国際恋愛歴5年カナダ在住
日本人の私が、国際恋愛、
外国人彼氏との関係に関する
意外と知られていない現実を
経験をもとにまとめました。

スポンサーリンク

 

国際恋愛歴5年(最近6年で付き合った男性は全員外国人)の経緯

日本の大学在学中に、
カナダ、中国、アメリカへ合計
2年留学していました。

その留学経験から重度の
外国かぶれになって、日本人
男性と話や価値観が合わなく
なり、気が付いたら付き合う
男性は全員外国人でした。

日本にいた時も日本に留学
している留学生だったり、
日本の会社で働いている
外国人だったり。そしてカナダ
に来てからも、気づけばお付き
会いするのは外国人だけ
でした。

別に外国人じゃないと無理
とか、外国人だから付き合っ
ているとかではありません。

私が外国かぶれすぎて、
日本人の男性と話が合わ
ない。話が合う。一緒にいて
居心地がいいと感じるのが
私の場合は外国人だった
だけです。

 

国際恋愛、外国人彼氏と付き合った時の現実1;
彼とカラオケに行ってもあまり楽しくない

 

どんな言語であれ、多少
お互いが知っている曲は
あるものの、高校時代、
中学時代の私にとっての
JPOPの思い出深い曲
は確実に彼と違います。

日本人同士だったら例え
20才離れていようと、その
時代で有名だったり、大流行
した曲は、歌えないにしても
少なくとも聞いたことがあったり
サビの部分だけは知っていたり
します。

でも、これが外国で人生の
大半を過ごした外国人彼と
は、「懐かしの曲、思い出の曲
の共有、共感」ができません。
彼の思い出の曲は教えて
もらってたとえ彼がノリノリで
歌ってくれても、そこまで自分
に身近じゃないので、あんまり
楽しくないです。

国際恋愛、外国人彼氏と付き合った時の現実2;
言葉の壁、文化の壁よりも大きな壁は根本的な価値観の違い

 

国際恋愛、外国人彼氏と
いうと、言葉の壁や、文化の
壁が、、、、、とよく言われますが
実際そんなのはそこまで大きな
壁じゃないです。

外国人と付き合うと決めた
時点でそれはわかっていた
ことですし、むしろ日本人との
普通の恋愛では経験できない
特殊な壁ということで、その
違いが逆におもしろかったり、
多少の喧嘩も
「外国人だからしょうがない
のか。」とある意味簡単に
あきらめる理由となるので、
喧嘩で関係が悪化するのを
食い止める要素になること
さえあります。
スポンサーリンク
(私は、例えばアフリカのマサイ
族みたいな日本と文化が
違いすぎる国の男性とは
付き合ったことがないので
そういう国の出身の男性
であれば、この言語と文化
の違い問題は致命的に
なるかもしれません。)

そんなことよりももっと大きな
問題は、外国人だからどう
とかではなく、根本的な
人間性、人間としての
価値観の問題。
例えば私が精神的、
身体的に疲れ果てて悩んで
いてどうしようもない時、
それを察してくれて優しい
言葉をかけてくれるかとか。
経済的に精神的に
自立、成熟していて、
トラブルが起きたときに冷静に
適切に対応する適応力
があるかとか。
私が個人的に男性に期待
する器の大きさを持っているか
というのは、日本国籍だろうと
外国籍だろうと関係ないです。
初めて外国人と付き合う場合、
外国人を外国人としてしか
見ていない場合は
「国際恋愛」「外国人彼氏」
というのを必要以上に意識
しますが、5年も外国人と
付き合っていると、

「国籍が違っても顔が多少
違っても、人間であることに
変わりはないから、別に
日本人と付き合っている
のと変わらない。」

ということに気づきます。
国際恋愛、外国人彼氏と付き合った時の現実3;
国際恋愛を経験したことがない人の偏見をウザいと感じる
交際恋愛を経験したこと
がない一部の人からは
「白人が好きなんでしょ」

とか

「彼氏が外国人だと
大変だよねー。」

とかあることないこと
いろいろ言われます。

国際恋愛、彼氏が外国人
というのをしばらく経験すれば
誰でもわかると思いますが、

「外国人と付き合うのも
日本人と付き合うのも
変わらない。」

的な感覚で、実際そうなのに
それを経験したことない
人の一部は、それに対する
ひがみだったり、勝手な
ステレオタイプだったりで
わかったようなふりをして
いろいろ言ってくるのが
とてもウザいのですが、

こればっかりはその人に
実際に体験してもらわない
と理解してもらえないので

「あーこの人は外国人と
付き合った経験がない
んだな。」
と心にとめて相手をしない
ようにしています。

国際恋愛に関するさらに詳しい記事はこちらから↓

国際恋愛のきっかけ(出会い)&遠距離恋愛の悩みあるある[ブログ記事まとめ]

スポンサーリンク

↓ 【期間限定】特別無料動画レッスンの受講はこちらをクリック!

↑無料動画レッスンより私に個別でメッセージいただいた方のみ、カナダ移住相談に完全無料でお答えしています。