いるのですが、中国語がまだ
あまりしゃべれない間は、
欧米系の留学生たちとは
英語での会話になって
しまいます。

中国語を上達させるためにも、
せっかく中国に来ているこの
経験を無駄にしないためにも
何とか現地の中国人の
友達を見つけて、留学生活
を意義のあるものにしたい
と思っていました。

 

ラングエッジエクスチェンジも友達を作る手段としてはアリ。でも。。。

 

日本語を勉強する中国人
と中国語を勉強している
日本人留学生のラングエッジ
エクスチェンジの会に参加
したりしましたが、ランゲッジ
エクスチェンジで仲良くなる
中国人とは、その場では
一応友達みたいな感じで
おしゃべりしたりしてそれなり
に楽しいんです。

でも、お互いの自己紹介を
一通り終えると、ほかに話す
ことがないんですよね。。。

中国のこととか日本のこととか
いろいろ話題をひねり出して
何とか会話を続けようとする
んですが、そもそも共通の
話題があって仲良くなった
わけではないので、話が
あまり盛り上がらなくてあんまり
楽しくないんです。

運が良ければたまたま気が合う
中国人に出会えたりもする
んですが、たいていは1,2回
会ってお互いの個人情報を
共有しつくしたら、お互い飽きて
そのうち徐々に連絡をとらなくなる
自然消滅な感じが多かったです。

通っていた大学のバレーボールコートでバレーしている男子学生6人を発見

見つけたときは「友達になれそう」

とかっていうよりは、単純に
「一緒にバレーしたいなー。」

スポンサーリンク

という感覚で対して中国語も
話せないのに、その中国人
学生たちの中に入っていきました。

突然現れた謎の外国人(中国
語ほぼしゃべれない)
に対し、彼らは快く向かい入れて
くれて、一緒に楽しくバレー
しました。

1時間くらい一緒にプレーしたら

「これから近くの食堂にご飯
食べに行くけど一緒に行く?」

と誘ってくれて、一緒に行くこと
に。

そんな自然な感じで毎週彼らが
バレーしているのを発見すると
仲間に入れてもらう

というのを繰り返していたら、

「毎週日曜日に○○の体育館
でバレーしてるからAyaも
おいでよ。」

と誘われ、また別のバレー
コミュニティに参加することに。

その新しく紹介された体育館
に来ていたのは全員超ローカル
な中国人。

それまで男6人だったのが、
数人私と同年代の女の子たち
も来ていたので、その女の子達
と急接近して、ものすごく
仲良くなりました。

ランゲッジエクスチェンジとは
違い、毎週バレーをするのに
必ず顔を合わせて、一緒に
プレーをするうちにコミュニティの
全員に名前と顔を覚えてもらえ、
シャイであまり話してくれない
ような人まで親し気にはなして
くれるようになりました。

団体10人くらいでカラオケに
言ったり食事しに行ったり

中国上海のカラオケ(中国語でカラオケ)で中国人に圧倒された話

スポーツがきっかけで知り合うと
日本で友達ができるのと
同じように、自然と仲良くなれて
対して話してなくても一緒に
いるだけで楽しいような
本当の友達のような関係に
なりました。

この経験から確信しました。

「現地の友達を作りたければ
とりあえずスポーツしろ。」

という教訓です。

 

アメリカの大学留学中にもバレーチームを作ってみた

中国での経験から、アメリカでも
絶対にバレーをしようと思って
いた私ですが、私が交換留学
していた大学には、
レクリエーションで楽しむための
バレーチームはありませんでした。

大学体育連盟のガチの部活
だけ。私のへたくそなバレーの
レベルでは、とても部活には
入れそうにありませんでした。

そこで、私は自らチームを作る
ことにしました。

大学のレクリエーションバレー
大会みたいなのに、私が
キャプテンとなってアメリカ人や
留学生仲間を集めて、ゼロから
チームを作ったんです。

レクリエーションとはいえ一応
大会なので、大会前には
人を集めて練習したりして
チームとして活動するのは
とても楽しかったです。

即席で作ったチームが勝てる
わけもなく、結果は惨敗で
したが、このチームをきっかけに
チームに参加してくれたアメリカ
人の友達と一層仲良くなること
ができました。
この時のアメリカ人たちとは
あれから4年たった今でも
フェイスブックでつながっていて、
たまにメッセンジャーでやり取り
をするくらい仲良しです。

 

仕事を辞めて再びカナダへ。ビーチバレーに目覚める

カナダ永住権取得を目指して
カナダに来たものの、5年前の
留学で知り合った留学生たち
は全員帰国しており、友達
はゼロでした。

「スポーツで友達作戦」
を実行すべく、カナダのバレー
ボールチームを探したのですが
インドアのバレーはバンクーバー
ではあまり盛んでないらしく
よさそうなのが見つかりません
でした。

そこでビーチバレーで探して
見ると。。。

スポンサーリンク

出てくる出てくるたくさんの
ビーチバレーコミュニティ。

バンクーバーカナダのビーチバレーボール事情

ビーチバレー完全ビギナー
でしたがチャレンジしてみる
ことに。
案の定ビーチバレーを通じて
現在では特に仲がいい仲間
を集めて自分たちだけの
グループを作り、夏はほぼ毎日
冬もインドアで週に1回は
ビーチバレーをしています。

また、たまたまそのビーチバレー
で出会った今の彼ととても
気が合い、付き合うことに。

彼が私の永住権のスポンサー
となってくれ、コモンローで
永住権申請を終えたばかり
です。

もともとケアギバープログラムで
自力で永住権を取ろうと
思っていた私ですが、
これはうれしい誤算でした。

ビーチバレーが現地の友達
だけじゃなくて永住権まで
もたらしてくれました。
100人くらいいる全ビーチ
バレーコミュニティの中で
日本人は私のほかに2人
しか。
私は留学生ではないので
決して日本人を避けている
わけではなくて、むしろ日本人
の友達もできたらいいなー

くらいに思っていたのですが、
ビーチバレーが日本であまり
人気がないからか、ビーチ
バレーコミュニティに日本人
がとてもすくないんです。

100人くらいいる全コミュニティ
の中で日本人は私を含め
3人だけ。

その二人もかなり前に永住権
をとってカナダに長く住んでいる
半分カナディアンみたいな感じ。
3人のうちの1人である
私も、カナダ生活が長くて
だいぶ内面がカナダ人化
してきたので、

カナダ永住権取得を目指しカナダにきて2年。劇的に変わったこと4つ

留学生みたいな
まだ日本人らしさが残る
順日本人はゼロといっても
過言ではありません。

これだけたくさん日本人
留学生がいるバンクーバーで
こんなに日本人率が低い
のはビーチバレーくらい
だと思います。

現在バンクーバーに留学中
で、カナダ人、現地の友達が
ほしい人、日本人をできるだけ
避けたい人でバレー経験が
ある人なら、ビーチバレーが
おすすめです。。

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。